UQモバイルとJCOMモバイルの料金プランの比較

鉄塔

UQモバイルとJCOMモバイルの料金プランの比較

格安SIM(MVNO)サービスのJCOMモバイルは料金の改定を行い、2021年2月18日より新料金プランのサービスを開始することを発表しました。

月額料金は高速データ通信量毎に、1GBが980円、5GBが1,480円、10GBが1,980円、20GBが2,480円。

余ったデータ通信量も翌月まで繰り越し可能です。

同じKDDIグループのUQモバイルの3GBプラン(月額1,480円)よりもさらに安い料金プランを用意し、データ通信量が少ないユーザーの取り込みを意識した料金体系になっています。

※価格などは2021年01月29日現在のもので、すべて税抜き価格です。

関連記事

現時点で各通信会社が提供している小容量プランの料金比較。大手キャリア、サブブランド、格安SIMサービス(MVNO)の月額料金と高速データ通信容量。

料金プランの比較

月の高速データ通信量が5GB以下と10GB以上のプランに分けて、UQモバイルとJCOMモバイルの料金を比較します。

5GB以下のプラン

月の高速通信データ容量5GB以下の場合、UQモバイルだと「くりこしプランS」、JCOMモバイルの場合は1GBと5GBプランからの選択になります。

UQモバイル JCOMモバイル
くりこしプランS J:COM MOBILE Aプラン ST
サービス開始 2021年2月1日 2021年2月18日
月額料金 1,480円 980円 1,480円
高速通信のデータ容量 3GB 1GB 5GB
超過後の通信速度 最大300Kbps 最大200kbps
データ繰越 翌月まで可能
音声通話 20円/30秒
音声通話オプション かけ放題 月額 1,700円

10分かけ放題 月額 700円

60分かけ放題 月額 1,500円

5分かけ放題 月額 850円

データチャージ 100MB 200円、500MB 500円

データチャージカード

1GB 1,100円(非課税)

1GB 300円

料金で比較した場合、月額1,480円のプランで比較するとJCOMモバイルのほうが2GBデータ通信容量が多くなっています。

また時間制限が付きますが、60分以内の音声通話かけ放題オプションも月額1,500円で利用可能です。

ただしUQモバイルのほうが街の店舗数が多く、混雑時間帯でもある程度のデータ通信速度が出る点がメリットです。

風船

10GB以上のプラン

月の高速通信データ容量10GBを超える場合はUQモバイルだと「くりこしプランM、L」、JCOMモバイルの場合は10GB、20GBプランが用意されています。

UQモバイル
JCOMモバイル
くりこしプランM くりこしプランL J:COM MOBILE Aプラン ST
サービス開始 2021年2月1日 2021年2月18日
月額料金 2,480円 3,480円 1,980円 2,480円
高速通信のデータ容量 15GB 25GB 10GB 20GB
超過後の通信速度 最大1Mbps
データ繰越 翌月まで可能
音声通話 20円/30秒
音声通話オプション かけ放題 月額 1,700円

10分かけ放題 月額 700円

60分かけ放題 月額 1,500円

5分かけ放題 月額 850円

データチャージ 100MB 200円、500MB 500円

データチャージカード

1GB 1,100円(非課税)

1GB 300円

5GB以下のプランと同様、高速データ通信量あたりの料金はJCOMモバイルのほうが若干安い料金設定です。

また10GB以上のプランになると、どちらも超過後のデータ通信速度が最大1Mbpsと使い勝手が良くなっています。

店舗数や混雑時間帯のデータ通信速度についてUQモバイルが優位なのは5GB以下のプランと同じです。

格安SIMで通常の音声通話がかけ放題

格安SIM(MVNO)サービスで音声通話かけ放題オプションを利用する場合、現状は専用アプリ(プレフィックス番号)が必要なサービスが多くなっています。

ただJCOMモバイルでは通常の音声通話がかけ放題(専用アプリ不要)になっており、UQモバイル同様の音声通話の使い勝手の良さがあります。

またシニア層向けのサポートサービスを提供していたり、スマホデビューの初心者やデータ通信量が少ないユーザーを中心に据えたサービス構成です。

SIMフリースマートフォン

現在総務省が音声通話料金の卸値(キャリアから格安SIMなどへの販売価格)の見直しを促していることもあり、格安SIMでも通常の音声通話かけ放題プランが登場してきました。

日本通信の合理的かけほプランやJCOMのかけ放題オプションが先行してサービスを提供していますが、他の格安SIMでも同様のサービス開始が見込まれています。

キャリアから回線を借りる仕組みなので混雑時間帯のデータ通信速度はどうしても不利になりますが、格安SIM(MVNO)も使い勝手が良くなってきているのでチェックしてみてください。

関連記事

auのメインブランドからUQモバイルの「くりこしプラン」やオンライン専用プラン「povo(ポヴォ)」へ乗り換えた場合の料金比較。月のデータ通信量を想定した料金・プラン内容の比較。au(メインブランド)を契約するメリット。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329