auデータMAXプランの値下げ内容とNetflixパックとの比較

スマートフォンとPC

auの大容量プランが値下げ

2019年1月17日、auより「データMAXプランPro」プランの値下げが発表されました。

現在、月額9,150円の利用料金を1,500円値下げ。2月1日より月額7,650円に変更し、テザリング容量(PCなどでの接続)も10GBプラスの30GBになります。

関連記事

3大キャリアの大容量通信プランの比較。各プランの月額料金と特徴。

変更点

今回「データMAXプランPro」で変更されるのは、以下の2点です。

  • 月額利用料金を9,150円から7,650円に値下げ
  • テザリングなどの月間データ容量上限が20GBから30GBに増量

いままでは他キャリアの大容量プランに比べると、「auデータMAXプランPro」はやや高い料金設定になっていました。

ただ今回の値下げにより他キャリアと同じくらいの料金になったことで、データ容量の上限がないauプランの使い勝手の良さが際立ってきます。

学割の金額は縮小

今回の値下げに合わせて「auデータMAXプランPro」で学割を利用したときの割引額が月額2,400円から月額2,000円に減額されています。

基本料金が1,500円下がっているので400円割引が減額されても、トータルで値下げになっていることには変わりません。

ただし「データMAXプラン Netflixプラン」の学割値引き額は月額2,400円のままなので、新規契約で料金を比較する時は注意してください。

学割の割引期間は1年間です。

学割適用例

現在「データMAXプランPro」で学割が適用された場合

月額8,980円(2年契約あり)が2,400円引きの月額6,580円※1年間

値下げ後の学割適用料金

月額7,480円(2年契約あり)が2,000円引きの月額5,480円※1年間

参考

「データMAXプラン Netflixプラン」で学割を適用した場合

月額7,880円(2年契約あり)が2,400円引きの月額5,480円※1年間

Netflixプランとの比較

auが提供しているもう一つの大容量プラン「データMAXプラン Netflixパック」との内容を比較します。

音楽ステージ

下の表では6か月以上利用することを想定して、2年契約ありのケースで計算しています。

※2年契約ありの場合、月額170円が割引されます。2年契約を中途解約した場合の違約金は1,000円なので、6か月以上利用すれば途中解約した場合でも2年契約ありの方が割安になります。

プラン名 月額料金 2年契約 通信量 備考
au データMAXプランPro 7,480円 あり 上限なし(テザリング30GB) 家族割2人の場合は500円引き
データMAXプラン Netflixパック 7,880円 あり 上限なし(テザリング2GB) 家族割2人の場合は1000円引き

Netflixベーシックプラン料金込み(月額800円)

※2年契約なしの場合は月額料金が170円アップ ※2年契約を中途解約した場合の違約金は1,000円

単純な月額料金は、Netflixパックと逆転しました。Netflix契約が不要な方、PCなどでテザリングを利用したい方はデータMAXプランProがお勧めです。

ただし家族割を利用適用する場合、人数が2人の場合の値引き額が500円(Netflixパックの場合は1,000円引き)と割引額が違う点は注意が必要です。

※3人以上の場合はどちらも1,000円引きです。

上限なしの使いやすさ

今まではauの大容量プランだと「データMAXプラン Netflixパック」のコストパフォーマンスが高く、動画配信サイトをよく利用される方などを中心に人気のプランになっていました。

ただ今回の値下げで「データMAXプランPro」の月額料金がほぼ同額になり、Netflixが不要だったりテザリング(PCなどでの接続)が多いユーザーは、こちらを選択する方も増えそうです。

他キャリアのプランに比べデータ容量の上限がない使い勝手の良さがあるので、特に月の通信量が多い方はチェックしてみてください。

関連記事

電気通信事業法の改正されたことによる携帯電話の料金への影響。改正の主旨と要点。具体的なユーザーへの影響。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329