ソニー「NUROモバイル」が機能を絞り料金を下げた「NEOプランLite」を開始

iPhoneSE2

ソニー「NUROモバイル」が機能を絞り料金を下げた「NEOプランLite」を開始

ソニーの格安SIM(MVNO)サービス「NUROモバイル」より、従来の「NEOプラン」を一部改定して料金を下げた「NEOプランLite」を4月1日より開始することが発表されました。

NEOプランLiteでは対象SNSカウントフリー機能などが削除されていますが、データ通信量20GBなど基本サービスはそのままで、月額料金が609円下げられています。

NUROモバイルはMNO(大手キャリア)と同等レベルの通信速度を目指すとしており、格安SIM(MVNO)ながら混雑時間帯でも速度低下が少ないのが特徴です。

関連記事

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のオンライン専用プラン(20GBプラン)の比較。ahamo(アハモ)・povo2.0(ポヴォ2.0)・LINEMO(ラインモ)のサービス内容。各プランの特徴。

NEOプランとNEOプランLiteの違い

NUROモバイルのNEOプランとNEOプランLiteの主なサービス内容は次のとおりです。

主なサービス内容

NUROモバイル
プラン名 NEOプラン NEOプランLite
エリア ドコモ
受付・手続き オンライン限定
月額料金 2,699円 2,090円
データ容量 20GB
超過後の速度 最大1Mbps
データ繰越 あり
音声通話料金 11円/30秒
通話オプション 5分かけ放題 490円
10分かけ放題 880円
NEOデータフリー 対象SNSカウントフリー※ なし
Gigaプラス 3か月ごとに15GB付与 なし
あげ放題 上り通信(アップロード)無制限 なし

※対象SNS LINE、Twitter、Instagram、TikTok

NEOプランのロゴ

NUROモバイル公式サイトより

NEOプランLiteでは月額料金が609円下げられた代わりに、NEOプランで提供されているNEOデータフリー・Gigaプラス・あげ放題の3つのサービスが削除されています。

SNSでのデータ通信がそこまで多くない方であればLiteプランでもそれほど影響はなく、20GBの容量が割安で利用できるプランになっています。

大手キャリアのオンライン専用20GBプランとの違い

NUROモバイルのNEOプランとahamo(アハモ)・LINEMO(ラインモ)などを比較した場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

データ繰り越しのあるNEOプラン

ahamo(アハモ)・LINEMO(ラインモ)では高速データ通信容量の繰り越しがありませんが、NEOプランでは翌月まで繰り越し可能です。

20GBを超過しても最大1Mbpsの通信速度が出るのでそこまで不便になるわけではないですが、繰り越しができる分だけ使い勝手で上回ります。

通話料金が安いが完全かけ放題がない

またNUROモバイルは割安の通話回線を利用しており、音声通話料金が安い(11円/30秒)特徴があります。

※大手キャリアの音声通話料金(22円/30秒)の半額。

5分かけ放題や10分かけ放題のオプション料金もすこし割安です。

ただし完全かけ放題のオプションがない点は注意してください。

画面サイズの比較

20GBプランの新しい選択肢

NEOプランLiteでは従来プランから機能を絞り、大手キャリアのオンライン専用20GBプランよりもさらに安い料金になりました。

公式サイトで公表している平日の下りの通信速度の計測結果では昼休みや夕方の混雑時間帯でも概ね150Mbpsの速度を記録しており、格安SIM(MVNO)特有の速度低下の不安も少なくなっています。

音声通話料金が安く20GBの中容量プランのなかでも割安感があるプランなので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

NUROモバイルのNEOプラン・ahamo(アハモ)・LINEMO(ラインモ)の料金プラン比較。主なサービス内容。NUROモバイルのメリット・デメリット。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)