5分・10分かけ放題オプションと超過後の音声通話料金の比較

スマートフォン

5分・10分かけ放題オプションと超過後の音声通話料金の比較

LINE(ライン)やSkype(スカイブ)などSNSを利用した無料通話が浸透しましたが、使い勝手や音質の面で通常の音声通話の需要もまだまだ高いものがあります。

ただスマホの通話料金は通常22円/30秒と少し高めなので、音声通話の利用が多い方はかけ放題オプションなどを契約するのが一般的です。

時間制限無しの完全かけ放題オプションだと月額料金は少し高くなりますが、時間制限(5分・10分)付きであれば割とリーズナブルな料金で利用できます。

関連記事

第2弾のマイナポイント事業の内容。ポイントの受取条件とポイント付与額。健康保険証の利用申込み・公金口座の登録に関する手続きの受付状況。

2種類の音声通話かけ放題

携帯電話の通信事業者が提供している音声通話かけ放題サービス(※音声通話回線を利用したもの)は、現在は大きく以下の2種類に分けられます。

  • 通常の音声通話かけ放題(3大キャリア・サブブランドなど)
  • プレフィックス番号を利用した音声通話かけ放題(格安SIMなど)

ガラケー(フィーチャーフォン)

プレフィックス番号のかけ放題というのは、特定の番号(プレフィックス番号)を電話番号の前に付けて発信することで割安な通話回線を利用して料金を安く抑える仕組みです。

格安SIM(MVNO)などで見かける「専用アプリから発信」の条件が付くかけ放題というのは、アプリなどでプレフィックス番号を付けて発信しています。

通常のかけ放題と同様に音声通話回線を利用しているので音質などはほとんど変わりませんが、電話番号の前に「プレフィックス番号」を付けるというひと手間がユーザーに求められます。

プレフィックス番号の自動付与

ただ昨年からプレフィックス番号を自動で付与するサービスを提供する格安SIM(MVNO)が増えました。

現在はスマホ標準の電話機能で発信すれば自動的にプレフィックス番号を付けて発信する仕組みになっているところが多く、使い勝手は大手キャリア・サブブランドのかけ放題と変わりません。

また通常の音声通話料金も大手キャリアの約半額(11円/30秒)と安くなるので、格安SIM(MVNO)を利用するメリットのひとつになっています。

関連記事

NUROモバイルのかけ放題プランの内容。月額料金・高速データ通信量・超過後の通信速度。OCN モバイル ONE、日本通信との料金比較。

楽天モバイルのかけ放題

楽天モバイルは「Rakuten Link」という専用アプリを利用した音声通話のかけ放題サービスを標準機能として提供しており、契約者は無料で利用可能です。

ただしRakuten Linkは音声通話回線を利用した通話ではなく、RCSという規格のデータ通信回線を利用した音声通話で電波状況や回線の混雑状況などに影響を受けやすい傾向があります。

SNSの無料通話のように相手も同じアプリをインストールする必要がない(通常の電話番号宛てに発信できる)ので使い勝手が良いのですが、音声通話回線を利用した通話よりも通話品質が落ちるので注意してください。

iPhone SEの背面

またiOS版のRakuten Linkの動作(仕様)が変更され、iPhoneでは着信履歴がRakuten LinkではなくiOSの電話標準アプリで表示されるように変更されました。

そのまま着信履歴(iOSの電話標準アプリ)から発信すると通常の音声通話料金が発生するので、Rakuten Linkの無料通話を利用して発信する場合は以前より操作がひと手間増えています。

※楽天モバイルでは通常の音声通話(Rakuten Linkを使用しない通話)の15分かけ放題オプション(月額1,100円)も提供されています。

月額料金の比較

時間制限(5分・10分)かけ放題のオプション料金(月額)、時間超過後の音声通話通話料金を通信事業者ごとに比較してみます。

※下記料金(税込)は2022年10月24日時点のものです。

通常の音声通話かけ放題オプション

かけ放題オプション(時間制限あり)は3大キャリアが5分、サブブランドは10分、楽天モバイルが15分の通話時間で提供されています。

規定の通話時間を超過後の通話料金22円/30秒は共通です。

大手キャリア(MVO)

時間 オプション料金 通話料金
ドコモ 5分 770円 22円/30秒
au 880円
ソフトバンク
楽天モバイル※ 15分 1,100円

※スマートフォンの基本プランの契約が必要。

※通常の音声通話(Rakuten Linkを使用しない通話)の15分かけ放題。

オンライン専用20GBプラン

基本料金 時間 オプション料金 通話料金
ahamo(ドコモ) 2,970円 5分 ※基本料金に含む 22円/30秒
povo(au)※受付終了 2,728円 550円
LINEMO(ソフトバンク)

オンライン専用プラン(小容量プラン)

基本料金 時間 オプション料金 通話料金
povo2.0(0GB) 0円 5分 550円 22円/30秒
LINEMO(3GB) 990円

※参考 povo2.0のデータトッピング 3GB(30日間)990円。

サブブランド

基本料金 時間 オプション料金 通話料金
UQモバイル 1,628円 10分 770円 22円/30秒
ワイモバイル 2,178円

※基本料金は3GBプラン。

プレフィックス番号を利用したかけ放題

格安SIM(MVNO)ではプレフィックス番号を利用した割引通話を提供しており、通常よりも音声通話料金を安く利用できます。

時間超過後の通話料金が大手キャリアより割安なのも特長です。

格安SIM(MVNO)(プレフィックス番号の自動付与)

基本料金 時間 オプション料金 超過後の通話料金
OCN 770円 10分 935円 11円/30秒
イオンモバイル 858円  5分 550円
10分 935円
mineo 1,298円 10分 550円
NUROモバイル 792円(3GB) 5分 490円
10分 880円

※基本料金はデータ通信量1GBプラン(NUROモバイルは3GBプラン)

※イオンモバイルはドコモ回線プランのみプレフィックス番号を自動付与。

格安SIM(MVNO)(専用アプリから発信)

基本料金 時間 オプション料金 超過後の通話料金
IIJmio 850円 5分 500円 11円/30秒
10分 700円
BIGLOBE 1,078円 3分 660円 9.9円/30秒
10分 913円

※IIJmioは2GBプラン、BIGLOBEモバイルは1GBプランの基本料金。

※専用アプリを使用しない場合の音声通話料金22円/30秒。

使い勝手のいい音声通話

以前だと格安SIM(MVNO)のかけ放題は使い勝手の面(要アプリ発信)で、スマホ操作にあまり詳しくない方などには少し薦めにくい面がありました。

ただ最近はプレフィックス番号の自動付与サービスを提供するところが増え、通常の音声通話操作でかけ放題が適用されるようになり使いやすくなっています。

音声通話の利用がメインの方であれば格安SIM(MVNO)の基本料金・通常の通話料金の安さが特に活きるので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

携帯電話で通話かけ放題を利用する場合の月額料金の比較。音声通話かけ放題の種類と違い。主な通信会社のかけ放題込の月額料金。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)