LINEのセキュリティ強化のために変更した設定

LINEアプリ画面

LINEのセキュリティ設定を見直し

先日LINEの公式アカウントから、以下のトークが約15分の間に連続で14通届きました。

LINEログイン警告画面

14通はすべて同じ内容で、他の端末からアカウントへのログイン警告。

自分で他の端末からLINEにログインをした覚えはなく、どうやら他人が私のアカウントにアクセスを試みたようです。

トークによるとログイン自体は失敗していますが、さすがに気持ち悪いので改めてLINEの設定を見直しました。

そのときセキュリティ強化のため変更した設定などを備忘録として残します。初めてスマホにLINEをインストールする際など、よかったら参考にしてください。

関連記事

YouTubeのシークレットモードと通常モードの動作の違い。シークレットモードの使い方。

LINEの設定画面

LINEの各種設定は、友だちリスト画面から設定画面を呼び出せます。

LINEを起動したら友だちリストを表示させ、右上の歯車アイコンをタップ。すると設定画面に移動するので、ここから各種項目の設定を変更します。

LINEセキュリティ設定画面

改めて設定した項目

今回、ログイン警告の連絡を受け、改めてセキュリティ対策として設定した項目です。

アカウントのログイン許可のチェックを外す

自分のスマホ以外(パソコンやタブレットなど)からLINEにログインできないように、ログイン許可の設定をオフにします。

  • [設定]->[アカウント]から[ログイン許可]のチェックマークを外します。

パスワードの再設定

LINEにログインする際のパスワードを再設定しました。

万が一LINEアカウントが乗っ取られても他に被害が及ばないように、LINEだけで使うパスワードを設定します。

  • [設定]->[アカウント]から端末ロックを解除してパスワードを変更します。

LINEアカウント設定画面

元々変更していたもの

以下はLINEの初回インストール時に、セキュリティ強化のために設定を変更した項目です。

IDによる友だち追加を許可しない

他人がこちらのIDを利用して、相手の友だちリストに追加することができないようにします。

  • [設定]->[プライバシー管理]から[]Dによる友だち追加を許可]のチェックを外す。

友だち以外からのメッセージ受信拒否

広告メールなど、友だちに登録した人以外からのメッセージを受信できないようにします。

  • [設定]->[プライバシー管理]から[メッセージ受信拒否]にチェックを入れる。

友だち自動追加のオフ

端末の電話帳データの電話番号を使って、LINEの友だちリストへの自動追加をできないようにします。併せて他人が電話番号で友だち登録も不可にします。

  • [設定]->[友だち]から[友だち自動追加]、[友だちへの追加を許可]のチェックを外す。

LINEセキュリティ設定画面

スマホの置忘れ対策のための設定

自分のスマホを他人が勝手に操作して、LINEなどにアクセスするのを防ぐための設定項目です。

パスコードロックの設定

LINEアプリを起動するときにパスワードの入力を必須にします。ただし、アプリ起動の度にパスワードの入力が必要になるので、すこし使い勝手が悪くなります。

  • [設定]->[プライバシー管理]->[パスコードロック]

メッセージ通知の内容表示

メッセージを受信したときに表示される通知ポップアップに、トークの内容を表示させないようにします。

通知ポップアップはロック画面でも表示されるので、他人が誤ってメッセージの内容を見てしまうのを防げます。

  • [設定]->[通知]から[メッセージ通知の内容表示]のチェックを外す。

パスワードは絶対に使い回さない

最近LINEアプリにはバーコード決済なども搭載され、どんどん利便性が高まっています。

ただ便利になっている分だけ、その分アカウントの乗っ取りなどには充分注意が必要です。

セキュリティを考えるうえでは、万が一の事態が発生しても被害が最小限で済むように、同じパスワードの使い回しだけは絶対に避けてください。

関連記事

ツイッターのパスワード変更手順 2018年5月3日アメリカのツイッター社は、パスワード保管システムの不具合が発覚したことに伴い、利用者...
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329