LINE Pay残高、LINE Payボーナス、LINEポイントの違いと使い方

LINE Pay公式サイト

LINE公式サイトより

LINEボーナスの使い道

2019年5月20日から、LINE Payで本人確認を行うことで1,000円相当の「LINE Payボーナス」をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

LINE Payでは現金でチャージするLINE Pay残高とLINE Payボーナスには若干違いがあり、従来のLINEポイントもあって、初めて利用する方にはすこし分かりにくくなっています。

今回は初めて使う方にもわかりやすいよう、LINE Pay残高とLINE Payボーナス、LINEポイントの違いを簡潔にまとめます。

関連記事

LINEアプリのセキュリティを強化するため、初期設定から変更した項目の備忘録。

LINE Pay残高は使い道に制限なし

LINE Payは買い物などをする場合、事前に現金をチャージして使う決済サービスです。

LINE Payにキャッシュカードや銀行口座から現金をチャージし、その金額がLINE Pay残高として取り扱いが行われます。

基本、LINE Pay残高はユーザーが現金をチャージしたものがメインなので、LINE Payの取り扱うサービスにおいて制限なしで利用できます。

手数料はかかりますが、チャージしすぎた現金を出金することも可能です。

ただし有効期限が5年(残高に増減(利用)があれば更新)に設定されている点には注意が必要です。

スマホとカード類

LINE Payボーナスは一部制限

CMなどでよくやっている期間限定キャンペーンなど20パーセントを超えるような大幅な還元が行われる場合、付与されるのがLINE Payボーナスです。

基本的に支払いなど通常の決済についてはLINE Pay残高と同様に使えますが、一方で出金ができないという制限があります。

有効期限が2年更新なし)とLINE Pay残高より少し短くなっている点にも注意してください。

LINE Payカードでは使えない

もうひとつLINE Pay残高とLINE Payボーナスの大きな違いとして、LINE Payカードでは使えないとうい点があります。

LINE Payカードは年会費など無料で誰でも発行してもらえるカードでJCB加盟店(オンラインなど)でもLINE Payを利用できるメリットがあります。

なのでJCBの決済のみに対応している店舗では、LINE Payボーナスを使えないことになります。

LINEポイントは残高にチャージ可能

LINEポイントのLINE payチャージ画面

LINEのサービスを利用したり、飲料水のキャンペーンなどでもらえるLINEポイントも決済に使えます。

LINEポイントは現在「1ポイント = 1円」換算でLINE Pay残高へチャージできたり、Amazonギフト券やナナコポイントとも交換ができます。

ただし有効期限が180日と短いので、ポイントが付与されてから早めに使用する必要があります。

期限にだけ気をつけて

LINE Pay残高とLINE Payボーナス、LINEポイントの違いをまとめると以下のようになります。

LIN Pay残高とボーナスの違い

現在LINE Payのアプリでは、LINE Pay残高とLINE Payボーナスが合算して表示されます。

LINE Payカード利用時に、アプリで表示されている金額の内訳がLINE Payボーナスだけだと残高不足で決済できないケースがあるので注意してください。

だだLINE Payカードで利用できない点を除けば、出金などの制限はありますがQRコード決済などにはLINE Pay残高とほぼ変わりなく利用できます。

有効期限が少し短く設定(更新なし)されているので、対応店舗で計画的に利用してLINE Payボーナスが失効しないようにだけ気をつけてください。

関連記事

初心者向けQRコード決済の基本 ソフトバンクとYahooが運営する決済サービス「pay pay」のCMで、スマホを使ったQRコード決済...
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329