IIJmioの旧プラン(ミニマムスタートプラン)からギガプランに変更

IIJmioパッケージ

IIJmioの旧プラン(ミニマムスタートプラン)からギガプランに変更

契約していたIIJmioのミニマムスタートプラン(音声通話SIM)を4月から開始された新しいギガプランに変更しました。

元々月々のデータ通信量が少なく余らせていたので、基本料金が下がった分だけ割安になっています。

ギガプランに変更後も通信速度などに変わりはなく、プラン変更前と同じように使えています。

関連記事

キャリアの段階式プランにIIJmioのeSIMプランを併用した場合の月額料金の例。段階式プランをそのまま利用した場合との比較。eSIMプランの注意点・対応端末。

旧プランとギガプランの比較

今まで契約していたIIJmioのミニマムスタートプラン(音声通話SIM)と新しいギガプラン(2GB)の主なサービス内容は次のとおりです。

主なサービス内容

ミニマムスタートプラン ギガプラン(音声SIM 2GB)
月額料金 1,760円 858円
データ容量 3GB 2GB
超過後の速度 最大200kbps 最大300kbps
データ繰越 翌月まで繰越可能
音声通話 22円/30秒 ※専用アプリからの発信 11円/30秒
通話オプション 10分かけ放題 月額 913円/3分かけ放題 月額 660円 ※要アプリ
データチャージ
  • 20GB 3,410円
  • 30GB 5,500円
  • 1GB 220円※6月開始
その他 SIMカード追加可能(最大2枚) 既存プランからの変更は手数料無料

旧プランから高速データ通信量は1GB減りましたが、月額料金も約900円下がってます。

データ容量が2GB多いギガプラン(4GB)の場合は月額1,078円です。

ギガプランのデータシェアの仕組み

IIJmio公式サイトより

また旧プランでは家族で複数の回線を利用する場合、ひとつのプランにSIMカードを追加する方法でプランを組んでいました。

新プランではこれをSIMカード1枚ごとにデータ容量を契約し、それぞれの容量をみんなでシェアできる形に変更されています。

※ギガプランのデータシェア機能は6月以降に開始予定

シンプルかつ割安に

今まで若干複雑でわかりにくかったSIMカードを追加する形を、新プランではシンプルにわかりやすく回線(SIMカード)ごとの契約に変更されました。

月額料金も全体的に下げられており、単身契約(SIM1枚)はもちろん家族で旧プランを利用している場合でも多くのケースでギガプランのほうが割安になります。

旧プランからギガプランへの変更時の手数料は不要です。

AQUOSsense4

IIJmioは格安SIM(MVNO)サービスなので、混雑時間帯などはデータ通信速度が落ちる傾向があります。

ただ月々のデータ通信量がそれほど多くなく自宅などにWi-Fi環境が整っている方であれば、そこまで影響は大きくありません。

新規契約の場合は端末の割引販売や事務手数料1円キャンペーンなども実施されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

IIJmioが2021年4月から開始する新料金プラン「ギガプラン」の内容。月額料金、サービス内容。既存プランとの違い。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329