iPhoneにサブ回線(SIMカード2枚目)の追加するときのポイント

iPhoneSE2

iPhoneにサブ回線(SIMカード2枚目)の追加するときのポイント

iPhoneはXS以降デュアルSIMに対応しており、SIMカードの2枚運用(一つのiPhoneで二つの電話番号・回線を利用)することができます。

すべてのモデルが大手3キャリアの4Gプラチナバンドに対応しているので、追加する通信会社の選択肢が多いのも利点です。

最近はサブ回線としての利用を売りに基本料金が抑えられたプランもあり、通信費の節約・電話番号の追加・トラブル時のバックアップ用などに二つ目の回線を契約される方も増えています。

関連記事

大手家電量販店などで行われているスマートフォンの大幅な割引販売の内容。今後予定されている端末値引ルールの改正について。端末購入プログラムの仕組みと利用時の注意点。電気通信事業法の変更点。

iPhone XS以降はデュアルSIM対応

iPhoneではXSシリーズ以降、デュアルSIM機能が標準で装備されています。

ただし物理SIMカードの挿せる数は基本1枚(海外モデルなどで例外あり)になっているのでeSIMとの組み合わせるか、新しい機種なら2枚ともeSIMにするといったことが可能です。

nano-SIM・eSIMの組み合わせでデュアルSIMが利用できる機種

  • iPhone 13・14・15シリーズ・iPhone SE3(eSIM2枚のデュアルSIMも可)
  • iPhone 12シリーズ・iPhone 11シリーズ・iPhone XS・XS Max・iPhone XR・iPhone SE2(nano-SIM1枚・eSIM1枚)

SIMカードトレイ

また現在は廃止されましたが、少し前に大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で購入した端末は通信会社のSIMロック※がかかっている場合があります。

※指定の通信会社しか使えないようにする設定。

2枚とも同じ通信会社の系列のSIMカードを利用する場合はそのままでも問題ないですが、他の系列の通信会社のSIMカードを利用する場合はSIMロック解除の手続きが必要です。

iPhoneのSIMロックの確認場所

  • [設定]->[一般]->[情報]->SIMロック

関連記事

auで購入した端末のSIMロック解除をPC(パソコン)からMy auを使って自分で行う手順。SIMロックの確認方法と解除条件。必要な準備と具体的な作業内容。

サブ回線に利用しやすいサービス

最近はオンライン専用プランや格安SIM(MVNO)など基本料金の安いプランが増え、以前より気軽に2つ目の回線を追加して利用することができるようになりました。

チケット購入式でプランのカスタマイズがしやすいpovo2.0、ドコモ回線が月額290円(1GB)で利用できる日本通信などは維持費もかなり安く抑えることができます。

またメイン回線で足りない部分を補助するといった使い方もでき、mineo(マイネオ)の通信速度1.5Mbpsで使い放題サービスなどもサブ回線としても使いやすいプランです。

povo2.0

povo2.0のメリットは必要に応じて自分でプランを自由に組み立てられる点です。

メイン回線のデータ通信量が足りない月だけ容量チャージをしたり、料金が割安な5分かけ放題オプション(月額550円)を追加するといった使い方もできます。

  • 基本料金 0円※チケット(トッピング)購入式 3GB30日 990円 eSIMあり

主なサービス内容

povo2.0
エリア au
SIMカード 物理SIM・eSIM
基本料金(月額) 0円
高速通信のデータ容量 0GB
チケット購入式
※1GB(7日間) 390円
※3GB(30日間) 990円
超過後の通信速度 最大128kbps
データ繰越 なし
音声通話 22円/30秒
音声通話オプション 5分かけ放題 月額 550円
完全かけ放題 月額 1,600円
初期費用 事務手数料 0円

povoのSIMカード

180日間以上有料トッピングの購入などがないと利用停止になる点には注意が必要ですが、基本料金が0円なのでサブ回線としても利用しやすいサービスです。

関連記事

LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GB)とpovo2.0(ポヴォ2.0)で3GB利用した場合の比較。サービス内容・料金・オプションサービス。LINEMOで実施中のキャンペーン。

日本通信

格安SIM(MVNO)の日本通信ではデータ通信量1GB、基本料金が月額290円の「合理的シンプル290」のサービスを提供しています。

ドコモ回線が安価に維持できるのが特徴で、音声通話料金が大手キャリアの半額(11円/30秒)なのも大きなメリットです。

  • 基本料金 1GBコース290円 eSIMあり

主なサービス内容

合理的シンプル290
エリア ドコモ
SIMカード 物理SIM(iPhoneはeSIMあり)
基本料金(月額) 290円
高速通信のデータ容量 1GB
ユーザーが上限を設定
※1GBごとに 220円
※上限3GBだと730円
超過後の通信速度 低速通信 ※速度の詳細不明
データ繰越 なし
音声通話 11円/30秒
音声通話オプション 月70分間 月額 700円
完全かけ放題 月額 1,600円
初期費用 事務手数料 3,300円

関連記事

auのオンライン専用プラン「povo2.0」と格安SIM(MVNO)サービス日本通信の「合理的シンプル290」のプラン内容の比較。主なサービス内容と両プランの違い。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)では通信速度1.5Mbpsで使い放題という「パケット放題 Plus」というオプションサービスが提供されています。

高画質での動画視聴などを除けばある程度快適に利用できる通信速度で、容量無制限という使い勝手の良さが魅力です。

  • 基本料金 1GBコース1,298円・オプション パケット放題 Plus 385円 eSIMあり(ドコモ・au回線)

主なサービス内容

デュアルタイプ(音声通話+データ通信)
エリア ドコモ・au・ソフトバンク
月額基本料金 1GBコース    1,298円
5GBコース    1,518円
10GBコース  1,958円
20GBコース  2,178円
超過後の通信速度 最大200Kbps
データ繰越 翌月まで
音声通話 22円/30秒
音声通話(mineoでんわ) 10円/30秒※専用アプリからの発信
音声通話オプション 10分かけ放題 月額 550円
かけ放題 月額 1,210円
パケット放題 Plus 月額 385円
※10GB以上のプランは無料

mineo(マイネオ)公式サイトより

1GBプランとパケット放題 Plusの組み合わせだと月額1,683円で、最大通信速度1.5Mbpsでデータ通信が使い放題になるイメージです。

関連記事

mineo(マイネオ)のオプションサービス「パケット放題 Plus」の特徴。基本プラン「マイピタ」の主なサービス内容。YouTubeの推奨通信速度と最大1.5Mbpsの利用イメージ。サブブランド・オンライン専用プランとの比較。
平日昼間以外1.5Mbpsの「マイそく」

またmineo(マイネオ)では平日昼間以外1.5Mbps使い放題プラン「マイそく」というプランも提供されています。

  • 基本料金 スタンダード(最大1.5Mbps)990円 eSIMあり(ドコモ・au回線)

マイそくの主なサービス内容と料金

デュアルタイプ(音声通話+データ通信)
エリア(SIM) ドコモ・au・ソフトバンクから選択
基本料金(月額) スタンダード(最大1.5Mbps) 990円
※平日昼間(12時~13時)は最大32kbps
※直近3日間で10GBを超えた場合も最大32kbps
音声通話料金 22円/30秒
mineoでんわ 10円/30秒※専用アプリからの発信
通話オプション(月額) 10分かけ放題 550円
かけ放題 1,210円
データ通信オプション 24時間速度制限なし 1回 330円

使ったデータ通信容量によって料金が決まるのではなく、容量は無制限で平日昼間の通信速度に制限が設定されています。

平日のランチタイムなどはデータ通信がほぼ利用できませんが、「パケット放題 Plus」より基本料金を抑えることが可能です。

関連記事

格安SIM(MVNO)サービスmineo(マイネオ)の新プラン「マイそく」のサービス内容。基本料金・通話料金・オプションサービス。通信速度制限の内容。オプションサービス「パケット放題 Plus」との比較。

デュアルSIMをしやすいiPhone

iPhoneは対応周波数帯が多く、SIMロックさえかかっていなければ国内のどの通信会社のSIMカードも利用できます。

現在はどの通信会社(大手キャリア)も基本的にSIMロックをかけずに端末を販売しており、SIMロックがかかっている場合でも解除手続きはオンラインで行えば無料です。

eSIMだと若干初期設定が複雑ですが、物理SIMなら基本的に電源を切ってSIMカードを挿すだけなので、携帯料金の見直しなどの際にデュアルSIMなども検討してみてください。

関連記事

iPhoneで特定の相手にワンタップで電話をかける専用ショートカットを作成する手順。ショートカットアプリの使い方。ホーム画面への設置・削除の方法。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)