今春3大キャリアで見直しが実施された旧料金プランは新プランへの変更がおすすめ

風船

今春3大キャリアで見直しが実施された旧料金プランは新プランへの変更がおすすめ

総務省が進める携帯電話料金の低廉化のながれを受け、3大キャリアではオンライン専用20GBプラン開始以外に、いくつかの既存プランを見直しを行い新プランを開始しました。

見直しが行われて新しく開始された新プランは、従来プランより基本料金が安くサービス内容も多くが改善されています。

現在契約されている料金プランが今春から新しくなっている場合は、ぜひ料金プランの変更を検討してみてください。

関連記事

現時点で各通信会社が提供している小容量プランの料金比較。大手キャリア、サブブランド、格安SIMサービス(MVNO)の月額料金と高速データ通信容量。

今春から改定されている料金プラン

既存プランからの見直しが実施され、今春からサービスが開始された新料金プランは次のとおりです。

見直しが実施された料金プラン

旧プラン 新プラン
ドコモ ギガホ ギガホプレミア
5Gギガホ 5Gギガホプレミア
au データMAX 4G LTE 使い放題MAX 4G
データMAX 5G 使い放題MAX 5G
ソフトバンク ミニフィットプラン ミニフィットプラン+
メリハリプラン メリハリ無制限

どのプランも新プランのほうが月額料金が安く、サービス内容も良くなっています。

ドコモ「ギガホ」の改定内容

ドコモでは大容量プラン「ギガホ」が改定され、2021年4月1日から「ギガホプレミア」のサービスが開始されています。

大容量プラン(4G)

プラン名 ギガホ ギガホプレミア
提供開始 提供中 2021年4月1日
月額料金 7,865円

※2年契約時 7,678円

7,205円

※2年契約時 7,018円

割引など キャンペーンで高速データ通信量を30GB増量 データ通信量3GB以下の場合は1,650円割引
高速データ通信量 30GB(キャンペーンで60GB) 60GB
テザリング容量 高速データ通信量と共通
超過後の通信速度 最大1Mbps
データ繰越 なし

※2年契約の中途解約金は1,100円

大容量プラン(5G)

プラン名 5Gギガホ 5Gギガホプレミア
提供開始 提供中 2021年4月1日
月額料金 8,415円 7,315円
割引など キャンペーンでデータ容量無制限 データ通信量3GB以下の場合は1,650円割引
高速データ通信量 100GB(キャンペーンで無制限) 無制限
テザリング容量 高速データ通信量と共通 無制限
超過後の通信速度 最大3Mbps 制限なし
データ繰越 なし

d払いアプリ起動画面

4G・5G共に大容量プランの月額料金が、約600円から1,100円値下げされています。

今まではキャンペーンとして増量していた高速データ通信量も、ギガホプレミアでは基本料金に含む標準サービスに変更されました。

データ通信量が3GB以下の場合に割引が行われるのは、3キャリアの大容量プラン共通の改善点です。

auの改定内容

auは3月に大容量プランの内容が改定され、旧プランの受付も終了しています。

大容量プラン(4G)

プラン名 データMAX 4G LTE 使い放題MAX 4G
提供開始 受付終了 2021年3月1日開始
月額料金 8,415円

※2年契約時 8,228円

7,238円
割引 データ通信量3GB以下の場合は1,650円割引
高速データ通信量 無制限
テザリング容量 30GBまで
超過後の通信速度 スマートフォン本体での通信は制限なし

※テザリングで容量超過時 最大128kbps

データ繰越 なし

※データMAX 4Gの2年契約の中途解約金は1,100円

大容量プラン(5G)

プラン名 データMAX 5G 使い放題MAX 5G
提供開始 受付終了 2021年3月1日開始
月額料金 9,515円

※2年契約時 9,328円

7,238円
割引 5Gスタート割 12か月間1,100円割引 データ通信量3GB以下の場合は1,650円割引
高速データ通信量 無制限
テザリング容量 30GBまで
超過後の通信速度 スマートフォンの通信は速度制限なし

※テザリングで容量超過時 最大128kbps

データ繰越 なし

※データMAX 5Gの2年契約の中途解約金は1,100円

au PAY起動画面

auは大容量プランで2年契約の割引が廃止され、新プランでは4G・5Gで月額料金・サービス内容に差はありません。

月額料金は約1,000円から2,000円ほど値下げになっています。

ソフトバンクの改定内容

ソフトバンクでは大容量プランだけでなく、データ通信量によって段階式に料金が変化するミニフィットプランも改定されました。

段階式プラン

プラン名 ミニフィットプラン ミニフィットプラン+
サービス開始 提供中 2021年3月17日
月額料金
  • 1GBまで 4,378円
  • 2GBまで 6,578円
  • 5GBまで 8,228円
  • 1GBまで 3,278円
  • 2GBまで 4,378円
  • 3GBまで 5,478円
高速通信のデータ容量
超過後の通信速度 最大128kbps
データ繰越 なし

料金が切り替わるデータ通信量が一部変更されていて単純な比較はできませんが、月額料金は全体的に値下げされており約1,000円から2,000円程度安くなります。

関連記事

ソフトバンクの新料金プラン「ミニフィットプラン+」のサービス内容。旧プランからの変更点。ワイモバイルの料金プラン「シンプルS」との比較。

大容量プラン

プラン名 メリハリプラン メリハリ無制限
サービス開始 提供中 2021年3月17日
月額料金 9,328円 7,238円
割引 5Gの場合、5G基本料 1,100円を1年間無料 データ通信量3GB以下の場合は1,650円割引
高速データ通信量 50GB 無制限
テザリング 要オプション契約(月550円) 30GB (オプション契約不要)
超過後の通信速度 スマートフォンの通信は速度制限なし

※テザリングで容量超過時 最大128kbps

データ繰越 なし
その他 対象の動画・SNSサービスはノーカウント

メリハリ無制限は旧プランに比べ、月額料金が約2,000円下げらています。

また対象サービスのデータ通信量無制限(ノーカウント)ではなく、完全無制限の形に変更されました。

テザリングに関してはauと同様に30GBの制限が付きますが、オプション契約が不要になった分値下げになっています。

ソフトバンクのSIMカード

旧プランなら新プランへの見直しを

期間限定のキャンペーン割引(半年間の割引)などが適用されている場合は注意が必要ですが、基本的に旧プランから新プランに変更するだけで月額1,000円以上料金が下がります。

サービス内容も旧プランより良くなっており、同一キャリア内のプラン変更であれば2年契約の中途解約金なども発生しません。

料金プランの変更はショップに出向かなくても個人ページなどオンラインでも可能なので、改定前のプランを利用されている方はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が開始するオンライン20GBプランの比較。月額料金、サービス内容、オプション料金。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329