AQUOS ZEROのスペックと特長、AQUOS R2との違い

AQUOS ZERO紹介ページ

シャープ公式ページより

フラッグシップモデルAQUOS ZERO

シャープから2018年冬モデルとして発売予定のAndroid端末「AQUOS ZERO」の概要が発表されました。

AQUOS ZEROはシャープのフラッグシップモデルに位置付けられる端末で、有機ELを採用した高性能端末になっています。

今回はAQUOS ZEROのスペックや特徴、2018年6月に発売されたAQUOS R2との違いを比較します。

関連記事

Androidで使える無料の便利ツールやアプリ Androidスマホを使い始めるとき、まず最初にインストールしておくと便利なおすすめの...

AQUOS ZEROとAQUOS R2の主要スペック比較

今回発表が行われたAQUOS ZEROと前フラッグシップモデルにあたるAQUOS R2の主な性能をスペック表でまとめます。

※AQUOS ZEROについては2018年10月時点で発表されたものです。

 AQUOS ZEROAQUOS R2(SH-03K)
初期OSAndroid 9.0Android 8.0
CPU

Snapdragon845

Snapdragon845
メモリ(RAM)6GB4GB
保存容量(ROM128GB64GB
外部保存不明

microSDXC対応

最大400GB

ディスプレイ

約6.2インチ(有機EL)

約6.0インチ(液晶)

解像度

1440 × 2992(WQHD+)

1440 × 3040(WQHD+)
バッテリー容量3130mAh3130mAh
カメラ

アウトカメラ 約2260万画素

インカメラ 約800万画素

アウトカメラ 約2260万画素

インカメラ 約1630万画素

※動画専用カメラあり

本体サイズ約73×154×8.8mm約156×74×9.0mm
重さ約146g約181g

本体を146gに軽量化

今回AQUOS ZERO最大の特長は軽量化

現行、他社のAndroidのハイエンドモデルやシャープAQUOS R2の重量はだいたい200g前後。9月に発売された最新のiPhone XSが177g。

そのなかでもAQUOS ZEROは146gと最軽量。4.7インチサイズのiPhone 6S(約143g)と同じくらいの重量に。

マグネシウムボディと有機ELディスプレイの軽さを活かし、ハイエンドモデルでは破格の軽さを実現しています。

本体の重さは使い勝手に直結するので、AQUOS R2と比較しても大きな魅力になっています。

関連記事

wifi(ワイファイ)接続を2タップで切り替える スマホのデータ通信量を節約するために、自宅では契約している固定回線などを利用してwi...

RAMとROMを強化

CPUについては、AQUOS R2と同じSnapdragon845

ただしメモリ(RAM)が 4GBから6GB。保存容量(ROM)が64GBから128GBと大幅に強化。

RAMの6GBはアプリの複数起動時などの動作の快適性につながり、フラッグシップモデルらしい贅沢なスペック

SDカードなどの外部保存に関して現時点では不明ですが、ROMも128GBと一般的な使い方には充分の保存容量を確保しています。

基本性能についてはCPUこそ同じSnapdragon845ですが、RAMとROMを順当に強化したモデルになっています。

AQUOS ZEROプレスリリース

シャープ公式ページより

あとはAQUOS ZEROの価格

スマホの基本性能はすでに一般ユーザーにはオーバースペック気味で、現在、各社端末の差別化に試行錯誤しています。

そんななか、使い勝手に直結する本体の軽量化は大きなアドバンテージで、AQUOS ZEROはフラッグシップモデルらしい高性能を備えた魅力ある端末になっています。

6月に発売されたばかりのAQUOS R2と比較しても魅力ある端末で、シャープユーザーにとっては悩ましいところです。

ただし問題は販売価格。今回の発表ではAQUOS ZEROの価格については言及されていません。

現在AQUOS R2が3大キャリアで本体価格が約95,000円くらい(2年契約で通信量の割引を使って5万円前後)なので、その前後あたりが予想されます。

発売時期はこの冬以降が予定されており、今後価格も含めて注目です。

関連記事

SONY公式ページより フラッグシップモデル Xperia XZ3発表 ドイツ・ベルリンで開催されている「IFA 2018」において...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク