難しい業者選び、amazonでリフォームを頼む利点

amazonウェブサイト

amazonリフォームストアwebサイト http://www.amazon.co.jp/reform

Webサイトで比較検討して、ワンクリックで注文

アマゾンジャパンは6月30日、自社サイトamazon.co.jpにてリフォームに関連の商品およびサービスを取り扱う「リフォームストア」の開設を発表しました。

リフォームストアには、積水ハウス、大和ハウスリフォーム、ダスキンの3社が参加しており、約5000品目を販売。キッチンやトイレなどの各種リフォームや、ハウスクリーニングサービスなどが利用できます。

基本的に全国一律の価格と工事費

今回のサービスで最大の特長は、全国で一律の価格、工事費が設定されていることです。通常リフォームをする場合、現在の家の状態などに応じて工事内容、費用が決まるため価格にバラつきが出るのですが、一般の利用者にはそれが本当に妥当な価格なのか解かりにくい。

さらに古い家だと床を剥いだら腐食していたり、予定していた工期が延びて予算が大幅に増えたりと予定外の出費も。そういったリフォーム時に抱える不安や問題を、一律の固定価格を明示することで利用者の不安を払拭。リフォームの敷居を下げ利用しやすくする狙いです。

amazonで販売される商品

今回リフォームストアで販売される商品は比較的小規模なリフォームが中心。積水ハウス、大和ハウスリフォームは、システムキッチンや洗面所、お風呂などのリフォームで工事費ほか全て込みのパッケージ商品を用意。

ダスキンは、専門スタッフによるハウスクリーニングサービスなどを販売しています。

追加料金は発生しない代わりに少し割高の価格

今回のサービスは利用者に追加料金が一切発生しないかわりに、多少値段は高めに設定されています。比較すると新聞広告やチラシなどで見かける価格のほうが低い場合が多い。

少し料金が高いのは、発注後なにかのアクシデントで工期が延びたりしても業者が全て負担するという、保険サービスの面があるためです。なので価格を追及するならば、知り合いの業者さんに相談したほうが安く上がるかもしれません。

価格をオープンにすることで安心感

ただリフォームの工賃はどうしても住居の状態などによって変動する面があり、利用者にとって不透明な面も多くわかりにくい。不当に高い価格を設定されているのではと疑ってしまうケースも多い。

そういった中で完全定額というのは商品として消費者に訴えかける大きなセールスポイントを持っています。最近は高齢者を狙ったリフォームの高額請求トラブルなどが増えており、そういった心配がないのも利点です。

ある程度の目安となる価格を、前もってWebサイトで確認できることは利用者の安心感にもつながります。

とどまるところを知らないamazon

様々な商品を扱うようになりどんどん便利になっていくamazon、今回はとうとうリフォームまで販売を始めました。ドローンによる無人販売など、もはや本屋の面影はなくなっています。

この勢いだといずれamazonが、究極の平和維持システムを実現する人工知能や遺伝子工学を利用した恐竜のテーマパークを売り出すのも時間の問題だとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク