ツイッターのパスワード変更方法

スマホに表示したツイッター画面

ツイッターのパスワード変更手順

2018年5月3日アメリカのツイッター社は、パスワード保管システムの不具合が発覚したことに伴い、利用者にパスワードの変更を呼び掛けています。

不具合は既に修正済みで、現在のところ外部への流出なども確認されていません。

ただ一時的にパスワードが暗号化されていない状態の期間があった模様で、ツイッターを利用されている方は念の為、パスワードを変更しておくことをお勧めします。

関連記事

フェイスブックの集める個人データを確認 フェイスブック利用者の個人データが不正に流出していた問題で、アメリカではユーザーによるアカウン...

スマホからの変更方法

まずはツイッターのアプリを立ち上げて対象のアカウントにログインし、ユーザーアイコンをタップして設定メニューを呼び出します。

ツイッターアプリの設定メニュー

「設定とプライバシー」->「アカウント」->「パスワード」とタップ。

ツイッターアプリのアカウント画面

パスワード変更画面で、まず一番上の欄に現在のパスワードを入力。2段目に新しいパスワードを入力、3段目に再確認でもう一度新しいパスワードを入力。

全て入力が終わったら「パスワードを変更」をタップ。

ツイッターのパスワード変更画面

パスワードの変更が成功すると、アカウントに登録してあるメールアドレス宛にパスワード変更の連絡メールが届きます。

PCからの変更方法

任意のブラウザでツイッターの対象のアカウントにログインし、右上のユーザーアイコンをクリックして設定メニューを表示。

「設定とプライバシー」->「パスワード」をクリック。

PCのツイッター設定メニュー

パスワード変更画面で現在のパスワードを入れてから、新規パスワード、もう一度再確認で新しいパスワードを入力し「変更を保存」をクリック。

画面に表示されている携帯電話の登録に関しては任意で、登録をしなくてもパスワードの変更は行えます。

PCのツイッターのパスワード変更画面

スマホから変更した場合と同様、パスワードの変更が実行されると、登録してあるメールアドレスに確認メールが届きます。

パスワードを流用している場合はそちらも変更を

外部にパスワードが流出していた場合、アカウントの乗っ取り、成りすましなどの危険性が考えられるので、できれば早めに変更しておいてください

またツイッターで使っていたパスワードを、万が一他のSNSやサービスなどで利用していた場合は、そちらもパスワードを変更してください。

特に金銭が絡むものの場合は、早急に対応をしておいたほうが安心です。

関連記事

最低限知っておきたい無料wifiのリスク最近、外国人観光客の増加も手伝い、駅、空港などの公共交通機関、街中や観光地などには無料で使えるwif...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク