YouTube Musicの無料版と有料版の違い

YouTube Musicウェブページ

YouTube公式ページより

Googleの音楽配信サービスYouTube Music

Googleより日本での「YouTube Premium」サービスの提供が発表されました。

海外では先行して既に提供が開始されているサービスで、月額料金を払うことで、YouTube動画の広告なし再生、動画のダウンロード機能、オリジナルコンテンツなどが楽しめます。

併せて音楽関連コンテンツに限定した「YouTube Music Premium」も発表され、こちらは機能を限定した無料版も用意されており、注目されています。

今回は「YouTube Premium」と「YouTube Music Premium」の位置付け、無料版と有料版の違いなどをまとめます。

関連記事

WIZ RADIO公式ページより 全国のFMラジオを無料で WIZ RADIOは全国のFM放送が地域に関係なく無料で聴くことができる...

YouTube Premiumとは

まずサービスの概要を簡単に。

YouTube Premiumは月額料金を支払うことで、YouTubeをより快適に利用することができるサービス。

機能はPCなどでの視聴に限らず、アプリなどを利用してスマホなどでも共通して利用できます。

具体的には、動画の広告なし再生、動画のバックグラウンド再生、アプリ内への動画保存機能、会員向けオリジナルコンテンツの視聴ができるといったサービスです。

またYouTube Premiumに会員登録すると、併せてGoogle Play MusicYouTube Music Premiumも利用可能になります。

ヘッドフォン

YouTube PremiumとYouTube Music Premiumの違い

YouTube Music Premiumは、YouTube Premiumの機能を音楽関連コンテンツに限定したプランです。

YouTube Premiumはすべての機能を含んだ上位プランという位置付けになります。

機能が音楽関連に限定されている分、YouTube Music Premiumのほうが月額料金が安くなっています。

月額料金

 Web/Google play経由App Store経由

YouTube Premium

月額 1,180円(税込)月額 1,550円(税込)

YouTube Music Premium

月額 980円(税込)月額 1,280円(税込)

App Store経由だと割高に

YouTube Premium/YouTube Music Premium共にApp Store経由で契約すると、Appleへの手数料が上乗せされ、月額料金が割高になります。

サービス自体はGoogleアカウントに紐づけされるので、App Store以外の支払い方法でも問題なくサービスを利用可能。

なのでiPhoneユーザーの場合、メインで使うのはスマホでも、会員登録する際はパソコンやAndroid端末から登録する方法がおすすめ。

もしくはスマホからYouTubeアプリを一度アンインストールしてから(Appストアの起動を防ぐ)からSafariを使ってyoutubeのページからの会員登録(Web)が安く済みます。

YouTube Musicの無料版と有料版の違い

YouTube Music Premiumは有料になりますが、広告表示などの機能を使わなければYouTube Musicアプリを無料で使うことができます。

YouTube Musicのアプリは音楽視聴用に設計されており、通常のYouTubeアプリにはないおすすめプレイリスト機能など、音楽を聴くには便利です。

YouTube Music

YouTube Music
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

機能面の違い

まず無料版と有料版の機能面での違いは大きく3点。

無料版では、広告表示オフ、アプリ内にダウンロード保存してのオフライン再生バックグラウンド再生ができません。

特に外出先でスマホを使って音楽を聴く場合、電波状態を気にせず聴けるオフライン再生は電車などでの通勤時などで重要。

ディスプレイを非表示の状態で再生できるバックグラウンド再生機能は、バッテリー消費を考えると大きなアドバンテージに。

あと有料版には動画を読み込まずに音声だけを再生する音声モードが搭載されており、通信量削減に繋がります。

YouTube Musicアプリ画面

YouTube Musicアプリ画面

Google Play Musicが使える

あとYouTube Music Premiumに登録すると、併せてGoogle Play Musicのサービスも使えるようになります。

Google Play Musicでは楽曲数3500万曲以上が配信されており、手持ちの楽曲をアップロードする機能なども便利です。

※現在Google Play Musicを契約されているかたは、YouTube Music Premiumも使えるようになっています。

音楽配信サービス

YouTube Premiumについては、YouTubeを頻繁に利用するヘビーユーザーに向けた機能追加に、音楽のオマケを山盛り乗せたプランといった印象。

YouTube Musicに関しては、無料と定額利用の選択肢を用意し、音楽配信サービスとしてSpotify、Apple Musicに並ぶ3つ目のサービスになりそうです。

無料でも利用できるYouTubeに、月額料金は確かに抵抗がありますが、様々な便利機能と音楽聞き放題を乗せたと考えれば、まあ妥当な料金かなといった感想です。

3か月の無料期間がありますので、気になる方はぜひ試してみてください。

関連記事

Huluの契約を続けている理由 VOD型(ユーザーが好きな時間に視聴できる)動画配信サービスがかなり定着してきて、最近ではAmazon...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク