Xperia XZ2とXperia XZ1のスペック比較

Xperia Z2公式サイト

ソニーモバイル公式サイトより

フラッグシップモデル Xperia XZ2発売

ソニーモバイルコミュニケーションズの最新機種Xperia XZ2の取り扱いがauから発表されました。

auでの発売時期は5月下旬となっており、au Online Shop、auホームページなどでの予約の受付も開始されています。

Xperia XZ2はソニーの主力端末Xperiaの上位機種で、フラッグシップモデルらしい高い性能や機能が盛り込まれた魅力のモデルになっています。

前モデルにあたるXperia XZ1からどのような点が変更されているのか、スペックなどを比較し、違いなどをまとめてみます。

関連記事

wifi(ワイファイ)接続を2タップで切り替える スマホのデータ通信量を節約するために、自宅では契約している固定回線などを利用してwi...

Xperia XZ1とXperia XZ2の主要スペック比較

今回発売されるXperia XZ2とその前機種にあたるXperia XZ1の主な性能の違いをスペック表で比較してみます。

 Xperia XZ2Xperia XZ1
OSAndroid 8.0Android 8.0
CPU

Snapdragon845

2.8GHz×4コア

+1.8GHz×4コア

Snapdragon835

2.45GHz×4コア

+1.9GHz×4コア

メモリ(RAM)4GB4GB

保存容量(ROM)

64GB64GB
外部保存

microSD

microSDHC

microSDXC

最大400GB

microSD

microSDHC

microSDXC

(最大256GB)

ディスプレイ5.7インチ 

約5.2インチ

解像度1080 x 2160(Full HD+)1080×1920(Full HD)
バッテリー容量3060mAh2700mAh
カメラ

メイン 約1920万画素

フロント 約500万画素

メイン 約1920万画素

フロント 約1320万画素

サイズ約153mm×約72mm×約11.1mm約148mm×約73mm×約7.4mm
重さ198g約156g

Xperia XZ2での変更点

XZ1からの大きな変更点として目に付くのは以下の点です。

画面領域が大きく

外観で最初に目に付くのが画面サイズ。本体サイズはほぼ同じですが、画面サイズが5.2インチから5.7インチと表示領域が増えています。

表示領域が広くなるのは、そのまま作業領域の広さ快適性につながります。

本体サイズは同じだがやや重く

XZ1とXZ2の本体サイズは、ほぼ同じと言っていいサイズですが約40gほど重くなっている点は注意です。

たかだか40gですが、端末を手に持ったときの操作感は違ってきますので、そのあたりが気になるかたは実機を一度触っておいた確実です。

CPUがSnapdragon845

CPUはSnapdragon 835からSnapdragon 845へ正当進化。

ベンチマークなどの結果だとだいたい30%前後の処理速度の向上が期待できます。フラッグシップモデルとして申し分ない性能です。

ヘッドホンジャック非搭載

ヘッドフォン

外部端子の大きな変更として、Xperia XZ2ではイヤホンホンジャックが非搭載になりました。

有線イヤホンを使う場合は直接本体に接続するのではなく、USB Type-Cの端子に変換アダプターを介して接続することになります。

変換アダプターはXZ2本体に同梱されます。

インカメラの画素数が500万画素

カメラの性能についてはインカメラの画素数が減っている点は注意です。

他のカメラ機能(ハードウェア)についてはXZ1とほぼ同等。CPUが強化されている分、ソフトウェアの使い勝手などの向上などが期待できます。

各キャリア発売日

現在発表されているキャリアでのXperia XZ2の発売日程は以下の通りです。

 予約受付開始日発売日
ドコモ受付中2018年5月下旬以降発売予定
au受付中2018年5月下旬以降発売予定
ソフトバンク2018年5月18日 2018年5月下旬以降発売予定

高機能フラッグシップモデル

Xperia XZ2はCPUを正当進化させ、ディスプレイも5.7インチと大画面化。バッテリー容量も増え、ソニーのフラッグシップモデルらしい高機能な端末になっています。

特に新規でXperiaの購入を検討されている方には、お勧めできる端末です。ただ高機能端末なので、キャリアによりますが価格もそれなりに。

コスパ重視なら比較対象のXperia XZ1もまだ十分現役で使用できる性能があり、こちらを選択するのも全然ありです。

Android端末が初めての方でもXperiaならユーザーも比較的多く、国内メーカーであるソニーのサポートの安心感もあります。

新規でAndroid端末の購入を考えている方は、候補機種のひとつにぜひ。

関連記事

Androidの便利な基本機能 格安SIMのシェア拡大につれ、価格の安さで相性のよいAndroid端末を利用する利用者が増えてきていま...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク