ソフトバンクでブランド間の乗り換え時、契約解除料・店舗手数料が無料

ソフトバンクのSIMカード

ソフトバンクでブランド間の乗り換え時、契約解除料・店舗手数料が無料

ソフトバンクはLINEMO(ラインモ)のサービス開始に合わせ、各種手数料の無料化を発表しました。

2021年3月17日から正式に無料化されるのは以下の二つの手数料です。

  • MNP転出手数料
  • ウェブで手続きする場合の事務手数料

※ウェブ手続き 新規契約・乗り換え・機種変更・契約変更

またキャンペーンとして、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO(ラインモ)間の乗り換え時、契約解除料(9,500円)と店頭手続きする際の契約事務手数料(3,000 円)も無料になります。

関連記事

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が開始するオンライン20GBプランの比較。月額料金、サービス内容、オプション料金。

無料になる手数料

キャンペーンではソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO(ラインモ)間で乗り換えする場合に、以下の手数料が無料になります。

ブランド間の移動時に無料になる手数料

通信会社 契約解除料※10,450円(税込) 店頭手続きの事務手数料※3,300円(税込)
移行元 移行先
ソフトバンク ワイモバイル 無料 無料
LINEMO 無料 (オンライン専用)
ワイモバイル ソフトバンク 無料 無料
LINEMO 無料 (オンライン専用)
LINEMO ソフトバンク (定期契約なし) 無料
ワイモバイル (定期契約なし) 無料

契約解除料というのは、2年契約が条件になっているプランを中途で解約した場合の違約金です。

電気通信事業法の改正以降ソフトバンクは2年契約プランを廃止しましたが、以前の料金プランをそのまま利用されている方は契約更新月以外だと契約解除料が発生する場合があります。

キャンペーンではこの契約解除料が無料です。

LINEMO(ラインモ)は定期契約の条件がないので、契約解除料は元々発生しません。

店頭手続きの事務手数料についてもLINEMO(ラインモ)はオンライン専用プランなので、店頭での申込自体ができません。

風船

契約解除料が無いプランへの移行

通信会社の乗り換えを大きく阻害する要因のひとつとして、2年契約の高額な中途解約金が問題視されてきました。

今回のキャンペーンではブランド間の乗り換えであれば契約解除料がかからないので、古い中途解約金がかかるプランを利用されている方も乗り換えがしやすくなっています。

またウェブでの手続きも正式に無料化されており、ブランドの乗り換えをしなくてもプラン変更だけで料金が安くなるケースがあります。

ソフトバンクはデータ通信量によって料金が段階式に変わる「ミニフィットプラン+」も3月17日からサービスが開始されるので、旧ミニフィットプランを契約されている方はチェックしてみてください。

関連記事

3大キャリアが今春に実施する既存プランの改定内容。月額料金と主なサービス。旧プランと新プランの比較。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329