ahamoの大盛りオプションとpovoの大容量トッピングの比較

SIMカードトレイ

ahamoの大盛りオプションとpovoの大容量トッピングの比較

月のデータ通信容量が多い方が料金を抑える方法として、大手キャリアのオンライン専用プランを利用する方法があります。

ドコモのahamo(アハモ)では月の高速データ通信量を80GB追加する大盛りオプション・auのpovoでは150GB(180日間)・300GB(90日間)の容量追加トッピングなどがかなり割安です。

ahamoの大盛りオプションは1か月単位で契約できる点、povoは容量あたりの料金の安さなど、それぞれに利点が異なります。

関連記事

ドコモで4月から開始される定額動画サービスを対象にしたポイント還元特典の内容。対象サービス・適用条件・ポイント還元額。

ahamoとpovo2.0の基本サービス

ドコモのオンライン専用プランahamo(アハモ)とauのオンライン専用プランpovo2.0(ポヴォ2.0)の主なサービス内容は次のとおりです。

主なサービス内容

ahamo povo2.0
エリア ドコモ au
受付・手続き オンライン限定
月額料金 2,970円 0円
データ容量 20GB 0GB
※チケット購入式
超過後の速度 最大1Mbps 最大128kbps
データ繰越 なし
データ追加 1GB 550円 ※チケット購入式
音声通話料金 5分かけ放題付き 22円/30秒
※5分以降22円/30秒
通話オプション 完全かけ放題 月額 1,100円 完全かけ放題 月額 1,650円
5分かけ放題 月額 550円
その他 20GBを海外でも追加料金なしで利用可能・ドコモのファミリー割引のカウント対象 データ使い放題 24時間 330円/24時間

Android 12ロック画面

povoは基本料金が0円で自分で必要なサービスをチケット(トッピング)で購入してプランを組み立てる仕組みのサービスになっています。

高速データ通信量も従来の月額方式ではなく、使用できる期間(有効期限)が設定されているのが特徴です。

povo2.0のデータトッピング料金

データトッピング 有効期限 料金
データ使い放題 24時間 330円
1GB追加 7日間 390円
3GB追加 30日間 990円
20GB追加 30日間 2,700円
60GB追加 90日間 6,490円
300GB追加 90日間 9,834円
データ使い放題(7日間)×12回 160日間 9,834円
150GB追加 180日間 12,980円

それぞれの利点

ahamoの基本サービス(20GB+5分かけ放題)の内容をpovoのトッピングを購入して利用する場合、料金的にすこしahamoが安価です。

※povo データ容量20GB(2,700円)+5分かけ放題のチケット(550円)= 3,250円

またahamoは容量超過後の通信速度が最大1Mbpsとそこそこ速く、容量を超過してもSNSの無料通話やネットの閲覧程度なら問題なく使えます。

IPhone SE外観

ただpovoはチケット(トッピング)購入式なので、まとめ買いしておいてデータ通信量が余っている場合はトッピングを買わずに月額0円で運用することができます。

月々のデータ通信量に波がある場合など、利用状況に応じて細かく料金の調整ができる点が大きなメリットです。

関連記事

KDDI(au)のオンライン専用プラン「povo2.0」で音声通話かけ放題だけを契約した場合の月額料金。主なサービス内容。モバイル通信を利用する場合に購入するデータトッピングの料金と有効期限。

大容量オプション契約時の比較

月のデータ通信容量が20GBで足りない場合、ahamo(アハモ)では大盛りオプション(80GB)、povo2.0では150GB追加のデータトッピングなどが利用できます。

ahamoの大盛りオプションは月額1,980円、povoは180日利用できる150GBの容量追加トッピングが12,900円で購入可能です。

25Gくらいならpovoが割安

ahamoで6か月間大盛りオプション(80GB追加)を付けた場合と、povo2.0の150GB追加(180日)を利用した場合の料金は次のようになります。

6か月契約した場合の料金

ahamo povo2.0
プラン 基本プランのみ 大盛り追加 150GB追加
6か月間の累積料金 17,820円 29,700円 12,980円
高速データ通信量 120GB 600GB 150GB
超過後の通信速度 最大1Mbps 最大128kbps
その他 5分かけ放題付 ※有効期限180日
5分かけ放題オプション 0円 ※6か月 3,300円
一か月あたりの容量 20GB 100GB 25GB
一か月あたりの料金 2,970円 4,950円 約2,163円

※大盛りオプションは月単位で外すことも可能です。

月20GBだと少し足りなくなる場合、povo2.0で150GB追加(180日)を購入すると一か月あたり25GBの容量をahamoの基本プランよりも安く利用できます。

ただし5分かけ放題オプションが付いていないことと、使い切れなかったデータ通信容量は180日で無効になる点には注意が必要です。

povoのSIMカード

povoで300GBトッピングが登場

ahamoの大盛りオプション(80GB追加)を基準にしてpovoでも月100GBを利用することを想定した場合、3か月間の料金比較は次のようになります。

3か月で月100GB利用する場合

povo2.0 ahamo
プラン 300GB(90日間) 大盛りオプション追加
3か月間の料金 9,834円 14,850円
高速データ通信量(累計) 300GB
超過後の通信速度 最大128kbps 最大1Mbps
その他 300GBをまとめ買い 5分かけ放題付
一か月あたりの容量 100GB
一か月あたりの料金 3,278円 4,950円
(※5分かけ放題込み) (3,828円) (4,950円)

※5分かけ放題チケット(povo) 月額550円(3か月1,650円)

今年4月末にpovoで300GB(90日間)のデータトッピングが開始され、まとめ買いの必要がありますが通信容量あたりのコスパはかなり高いサービスになっています。

ただしまとめ買いになる点(300GBを90日間で使い切る必要あり)は気をつけてください。

ahamoは一か月単位でオプションを付けることができる点、容量を超過しても1Mbpsが出る使い勝手の良さがメリットです。

ahamo公式サイト

NTTドコモ公式サイトより

テザリング利用も可能

データ通信に特化して月25GB前後利用することを想定した場合、povoの150GB追加(180日)トッピングが料金的に割安になります。

ただ20GBを少し超えるくらいであれば、超過後も最大1Mbpsの通信速度が出るahamoの基本プランで十分間に合うかもしれません。

固定回線の代用や仕事などで毎月多くのデータ通信量が必要な場合だと、povoの300GB(90日間)のコスパの高さが魅力です。

ただまとめ買いになるのと有効期限に注意が必要なので、短期間で集中的に通信容量が増える(特定の月だけ容量を増やしたい)場合などは、1か月単位で契約できるahamoの大盛りオプションが気軽に利用できます。

iPhoneSE2

動画配信サービスの利用・在宅ワーク・オンライン会議などが増え、一人あたりが月に利用するデータ通信容量は増えている傾向にあります。

対面サポートが無い点は注意が必要ですが、オンライン専用プランが比較的割安で使い勝手も良いので候補としてチェックしてみてください。

関連記事

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のオンライン専用プラン(20GBプラン)の比較。ahamo(アハモ)・povo2.0(ポヴォ2.0)・LINEMO(ラインモ)のサービス内容。各プランの特徴。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)