【iPhone】片手で使うときに便利な設定や操作

iPhoneSE2

【iPhone】片手で使うときに便利な設定や操作

iPhoneには画面表示・サウンド設定・操作方法などをカスタマイズできる「アクセシビリティ」という設定があります。

文字サイズの変更・オーディオ機能の調整・ショートカット操作の登録など、端末の使い勝手に直結する設定項目です。

普段よく行う機能やアプリなどを「AssistiveTouch(※ランチャー機能)」や背面タップに設定しておくと、片手でも操作がしやすくなります。

※下記操作や手順はiOS15.2で確認。

関連記事

iPhoneで片手操作時に指が届かないアイコン(アプリ)の操作の仕方。アイコンの並び替え方法・ウィジェットの追加手順。簡易アクセス機能の使い方。

アクセシビリティの設定

端末の操作方法などに関する設定は[設定]->[アクセシビリティ]->[タッチ]の項目にまとめられています。

アクセシビリティの設定

AssistiveTouch

AssistiveTouchはいわゆるランチャー機能で、登録してある操作などを数タップで実行することができる機能です。

設定をオンにすることでホーム画面上にアクセスボタンが表示されるようになります。

ボタンをタップしたときに表示されるメニューはカスタマイズ可能で、自分で作成したショートカットなども登録できます。

AssistiveTouchの設定

背面タップ

iPhone本体の背面をタップする(指で軽くトントンと連続で叩く)操作にも、各種操作の割り当てができます。

ダブルタップとトリプルタップにそれぞれ2種類の操作が登録可能です。

背面タップの設定

簡易アクセス機能

画面の上部など片手持ちだと指がとどかない場所を操作しやすくするために「簡易アクセス」という機能があります。

画面の下端を下にスワイプ(指紋認証があるiPhoneの場合はホームボタンをダブルタップ)すると画面表示を下に引き下げることが可能です。

簡易アクセス

簡易アクセス機能

独自ショートカットの作成

iPhoneは標準でインストールされているアプリに、自分でショートカットを作成する機能があります。

複数の操作手順をまとめて一つのショートカットとして作成することができ、上記のAssistiveTouchや背面タップにも登録可能です。

毎日定時に連絡する(電話・メッセージ)相手がいる場合など、ショートカットを作成しておくと便利です。

ショートカット作成手順

関連記事

iPhoneで特定の相手にワンタップで電話をかける専用ショートカットを作成する手順。ショートカットアプリの使い方。ホーム画面への設置・削除の方法。

使いやすくカスタマイズ

iPhoneで画面を保存する(スクリーンショットを撮る)場合、iOSの標準操作だとサイドボタン・音量ボタン・ホームボタンなどの同時押しが必要で若干面倒になっています。

AssistiveTouchや背面タップなどに「スクリーンショット」設定しておけば、片手操作で簡単に保存が可能です。

登録できる操作は豊富でかなり自由にカスタマイズできるので、ホーム画面を整理するときや片手操作がしづらいと感じたときなどに試してみてください。

関連記事

iPhoneでデュアルSIMを利用する際にサブ回線でおすすめの料金プラン。iPhoneのデュアルSIM・デュアルeSIM対応機種。povo2.0・日本通信・mineo(マイネオ)の特徴。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)