ahamo(アハモ)大盛りオプションとpovo2.0(ポヴォ2.0)150GBトッピングの比較

SIMカードトレイ

ahamo(アハモ)大盛りオプションとpovo2.0(ポヴォ2.0)150GBトッピングの比較

ドコモのオンライン専用プランahamo(アハモ)で、大盛りオプション(データ通信量80GB追加)を初めて利用するユーザーを対象にしたポイント還元キャンペーンが開始されました。

月額1,980円のオプション料金を今年12月までの利用分に関してはdポイントで還元され、実質無料で利用できます。

※最大4か月分のdポイントを還元。

オンライン専用プランではauのpovo(ポヴォ)も180日期限で150GBの容量追加サービスを提供しており料金調整のしやすさ(0円運用も可)で人気ですが、ahamoの大盛りオプションは1か月単位で契約できる点・容量あたりの料金の安さなどがメリットです。

関連記事

ソフトバンクのオンライン専用プランLINEMO(ラインモ)のミニプランで実施されているPayPayポイント還元キャンペーンの内容。適用条件と特典。ミニプランの主なサービス内容。併用できるその他のキャンペーン特典。

ahamoとpovo2.0の基本サービス

ドコモのオンライン専用プランahamo(アハモ)とauのオンライン専用プランpovo2.0(ポヴォ2.0)の主なサービス内容は次のとおりです。

主なサービス内容

ahamo povo2.0
エリア ドコモ au
受付・手続き オンライン限定
月額料金 2,970円 0円
データ容量 20GB 0GB
※チケット購入式
超過後の速度 最大1Mbps 最大128kbps
データ繰越 なし
データ追加 1GB 550円 ※チケット購入式
音声通話料金 5分かけ放題付き 22円/30秒
※5分以降22円/30秒
通話オプション 完全かけ放題 月額 1,100円 完全かけ放題 月額 1,650円
5分かけ放題 月額 550円
その他 20GBを海外でも追加料金なしで利用可能・ドコモのファミリー割引のカウント対象 データ使い放題 24時間 330円/24時間

Android 12ロック画面

povoは基本料金が0円で自分で必要なサービスをチケット形式(トッピング)で購入していく仕組みのサービスになっています。

高速データ通信量も従来の月額方式ではなく、使用できる期間(有効期限)が設定されているのが特徴です。

povo2.0のデータトッピング料金

データトッピング 有効期限 料金
データ使い放題 24時間 330円
1GB追加 7日間 390円
3GB追加 30日間 990円
20GB追加 30日間 2,700円
60GB追加 90日間 6,490円
150GB追加 180日間 12,980円

それぞれの利点

povoでahamoと同等のサービス内容(20GB+5分かけ放題)のトッピングを購入した場合で比較すると、料金的には若干ahamoが安価です。

※povo データ容量20GB(2,700円)+5分かけ放題のチケット(550円)= 3,250円

またahamoは容量超過後の通信速度が最大1Mbpsとそこそこ速く、容量を超過してもSNSの無料通話やネットの閲覧程度なら問題なく使えます。

IPhone SE外観

ただしpovoはチケット(トッピング)を購入しない月は0円で運用することが可能で、あまり使わない月は料金を安く抑えるなどユーザーの利用状況に合わせて細かく料金の調整ができる点が大きなメリットです。

関連記事

格安SIM(MVNO)サービスmineo(マイネオ)の新プラン「マイそく」のサービス内容。基本料金・通話料金・オプションサービス。通信速度制限の内容。オプションサービス「パケット放題 Plus」との比較。

大容量オプション契約時の比較

基本サービスに加えahamo(アハモ)の大盛りオプション(80GB)・povo2.0(ポヴォ2.0)の150GB追加のデータトッピングを利用した場合を想定して比較してみます。

まとめ買いで安いpovo

6か月間大盛りオプション(80GB追加)を付けた場合の料金とpovo2.0(ポヴォ2.0)の150GB追加(180日)を利用した場合の料金は次のとおりです。

大盛りオプション(80GB)を6か月契約した場合の料金

ahamo povo2.0
プラン 基本プランのみ 大盛り追加 150GB追加
6か月間の料金 17,820円 29,700円 12,980円
高速データ通信量 120GB 600GB 150GB
一か月のデータ通信量 20GB 100GB 一か月換算25GB
その他 5分かけ放題付 5分かけ放題付 ※有効期限180日
5分かけ放題オプション ※6か月 3,300円

※大盛りオプションは月単位で外すことも可能です。

povo2.0の150GB追加(180日)を購入した場合、一か月あたり25GBの容量をahamoの基本プランよりも安く利用できます。

ただし5分かけ放題オプションが付いていないことと、使い切れなかったデータ通信容量は180日で無効になる点には注意が必要です。

povoのSIMカード

容量あたりのコスパが高いahamo

ahamoの大盛りオプション(80GB追加)を6か月契約した場合に利用できる高速データ通信量(600GB)に合わせ、povo2.0の150GB追加を4回利用した場合の料金は次のようになります。

6か月で月100GBを利用した場合の比較

povo2.0 ahamo
プラン 150GB追加 4回 大盛りオプション
6か月間の料金 51,920円 29,700円
高速データ通信量 600GB
一か月換算100GB 100GB(繰り越しなし)
その他 チケット購入タイミングで利用時期(有効期限)を調整できる 5分かけ放題付

※5分かけ放題チケット(povo) 6か月 3,300円。

ahamo公式サイト

NTTドコモ公式サイトより

高速データ通信量を月100GBに揃えて比較した場合(月あたりのデータ通信容量が多くなると)、ahamoの大盛りオプションにかなり割安感が出てきます。

ただahamoは月単位の計算で上限が100GBなのに対し、povoは利用状況に合わせて有効期限を若干調整できる(任意のタイミングでチケットを購入できる)点がメリットです。

テザリング利用も可能

データ通信に特化して月25GB前後利用することを想定した場合、povo2.0の150GB追加(180日)トッピングが料金的に割安になります。

チケット購入式で固定の月額料金が発生しないので、既にメイン回線を契約している方がサブ回線としても利用しやすいサービスです。

ただ固定回線の代用やテレワークで利用する機会が多い方など月25GBを超える利用になってくると、ahamoの大盛りオプションのコストパフォーマンスの高さが光ります。

iPhoneSE2

月100GBとなるとかなりの大容量でスマートフォンだけの利用であれば、ほぼデータ通信量を気にぜずに使うことができます。

外出先でタブレットやノートPCなどをよく使う方であれば、テザリング(スマートフォンを経由してPCなど他の機器をネット接続)利用にも重宝するサービスです。

在宅ワークやオンライン会議などの機会が増えスマホのデータ通信量が不足しているという方は、オンライン専用プランが比較的割安で使い勝手も良いのでチェックしてみてください。

関連記事

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のオンライン専用プラン(20GBプラン)の比較。ahamo(アハモ)・povo2.0(ポヴォ2.0)・LINEMO(ラインモ)のサービス内容。各プランの特徴。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)