SIMフリースマホを購入・利用するときに抑えておきたい点

明石海峡大橋

SIMフリースマホを購入・利用するときに抑えておきたい点

電気通信事業法の改正で回線契約とセットにした大幅な割引が禁止されたことにより、メーカー公式サイトや家電量販店などでSIMフリースマートフォンを購入される方も増えました。

SIMカードの差し替えなど初期設定を自分で行う必要がありますが、価格的に割安だったり乗り換え(MNP)がしやすい等のメリットがあります。

ただ大手キャリアの店頭で購入する場合と違い、少しSIMフリースマートフォンに関する基本的な知識を抑えておく必要があります。

関連記事

格安SIM(MVNO)サービスとセット購入でSIMフリースマホを購入するメリット。電気通信事業法の改正内容。月額料金と端末価格の見方。

スマートフォンの対応周波数帯(バンド)

SIMフリースマートフォンを利用する場合、まず端末が利用するキャリア(通信会社)の周波数帯(バンド)に対応しているかの確認が必要になります。

※すべての周波数帯に対応する必要はありません。スマホが対応している周波数帯が多いほど使える範囲(エリア)が拡がるイメージです。

ただiPhone(アイフォン)やGoogleのPixel(ピクセル)、大手メーカーの日本国内モデルなら対応している周波数帯(バンド)数も多く、利用できないといったケースはほとんどありません。

各通信会社では動作確認できたSIMフリー端末の情報なども、公式サイトで発表しています。

SIMフリースマートフォン

ただし注意しないといけないのは海外モデル(輸入モデル)のSIMフリースマートフォンを購入する場合です。

海外モデルのスマートフォンの中には日本の主要な周波数に対応していなかったり、技適マークのない(日本国内では使用してはいけない)端末などもあります。

海外モデルの端末を利用する場合は、必ず対応周波数帯の確認をしてください。

※格安SIM(MVNO)サービスで販売されている海外モデルのスマートフォンは、動作確認が済んでいるものが取り扱われています。

※スマートフォンの対応周波数帯(バンド)は、端末のスペック表で確認できます。

各キャリアの周波数帯(バンド)

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天)の4G回線で使用している周波数帯(バンド)は、以下のとおりです。

キャリアの4G周波数

大手キャリアの4G周波数

総務省公式サイトより

  • ドコモ バンド1、バンド3、バンド19、バンド21、バンド28、バンド42
  • au バンド1、バンド11、バンド18/26、バンド28、バンド42
  • ソフトバンク バンド1、バンド3、バンド8、バンド11、バンド28、バンド42
  • 楽天モバイル バンド3

この周波数帯(バンド)と端末のスペック表にある対応周波数(バンド)を確認することで、端末がそのキャリアで利用できるかどうかがわかります。

下記はiPhone SE(第2世代)とPixel 4aのスペック表から対応周波数を抜き出したものですが、全てのキャリアで問題なく利用できます。

iPhone SEとPixel4aの対応周波数

SIMフリー端末 対応周波数(4G)
iPhone SE(第2世代) FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66)

TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)

Pixel 4a LTE: 対応バンド 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 66

5G端末のほとんどが、ミリ波のみ対応

5Gに関しても周波数の考え方は同じです。

下の表は各キャリアが5G(Sub6)で使用している周波数帯の表になります。

各キャリアの5G対応周波数帯

総務省公式サイトより

上記の表にはないですが楽天モバイルも5G(Sub6)のバンドn77を利用します。

※5G(ミリ波)に関しては4キャリアともにバンドn257が利用されます。

ただ現状5Gが利用できるエリアは一部に限られており、スマートフォンもSub6のみ対応しているものがほとんどです。

関連記事

現在3大キャリアが取り扱う5Gスマートフォンの「ミリ波」への対応状況。3大キャリアが販売中の5G端末一覧。4G周波数を5Gに転用した場合のメリット、デメリット。

通信会社で必要な手続き

また購入したSIMフリースマートフォンのSIMカードサイズが現在使っているスマートフォンと違う場合は、通信会社でSIMカードの交換手続きが必要になります。

通信会社によって異なりますが、だいたい約2,000円ほどの交換手数料が必要です。

※e-SIM対応端末で物理SIMを発行しない場合は、手数料が不要になる場合もあります。

SIMカードサイズ

SIMカードのサイズ

またau・ソフトバンクの場合はSIMカードサイズが同じでも機能が異なる複数のSIMカードがあって、交換が必要になってくるケースがあります。

※auの場合はau VoLTE対応・非対応、ソフトバンクの場合はSIMロックフリー端末用SIMなどがあります。

SIMカードの種類によっては現在契約している料金プラン内容に関わってくる項目もあるので、au・ソフトバンクでSIMフリースマートフォンを利用する場合は事前にショップで確認することをお勧めします。

ドコモ、楽天モバイルに関してはSIMカードサイズさえ合っていれば特に手続きは必要ありません。

自分でネットワーク設定(APN設定)などを行えば、基本的に問題なく使用できます。

オンライン専用プランとSIMロック

少し話は逸れますが、今春から開始されたオンライン専用プランに乗り換える場合、ドコモ・auに関してはSIMロックを解除する必要はありません。

ドコモのSIMロックがかかった端末はahamo(アハモ)でも利用できますし、auのSIMロック端末もpovo(ポヴォ)で利用できます。

※格安SIM(MVNO)サービスを利用する場合も、基本的にSIMカードの回線とSIMロックの通信会社が一致していれば、SIMロック解除をしなくても使うことができます。

SIMカード

ただしソフトバンクは例外で、ソフトバンクで購入したスマホをLINEMO(ラインモ)で利用する場合はSIMロック解除が必須になっているので注意が必要です。

LINEMO(ラインモ)に乗り換える場合は、必ず事前にSIMロックの解除を行ってから手続きをしてください。

※ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合もSIMロック解除が必要です。

関連記事

ソフトバンク・ワイモバイルで購入したスマートフォンのSIMロックを解除する手順。SIMロックの確認方法。必要な手続きと手数料。

キャリアで購入した端末もSIMフリー化できる

総務省が携帯電話会社の乗り換え(MNP)の簡便化を図っていることもあり、キャリア(通信会社)で購入したスマートフォンのSIMロック解除も、以前より比較的容易になっています。

公式サイトの個人ページ(My docomoなど)を利用し、オンラインなどで自分でロック解除手続きを行えば手数料もかかりません。

ただし一部ですがキャリアで販売されている端末の中には、キャリアに特化したモデル(対応周波数帯が少ない端末)があるので、スペック表などで対応周波数帯を確認してください。

AQUOSsense4

SIMロックは廃止の方向

今後スマートフォンのSIMロックは廃止される方向で動いており、今年度から来年度を目途にキャリアもSIMフリーで端末を販売する予定です。

現在も一括払いなど一定の条件を満たせば、キャリアでもSIMロックを解除した状態(SIMフリー)で端末を購入することができます。

各通信会社では乗り換え(MNP)をする利用者に対してキャンペーンなどの優遇措置が大きい傾向があるので、SIMフリー端末を上手く活用してください。

関連記事

ahamo(アハモ)への乗り換え(MNP)時にiPhone 11またはiPhone SEを購入した場合の初期費用の比較。直接ahamo(アハモ)に申し込む場合とドコモに一旦契約してahamo(アハモ)へプラン変更する場合の違い。
ahamo(アハモ)が他社からの乗り換え(MNP)時に実施しているポイント還元の内容。キャンペーンの適用条件・ポイント還元額。ahamo(アハモ)契約時の初期費用の例。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329