ドコモ「ギガホ プレミア」を「ahamo(アハモ)」と比べたときのメリット

鉄塔

ドコモ「ギガホ プレミア」を「ahamo(アハモ)」と比べたときのメリット

ドコモは現行の大容量プラン「ギガホ」の見直しを行い、2021年4月1日から「ギガホプレミア」として値下げを実施することを発表しました。

現行月額7,650円の「5Gギガホ」が6,650円、月額7,150円の「ギガホ」が6,550円に変更され、利用データ量が月3GB以下のときの値引きも実施。

先日発表された「ahamo(アハモ)」に比べると月額料金はやや高くなりますが、大容量のデータ通信量に加え、店頭サポートや従来の家族割などの割引が利用できるなどのメリットもあります。

関連記事

携帯電話の料金プランを仕組み。自分でプランを決めるときのポイント。月々のデータ通信量の調べ方。音声通話料金とかけ放題オプションの相場。

プランの比較

ドコモの料金プラン「ギガホ プレミア」「5Gギガホ プレミア」と「ahamo(アハモ)」のプラン内容は以下のとおりです。

ギガホ プレミアとahamo(アハモ)の比較

ギガホ プレミア 5Gギガホ プレミア ahamo(アハモ)
提供開始 2021年4月1日 2021年3月
月額料金 6,550円 6,650円

※要5G対応端末

2,980円
高速通信のデータ容量 60GB 無制限 20GB
超過後の通信速度 最大1Mbps 最大1Mbps
データ繰越 なし
データ通信量追加 1GB 1,000円 不要 1GB 500円
音声通話 20円/30秒

※家族間国内通話:無料

5分かけ放題付

※5分以降20円/30秒

音声通話オプション 5分通話無料 月額 700円

かけ放題 月額 1,700円

かけ放題 月額 1,000円
割引サービス
  • 家族割(2回線 -500円、3回線 -1,000円)
  • 光セット割 -1,000円
  • dカード払い割または2年契約割 -170円
家族割など適用不可
その他 実店舗での受付、手続き可能

キャリアメール(docomo.ne.jp)利用可

オンライン手続きのみ

キャリアメールなし

※料金は2020年12月20日時点で発表されている料金(税抜)です。

利用できる高速データ通信量が違うので単純な比較はできませんが、月額料金だと「ギガホ プレミア」と「ahamo(アハモ)」で約3,600円の差。

音声通話の利用が多い方だと、通話オプションの料金も若干高くつきます。

ギガホプレミアのメリット

だだしギガホ プレミアの場合、データ通信の容量以外にも以下のメリットがあります。

  • 実店舗での受付、手続きに対応
  • 各種割引が適用可
  • 家族間の通話無料
  • キャリアメール利用可

風船

ahamo(アハモ)は低廉な料金の一方で、受付や各種手続きはオンラインに限定されます。

従来どおり店頭での受付やサポートが受けられる点は、ギガホ プレミアの大きなメリットです。

また家族割、光回線のセット割を利用できる方であれば最大で2,170円の割引になり、月額料金は4,380円(4,480円)まで下がります。

その場合はahamo(アハモ)との料金差は約1,500円になり、通信容量の多さや実店舗でのサポートがあることを考えると、スマホ操作が苦手な方などには有用な選択肢です。

従来よりシンプルに

ahamo(アハモ)の発表時のようなインパクトは少ないですが、ギガホは600円(5Gギガホは1,000円)の値下げ。

高速データ通信量も今まではキャンペーンの形で増量していましたが、正式にプラン内容に組み込まれ、従来よりシンプルにまとめられています。

ahamo(アハモ)より料金は若干高めですが、実店舗でのサポートや高速データ通信量の多さがメリットです。

d払いアプリ起動画面

ドコモでは近日中に段階式料金プラン「ギガライト」の見直しも予定されています。

携帯電話の乗り換え(MNP)や料金プランの変更などを検討されている方は、普段より細かくチェックしてみてください。

関連記事

データ通信量が少ない音声通話(かけ放題)をメインで利用しているユーザーの月額料金の目安。3大キャリア、サブブランド、格安SIM(MVNO)でかけ放題オプションを利用したときの月額料金。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329