無料wifi(ワイファイ)を使うとき知っておくべきリスクと対処法

ワイファイ

最低限知っておきたい無料wifiのリスク

最近、外国人観光客の増加も手伝い、駅、空港などの公共交通機関、街中や観光地などには無料で使えるwifiスポットが増えてきました。

外出先で高速な通信環境が利用できたり、スマホの通信量の節約に繋がったりと便利な反面、同時にセキュリティ面での弱さ危険性なども各所で指摘されています。

無料wifiは確かに便利ですが、セキュリティの観点から見ると、正直褒められたものではありません。安全に利用するために、最低限抑えておきたいポイントをまとめてみたいと思います。

通信傍受されると何が問題なのか

無料wifiを利用する際に、必ず頭に入れておかなければいけないのは、通信内容が傍受される危険性です。

具体的にどういった被害が報告されているのかというと、通信内容の盗聴SNSなどでの成りすまし銀行口座やクレジットカードの不正利用といったものがあります。

メールなどを覗き見られるだけくらいならまだいいですが(気持ちは悪いですが)、SNSで本人に成りすましされてオレオレ詐欺的な犯罪に巻き込まれたり、ネットショッピングを勝手に利用されたりといった被害もあります。

そして無料wifiなどでこういった被害を受けた場合、犯人が捕まらない限り自己責任で泣き寝入りになってしまうことが多いので注意してください。

セキュリティが甘い理由

通信内容が傍受されるリスクがあるのは家の無線LANなどでも同じなんですが、無料wifiの場合は不特定多数の人間が利用するためセキュリティがどうしても甘くなる傾向があります。

例えば通信を暗号化していても、利便性やコストの面からいくつかの暗号化キーを共有する(使いまわす)場合があります。複数であったとしても暗号化キーを共有するということは、当然解読されるリスクも生じてきます。

あともう一つ気を付けなければいけないのが、有名な無料wifiスポットになりすます手口です。公共機関が提供している無料wifiだと思って接続したら、実はまったく関係のない悪意ある第三者が設置したwifiだったというケースがあります。

この場合は暗号化通信していても関係なく、問答無用で通信が傍受されるので、くれぐれも身元がはっきりしない怪しいアクセスポイント(SSID)には接続しないでください。

海洋博物館

無料wifiを使うときのポイント

無料wifiを使ったら、即こういったトラブルに頻繁に巻き込まれるということは無いのですが、家の無線LANを使うよりかなりリスクが高くなっていることは意識してください。

なので利用する場合は、万が一通信が傍受されても大きな被害がないものに限ることが大切です。基本的には以下のことをお勧めします。

Webサイトの閲覧に限定する

基本的に通信を傍受されたとしても、個人が利用しているサービスのIDとパスワードが漏れなければ、あまり大きな被害にはなりません。ただ注意してほしいのは、動画サイトやWebメールなどでログインしっぱなしの状態になっている場合です。

そのままだと、IDとパスワードが読み取られるリスクがあるので、面倒ですが、一度ログアウトをしてからWebサイト閲覧するようにしてください。

ネットショッピングは利用しない

ショッピングサイトのID、決済パスワード、銀行口座、クレジットカードの情報は金銭的な実害につながってしまいます。無料wifiで接続しているときは利用しないことをお勧めします。

SNSは閲覧のみでブラウザから

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)もアプリを起動すると自動ログインする仕組みになっていることが多く、当然IDとパスワードを通信しているので注意してください。

利用する場合はWebで公開しているものの閲覧に限定し、アプリでなくブラウザから検索をかけて閲覧してください。

コイン

基本は契約回線での通信

外出先でネットを利用する場合、基本的には安全性を優先して、携帯電話会社などの通信事業者が提供する自分が契約している通信網を利用することをお勧めします。

低速通信モードに切り替えて使えば、通信量も節約できます。低速といっても、SNSなどで連絡をとるには充分です。低速通信なら追加で料金もかかりません。

無料であるサービスにはどうしても限界があります。自分の身は自分で守らないといけません。暇つぶしに動画投稿サイト見たりするには構いませんが、必ずログアウトしておいてください。リスクをきっちり抑えて、賢く利用してください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク