3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の新しい20GBプランの比較

ahamo公式サイト

NTTドコモ公式サイトより

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の新しい20GBプランの比較

NTTドコモは新しい料金プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月から提供を開始することを発表しました。

高速データ通信量20GB、超過後の通信速度最大1Mbps、音声通話5分かけ放題を含んで、月額2,980円とかなり安い料金設定になっています。

au、ソフトバンクがサブブランド(UQモバイル、ワイモバイル)で20GBプランを開始するのに対し、ドコモではメインブランドに新料金プランを導入しました。

関連記事

大手キャリアが取り扱う5Gスマートフォンの「ミリ波」への対応状況。キャリアで取り扱う5G端末の一覧。4G周波数を5Gに転用した場合のメリット、デメリット。

料金プランの比較

ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」、UQモバイルの「スマホプランV」、ワイモバイルの「シンプル20」のプラン内容は以下のとおりです。

※下記料金は2020年12月3日時点で発表されている料金(税抜)です。

ドコモ

ahamo(アハモ)

UQモバイル

スマホプランV

ワイモバイル

シンプル20

提供開始 2021年3月 2021年2月 12月下旬
月額料金 2,980円 3,980円 4,480円
高速通信のデータ容量 20GB
超過後の通信速度 最大1Mbps
データ繰越 不明 翌月まで可能 なし※
データ通信量追加 1GB 500円 1GB 1,100円(非課税) 月額500円でプラス3GB※
音声通話 5分かけ放題

※5分以降20円/30秒

20円/30秒 10分かけ放題

※10分以降20円/30秒

音声通話オプション かけ放題 月額 1,000円 かけ放題 月額 1,700円

10分かけ放題 月額 700円

かけ放題 月額1,000円※

※ワイモバイルのデータ繰越、かけ放題オプション料金は、現行のスマホベーシックプランで運用されている内容です。

※ワイモバイルのデータ通信量追加はスマホベーシックプランM・Rで提供されているオプション内容です。

風船

月額料金を比較するとドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」が頭ひとつ安い料金設定になっています。

またau、ソフトバンクが混雑時間帯などの通信速度が若干落ちるサブブランドなのに対し、ドコモはメインブランドで提供している点も大きな違いです。

ただ5分かけ放題は音声通話の利用が多い方には若干短い時間設定で、月額1,000円のかけ放題オプションの追加が必要になるかもしれません。

受付はオンラインのみ

ただしahamo(アハモ)の契約などの受付はオンラインのみ(ahamo WEBサイトもしくは専用のアプリ)になります。

街のドコモショップなど実店舗での取り扱い、受付は行われません。

現時点では故障時の対応など細かいサポート体制の詳細は発表されていませんが、基本的にはオンラインを利用してのサポートが予想されます。

街のショップなどで対面でのサポートが必要な方は、この点に注意してください。

あとahamo(アハモ)ではキャリアメールが使えないので、ドコモのアドレスを利用している方はアドレス変更が必要になります。

SIMカード

対抗プランが必ず出てくる

今回発表されたahamo(アハモ)は契約の手続きやサポートなどがオンラインに限定されますが、その分かなり安い料金設定になっています。

記者会見でドコモが若者(デジタルネイティブ世代)向けを強調していたように、ある程度スマートフォンの操作に慣れている方をメインターゲットにしたプランです。

※記者会見では従来プランのギガホ、ギガライトの見直しにも触れられており、そちらの料金も改定が予想されます。

ただオンラインに限定するといった点を含めても、先行して発表されたau、ソフトバンクの20GBプランと比較して一歩リードした内容になっています。

とはいっても提供開始は2021年3月からで、今後au、ソフトバンクが必ずahamo(アハモ)に対抗するプランを発表することが確実なので、普段より細かく情報をチェックしてみてください。

関連記事

日本通信の「合理的かけほプラン」と楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」のプラン内容の比較。月額料金、高速データ通信容量、かけ放題の内容。二つのプランを比べた場合の違い。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329