ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える時に必要な手続き

ワイモバイル新料金プラン告知画像

ワイモバイル公式サイトより

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える時に必要な手続き

2021年3月17日からソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO(ラインモ)間の乗り換え時に、各種手数料を無料にするキャンペーンが実施されています。

MNP(電話番号をそのまま乗り換え)転出手数料も無料化されており、ソフトバンクブランド間の乗り換えがしやすくなりました。

話題のオンライン専用20GBプランの影響もあって携帯電話料金を見直す方が増えており、中でも料金が割安で店舗も利用できるワイモバイルが人気です。

関連記事

ソフトバンクでブランド間の乗り換え時に契約解除料・店舗手数料が無料になるキャンペーンの内容。移転元・移転元のブランドと無料化対象の手数料。

ソフトバンクでの事前の手続き

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合、ソフトバンク側で以下の手続きが必要になります。

  • MNP予約番号の取得
  • スマホのSIMロック解除(端末をそのまま利用する場合)

携帯電話とノートパソコン

どちらの手続きもソフトバンクショップ、My SoftBank(契約者の個人ページ)で行えます。

MNP予約番号の取得は電話でも可能です。

※MNP予約番号は取得日から15日間の有効期間があります

またソフトバンクのスマートフォンをワイモバイルで使う場合、端末のSIMロックの解除が必要です。

SIMロック解除はMy SoftBankから無料でできますが、ショップで解除してもらうと手数料が3,300円発生するので注意してください。

※動作確認済機種一覧がワイモバイル公式サイトで公開されているので、そちらも併せて確認してください

関連記事

ソフトバンク・ワイモバイルで購入したスマートフォンのSIMロックを解除する手順。SIMロックの確認方法。必要な手続きと手数料。

機種変更するならデータの移行準備

スマートフォンを新しくワイモバイルで購入する場合は、現在のスマートフォンに保存されているデータの移行準備が必要です。

icloud(アイクラウド)やgoogleドライブなどへ電話帳や写真データなどをネット上に保存しておき、新しい端末に復元できるようにしておいてください。

SNSやおサイフケータイなどを利用されている場合は、アカウントのパスワードや移行方法も確認しておくとスムーズに機種変更が行えます。

Androidスマートフォン

ワイモバイルでの手続きに必要なもの

ワイモバイルの契約手続き時には店舗・オンライン共に以下のものが必要になります。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード

オンライン手続きの場合は本人確認書類をスマートフォンなどのカメラで画像を撮影して送信(アップロード)します。

※ファイル形式 JPEG ファイルサイズ 5MB以内

クレジットカードでなく口座振替での支払いを希望する場合は、店舗または郵送での手続きが必要になります。

その場合はクレジットカードの代わりに通帳またはキャッシュカードと金融機関の届け印(印鑑)が必要です。

切り替え(開通)のタイミング

オンライン手続きの場合、SIMカードが手元に届いてから切り替え手続きを行います。

開通作業自体は10分もあれば済みますが、手元にSIMカードが届く数日間は元の通信会社(ソフトバンク)の回線を利用することになります。

店舗で手続きをする場合は、即日で開通可能です。

風船

料金の締め日に注意

ワイモバイルはサブブランドではありますが、基本的にソフトバンク本体とサービスは切り分けられています。

ワイモバイルへ乗り換えるとソフトバンクの家族割引き対象から外れ、家族間無料通話なども利用できません。

家族でまとめてソフトバンクを契約されている方は、適用されている割引などを確認して乗り換えを検討してください。

またソフトバンクでは解約月の基本料金は日割り計算されません(1か月分の料金を支払います)。

なので料金の締め日に合わせて解約(ワイモバイルを利用開始)すると、乗り換え時に余分な料金を支払わなくてすみます。

ソフトバンクの料金の締め日は10日・20日・月末の3種類あるので、My Softbank・契約書・ソフトバンクショップなどで確認可能です。

SIMカード

データ通信量が多いならLINEMO(ラインモ)も

ソフトバンクを利用していて料金の見直しを考えた場合、ワイモバイル以外にもLINEMO(ラインモ)という選択肢もあります。

月額2,728円で高速データ通信量が20GBあり、月のデータ通信量が多い方であればワイモバイルより割安です。

ただしLINEMO(ラインモ)は手続きなどがすべてオンラインになり、対面でのサポートが受けられません。

またワイモバイルと違ってYahoo!プレミアム会員の無料特典がなく、PayPayのキャンペーン時のポイント優遇も対象外です。

ヤフーやスマホ決済などの関連サービスをよく利用されている方は、そのあたりも含めて検討してください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)でYahoo!プレミアム会員を契約した場合と、ワイモバイルで15GBプランを契約した場合の料金比較。Yahoo!プレミアム会員の主なメリット。月額料金とサービス内容。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329