楽天モバイルがauエリアのデータ容量を5GBに増量

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイル公式サイトより

楽天モバイルがauエリアのデータ容量を5GBに増量

楽天モバイルは4月8日の正式サービス開始に合わせて、料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の改定を発表しました。

改定されたのはパートナー回線(auエリア)でのデータ容量と通信速度で、上限月5GB、超過後の通信速度が最大1Mbpsにアップしました。

ただし超過後の通信速度最大1Mbpsは4月8日からですが、データ容量5GBへの増量は4月22日からの適用なので注意してください。

楽天回線のエリアに関しては、引き続き容量無制限で利用できます。

関連記事

楽天モバイルが4月から提供開始する携帯電話サービスの概要。料金プランの詳細。無制限プランの条件。対応端末。

Rakuten UN-LIMITの概要

今回発表された料金プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」の概要は以下のとおりです。

Rakuten UN-LIMIT 2.0の概要

Rakuten UN-LIMIT 2.0 月額 2,980円(税抜)
使用回線 パートナーエリア(au回線) 楽天回線
データ容量 5GB 無制限
制限時の通信速度 最大1Mbps なし
通話(SMS) Rakuten Link(アプリ)使用でかけ放題

現状、楽天回線のエリアは限られているので、多くのユーザーはメインでau回線を利用することになります。

改定前はパートナーエリア(au回線)のデータ容量2GB、超過後の通信速度は128kbpsだったので、かなり使いやすい設定になりました。

また300万人を対象にした1年間無料キャンペーンも、引き続き実施中です。

au回線だけでも

通話などにアプリを使用する手間はかかりますが、通話かけ放題でau回線を5GBまで利用できることを考えると月額2,980円はかなり安い設定です。

データ容量超過後の通信速度も最大1Mbpsで、動画の視聴などを除けばある程度快適に利用できます。※あくまで最大なのでその点は注意が必要です。

改定前の上限2GB、超過後は最大128kbpsの速度制限から比べると、かなり改善されています。

青空と風船

デメリットとしては、楽天モバイルは同社で販売している端末以外で動作保証をしている端末の数が少なく、iPhoneも正式サポートはしていません。

現状は契約時に端末の購入とセットが基本になってくるので、初期費用が少しかさみます。

※いくつかのiPhoneで動作を確認されていますが楽天モバイルでは動作保証の対象外で、利用は自己責任になります。

ただ1年無料などキャンペーンを利用すればトータルでかなり安く利用できるのは間違いないので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

楽天モバイルの端末購入キャンペーンの詳細。キャンペーン対象機種。新規契約した場合の料金シミュレーション。キャンペーンを利用する際の注意点。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329