ドコモの「いつでもカエドキプログラム」の内容

いつでもカエドキプログラムのロゴマーク

NTTドコモ公式サイトより

ドコモの「いつでもカエドキプログラム」の内容

ドコモより新しい端末購入サポートプログラム「いつでもカエドキプログラム」を2021年9月24日より開始することが発表されました。

従来の「スマホおかえしプログラム」から分割回数などが変更されていますが、2年後に購入するか返却するかを選択する基本的な仕組みはほぼ同じです。

ただし新プログラムでは早期返却時の支払い割引・購入後の支払い途中に返却が可能(残債が免除)など、2年後のタイミングに縛られずプログラムを適用しやすくなっています。

関連記事

ahamo(アハモ)・UQモバイル・ワイモバイルのiPhone 11販売価格。新規・MNP(乗り換え)・機種変更時の割引額。基本プランのサービス概要。

いつでもカエドキプログラムとは

「いつでもカエドキプログラム」はドコモが提供する端末購入をサポートするサービスです。

プログラム(分割払い)を利用してドコモで購入した端末を2年後に返却した場合、残っている端末代金の支払いが免除されます。

イメージとしてはスマートフォンの2年後の買取価格を、購入時にドコモが保証する感じです。

AQUOSsense4

支払いの具体例

本体価格105,500円のスマートフォンを購入して2年後に返却した場合、支払いは以下のようになります。

2年後に返却した場合の支払い額

いつでもカエドキプログラム支払いイメージ

  • 2年間の支払い額:57,500円(2,500円×23回)・残価額:48,000円が支払い不要

2年経過する前に返却した場合の支払い額

購入から2年が経過する前に端末を返却した場合も23回目まで支払いは必要ですが、端末返却後の支払額が減額されます。

早期返却した場合の支払いイメージ

プログラムで機種毎に定められている早期利用特典額(上記の例では月600円)が、23回目の支払いまで減額されます。

2年後に購入を選択して、残債の支払い途中で返却した場合

2年後に端末の購入を選択した場合、残価額を24回払いで支払います。

購入を選択した場合の支払いイメージ

  • 24回目以降の毎月の支払い額:月2,000円(48,000円÷24回)

また購入後の支払い途中に端末の返却も可能で、その場合は翌月以降の支払いが免除されます。

残価額・早期利用特典の割引額は機種毎に定められているので、購入時に確認が必要です。

最新端末を2年毎に

従来の「スマホおかえしプログラム」と基本的な仕組みは変わりませんが、2年後のタイミング以外でもプログラムを適用しやすいように改定されています。

残債の免除は端末の返却が条件になるので、旧機種を手元に残したい(購入を選択する)場合だと割引などは受けられないプログラムです。

ただしプログラム自体は無料で利用できるので、2年後の買取保証や分割払いの支払い額を抑えたい場合など機種変更の際にチェックしてみてください。

関連記事

ドコモ・au・ワイモバイルでのソニー「Xperia 10 III」販売価格と実施されている割引の内容。本体価格・割引額・キャンペーンなどの適用条件。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329