ドコモのエコノミーMVNO(OCN モバイル ONE 500MBコース)の特徴

OCNから送付された小包の同梱物

ドコモのエコノミーMVNO(OCN モバイル ONE 500MBコース)の特徴

ドコモでは昨年10月から「ドコモのエコノミーMVNO」として格安SIM(MVNO)の取り扱いを開始し、ドコモショップで格安SIM(MVNO)の申し込みができるようになりました。

現在「OCN モバイル ONE」と「トーンモバイル」の2社が取り扱われており、ドコモ「ギガライト」より低廉なプランを求めるユーザーの選択肢として販売されています。

特にOCN モバイル ONE 500MBコースは月額550円と基本料金がかなり安く、音声通話での利用がメインでデータ通信量が多くないユーザーをターゲットにしたプランです。

関連記事

格安SIM(MVNO)サービスmineo(マイネオ)の新プラン「マイそく」のサービス内容。基本料金・通話料金・オプションサービス。通信速度制限の内容。オプションサービス「パケット放題 Plus」との比較。

主なサービス内容

格安SIM(MVNO)のOCN モバイル ONEで提供されている基本プランの月額料金・サービス内容は次のとおりです。

主なサービス内容と料金

OCN モバイル ONE(音声通話SIM)
エリア ドコモエリア
月額料金 500MBコース 550円
1GBコース 770円
3GBコース 990円
6GBコース 1,320円
10GBコース 1,760円
超過後の通信速度 最大200Kbps
データ繰越 翌月まで
データチャージ(1GB) 550円
音声通話料金(OCNでんわ※) 11円/30秒
※有料サービスなどOCNでんわで発信できない番号 22円/30秒
音声通話オプション 10分かけ放題 935円・トップ3かけ放題 935円・完全かけ放題 1,430円
OCN光回線とのセット割引 月額220円割引

※「OCNでんわ」 音声発信時に自動的にプレフィックス番号が付与される仕組みになっており、割引通話が適用

iPhoneSE2

基本料金は最安の500MBコースが月額550円、3GBコースでも月額990円で利用できます。

また格安SIM(MVNO)は音声通話料金が安いのもメリットで、国内の音声通話は11円/30秒と大手キャリアの半額で通話可能です。

ただし格安SIM(MVNO)なので昼休みなどの混雑時間帯に、データ通信の速度が低下する可能性がある点はすこし注意してください。

※動画視聴など高速通信が必要な場合に影響が出る可能性があります。

ドコモのギガライトが容量1GBまでで月額約3,000円(ファミリー割引(3回線)適用で約2,000円)なので、基本料金はかなり安く抑えることが可能です。

データ容量と料金プランの相関図(ドコモ)

ドコモの料金プラン相関図

NTTドコモ公式サイトより

対面サポートは一部限定

ただしドコモショップでの対面サポートはメインブランド(ギガプラン)と違い、最初の契約手続き・初期設定・スマホの購入(ドコモ端末)・故障受付に限定されます。

ドコモのスマホ教室などは利用できますが、契約後のプラン変更や解約手続きなどは自分で行う必要があるので注意してください。

関連記事

ドコモの段階式料金プラン「ギガライト」とエコノミーMVNO(OCN モバイル ONE)の料金プランの比較。基本料金と主なサービス内容。キャリア(ドコモ)と格安SIM(MVNO)サービスの違い。

ドコモショップで契約するメリットとデメリット

OCN モバイル ONEはネットからオンラインで契約することも可能ですが、ドコモショップで契約する場合は以下の利点があります。

  • 対面で説明を受けながら申込手続きが行える
  • ドコモで販売している端末が購入できる
  • 端末の初期設定をやってもらえる
  • ドコモ端末ならケータイ補償サービスに加入できる

AQUOS sense4 外観

スマートフォンの操作などが苦手な方でも、対面で安心して契約できるのが最大のメリットです。

オンラインの端末セールは利用できない

ただしOCN モバイル ONE(goo Simseller)がオンラインで行っている端末(スマートフォン)のセールはドコモショップだと利用できません。

セール時はSIM契約とセットでAndroidスマートフォンがかなり割安で購入できるので、一緒に端末の購入も検討されている方はオンラインでの手続きがおすすめです。

ドコモ回線を安く利用可能

私は年配の家族用に500MBコースに完全かけ放題オプションを追加して利用していますが、元々月のデータ通信量が少ないこともあり特に不便を感じたことはありません。

専用アプリ不要で通話料金が割引(自動でプレフィックス番号が付与)される仕組みも、以前の格安SIM(MVNO)のかけ放題と違って使い勝手がよく便利です。

ただし500MBの容量はかなり少なめなので、自宅などに固定回線(Wi-Fi環境)が無い場合はもう少し容量の多いプランが必要になってくる可能性があります。

IPhone SE外観

データ通信量が多めの方なら、OCN モバイル ONEに限らずオンライン専用プランのahamo(アハモ)も選択肢になってきます。

ショップの対面サポートが無くなる点がネックですが20GBのデータ通信量はかなり余裕があり、音声通話5分かけ放題が付いて月額2,980円の料金もかなり割安です。

どちらもドコモ回線が割安で利用できるプランなので、携帯電話料金の見直しを検討されている場合は候補としてチェッしてみてください。

関連記事

日本通信の料金プラン「合理的シンプル290」の特徴。基本料金・主なサービス内容・オプションサービス。同社「合理的みんなのプラン」との比較。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)