LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GB)と格安SIM(MVNO)の低容量プランの比較

Androidスマートフォン

LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GB)と格安SIM(MVNO)の低容量プランの比較

ソフトバンクはオンライン専用プランLINEMO(ラインモ)に小容量3GBのミニプランを追加しました。

オンライン専用で自分で申込や各種手続きをする必要がありますが、月額990円と格安SIM(MVNO)サービス並の安価な料金設定になっています。

3GB超過後の通信速度が最大300Kbpsということもあり、サービス内容的にも重複するところの多いプランです。

※サービス内容・料金などは2021年7月16日時点のものです。

関連記事

ahamo(アハモ)への乗り換え(MNP)時にiPhone 11またはiPhone SEを購入した場合の初期費用の比較。直接ahamo(アハモ)に申し込む場合とドコモに一旦契約してahamo(アハモ)へプラン変更する場合の違い。

主なサービス内容の比較

LINEMO(ラインモ)の3GBプラン「ミニプラン」と大手格安SIM(MVNO)サービスの小容量プランの主なサービス内容をまとめてみます。

※格安SIM(MVNO)はデータ容量が一番少ないプランの料金を抜き出しています。

主なサービス内容

LINEMO IIJmio mineo OCN BIGLOBE
ミニプラン ギガプラン マイピタ  
エリア ソフトバンク ドコモ・auから選択 3キャリアから選択 ドコモ ドコモ・auから選択
月額料金 990円 858円 1,298円 770円 1,078円
データ容量 3GB 2GB 1GB
超過後の通信速度 最大300kbps 最大200kbps
容量の繰越 なし 翌月まで
音声通話 22円/30秒
割引電話 なし 11円/30秒※要アプリ 10円/30秒※要アプリ 11円/30秒 9.9円/30秒※要アプリ
音声通話オプション かけ放題 月額 1,650円・5分かけ放題 月額 550円 10分かけ放題 月額 913円 3分かけ放題 月額 660円 ※要アプリ 10分かけ放題 月額 935円※要アプリ かけ放題 月額 1,430円・10分かけ放題 935円 10分かけ放題 月額 913円・3分かけ放題 月額 660円
その他 LINEでのデータ通信容量がノーカウント データ通信専用のeSIMプランあり 月額 385円で最大1.5Mbpsのデータ通信使い放題オプション 専用アプリ不要の割引電話・かけ放題 月額 308円で対象サービス使い放題のエンタメフリーオプション

高速データ通信量あたりの基本料金はLINEMO(ラインモ)のミニプランが頭ひとつ安い設定になっています。

格安SIM(MVNO)と違い自社回線を利用するので、混雑時間帯に通信速度が落ちる可能性が低いのも優位な点です。

SIMカード

ただし回線(エリア)はソフトバンクに限定され、データ容量の繰り越し・専用アプリを利用した割引でんわ機能(※OCNはアプリ不要)などもありません。

また格安SIM(MVNO)サービスでは独自のオプションサービスや端末の割引販売なども行っており、乗り換え(MNP)などだとかなり割安に利用できます。

どちらも受付はオンラインがメインで、申込・手続きなどは基本的に自分で行う必要がある点は共通です。

トータルで検討が必要

今春は携帯電話料金の低廉化のながれを受け、格安SIM(MVNO)からも多くの新しい料金プランやサービスが開始されました。

各社他社との差別化にも力を入れており、特徴あるプラン内容やオプションサービスが増えています。

プラン変更や乗り換え(MNP)には少し手間がかかりますが古い料金プランよりかなり安く利用できるので、料金の見直しを検討されている方は色々チェックしてみてください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GBプラン)とワイモバイルのシンプルプランS(3GBプラン)のサービス内容の比較。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329