データ量無制限を目的にドコモの5Gギガホを契約した際の料金イメージ

スマートフォン

データ量無制限を目的にドコモの5Gギガホを契約した際の料金イメージ

ドコモでは5Gユーザー拡大策のひとつとして、料金プラン「5Gギガホ」のデータ量無制限キャンペーンを実施しています。

データ量無制限の特典はエリア(4G・5G)は関係なく適用されるので、5Gエリア外の方でもプランを契約すれば、ドコモ回線の高速なデータ通信を無制限で利用可能です。

5Gギガホの月額料金は7,650円(税別)で、最初の6か月間は1,000円の割引も受けられます。

ただしプランの契約には、5G対応機種の購入または持込みが条件になるので注意してください。

この記事では通常のギガホ(4G向け)と5Gギガホの比較、月額料金のイメージ、現在行われている5G端末の購入キャンペーンなどをまとめます。

関連記事

ドコモのd Wi-Fiの接続方法。利用に必要な手続き。Wi-Fiの利用方法、Web認証の手順。

4Gギガホと5Gギガホの比較

通常のギガホ(4G向け)と5Gギガホの月額料金、データ通信量などは以下のとおりです。

ギガホ(通常) 5Gギガホ
月額料金 2年契約なし 7,150円 7,650円
※dカードで支払 6,980円 7,480円
2年契約あり 6,980円 なし
利用可能データ量 通常 30GB 100GB
キャンペーン中 60GB 無制限
デ-タ量超過後の通信速度 1Mbps 3Mbps

※価格は税別 ※2年契約の中途解約金は1,000円

月額料金は2年契約なしの場合の比較で、通常のギガホと月額で500円の差になります。

通常時のデータ通信量は30GBと100GBなので、月額500円の料金差とデータ通信量70GBの差をどう考えるかになります。

またドコモのデータ通信量はテザリング通信(スマホを使ってパソコンやゲーム機などでネットに繋ぐ)と共通なので、スマホでの利用以外にも活用できます。

なのでデータ量無制限だと、固定回線の代わりとしての使い方も有用です。

ただしあくまでキャンペーンなので、キャンペーンが終了した場合は上限100GBになる点に注意が必要です。

青空と風船

また5Gギガホは2年契約がないので、定期契約による月170円の割引が利用できません。

ただしドコモでは月額料金の支払いをdカードにすることで、170円の割引が受けられます。

5Gの割引キャンペーン

現在(2020年5月2日時点)実施されているドコモの5G向けのキャンペーンには以下のものがあります。

  • 5Gギガホ割 最大6か月間、月額1,000円割引
  • 5Gギガホ音声割 音声通話オプション(かけ放題オプション、5分通話無料オプション)契約時に、最大12か月間、月額700円割引
  • 5G WELCOME割 5G機種購入時に5,000円から20,000円相当の割引

5Gギガホを新たに契約した場合、6か月間ですが1,000円割引の月額6,650円(税別)で利用できます。

また音声通話の「かけ放題オプション(月額1,700円)」または「5分通話無料オプション(月額700円)」を利用する場合、1年間、月額から700円の割引です。

5G WELCOME割の割引額は、機種変更だと端末代金が5,000円の割引新規契約、のりかえ(MNP)の場合だと20,000円分のdポイント還元が受けられます。※ドコモオンラインショップの場合

スマホとノートパソコン

データ通信量が多い方向け

月額料金はややかかってしまいますが、テザリング可能で場所を選ばず高速回線を無制限で利用できるのは大きなメリットです。

基本的にスマホは外に持ち出すので、家族で利用する自宅の固定回線代わりに使用するのは無理がありますが、一人暮らしならば光回線を引く代わりに5Gギガホの利用も考えられます。

ただ5Gギガホの契約には5G対応機種の購入または持込みが条件になるので、初期費用がかさむ点はネックです。

あくまでお勧めは月のデータ通信量が多いユーザーですが、各種割引を適用できれば月額料金もそこそこ抑えられるので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

ドコモの「5Gギガホ」で実施されているデータ量無制限キャンペーンが注目されている理由。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329