Xperia XZ3とXperia XZ2のスペック比較

Xperia xz3外観

SONY公式ページより

フラッグシップモデル Xperia XZ3発表

ドイツ・ベルリンで開催されている「IFA 2018」において、ソニーモバイルコミュニケーションズより最新機種Xperia XZ3が発表されました。

今秋以降、日本国内での販売が予定されています。

Xperia XZ3はソニーの主力端末Xperiaシリーズのフラッグシップモデルにあたるもので、今回は有機ELディスプレイ採用など、大きな変更が行われています。

前モデルにあたるXperia XZ2と比べ、どのような点が変更されているのか、スペックなどを中心に違いなどをまとめてみます。

関連記事

ソニーモバイル公式サイトより フラッグシップモデル Xperia XZ2発売 ソニーモバイルコミュニケーションズの最新機種Xp...

Xperia XZ2とXperia XZ3の主要スペック比較

今回発表されたXperia XZ3とその前機種にあたるXperia XZ2の主な性能の違いをスペック表で比較します。

スペック表

 Xperia XZ3Xperia XZ2
初期OSAndroid 9.0Android 8.0
CPU

Snapdragon845

2.8GHz×4コア

+1.8GHz×4コア

Snapdragon845 

2.8GHz×4コア

+1.8GHz×4コア

メモリ(RAM)4GB4GB
保存容量(ROM)64GB64GB
外部保存

microSD

microSDHC

microSDXC

microSD

microSDHC

microSDXC

ディスプレイ

有機EL

約6.0インチ

液晶

約5.7インチ

解像度1440 × 2880 (Q HD+)1080 x 2160(Full HD+)
バッテリー容量3330mAh3060mAh
カメラ

メイン 約1920万画素

フロント 約1,320万画素

メイン 約1920万画素

フロント 約500万画素

本体サイズ約158mm×約73mm×約9.9mm約153mm×約72mm×約11.1mm
重さ約193g198g

Xperia XZ3での変更点

XZ2からの大きな変更点として目に付くのは以下の点です。

  • 有機ELディスプレイ採用
  • 本体側面で操作ができるサイドセンス
  • フロントカメラの性能アップ

有機ELディスプレイ採用

今回のXZ3でハードウェア的に一番変わった点が、Xperiaシリーズ初の有機ELディスプレイの採用。

液晶から有機ELに変更されて、一番のメリットとしては本体の軽量化、薄型化と省電力

XZ2より画面サイズがアップしながら、XZ3では本体の重量はXZ2より軽く、厚みも薄くなっています。

また液晶に比べ省電力という強みがありバッテリー容量の増加も含め、電池の持ち時間は良くなりそうです。

ただし有機ELは、液晶に比べると直射日光下での視認性(見やすさ)やハードウェアの耐久性で及ばなかったり、画面の焼き付き問題といったデメリットもあります。

また現状、有機ELは液晶より高価なので、本体価格への影響がどのくらいなのか、価格の発表を待つ必要があります。

ゲーム機とスマホ

大画面化と操作性の両立を目指すサイドセンス

今回、個人的にもっとも気になっているのが新機能「サイドセンス」。

近年、スマホの大画面化に伴い、画面が広すぎて片手操作がしにくくなってしまう欠点があります。

その解決策として端末側面をスライド、タップでも本体の操作ができるという機能がサイドセンスです。

サイドセンスを見てまず最初に思い浮かんだのが、昔ソニーの携帯電話にあった「サイドジョグダイアル」機能。

ダイヤルだけで電話帳を操作、発信できる便利な機能で、当時ソニー端末の代名詞にもなりました。

「サイドセンス」は新機能なので未知数な面も多く、操作体系がこなれるにはまだ時間がかかるかもしれません。

ですが大画面スマホが抱える片手操作の問題を巧く解決できれば、今後Xperiaの代名詞になる可能性がある機能です。

フロントカメラの画素数アップ

XZ1からXZ2のときに、フロントカメラの画素数がダウンしたのですが、今回のXZ3では再び1,320画素に戻っています。

ビデオ通話や自撮りなどを頻繁に利用する際に、高画素化が期待できます。

ハード性能(基本スペック)はほぼ変わらず

基本的なハードの性能に関しては、CPUはSnapdragon845、メモリ(RAM)4GBとXZ2から変更なし。

バッテリー容量がやや増加している点以外はXZ2とほぼ同等になっています。

初期OSは、今夏リリースされた最新のAndroid 9.0。

XZ3の位置付けとしては、XZ2をベースに有機EL液晶、「サイドセンス」などの新機能を搭載し正統進化させたモデルになります。

ヘッドフォン

XZ2から着実に進化

今回のXperiaXZ3では有機ELディスプレイ採用やサイドセンス操作など、XZ1からXZ2のときに比べると大きく変化が。

フラッグシップモデルらしい高スペックと新機能を搭載した、意欲的なモデルになっています。

ただし基本性能に関して言えばXZ2とほぼ同等で、XZ2が今年5月に発売さればかりの端末でもあり、XZ2からXZ3への買い替えはあまり必要ないかと。

XZ1からXZ3なら、CPUが一世代進化、有機ELとバッテリー容量の増加で電池持ちの利点。

一方でイヤホンジャックの廃止(アダプターで利用可)、本体サイズが大きくなってしまう点を天秤にかける感じです。

ただ新機能「サイドセンス」はやはり目を引くものがあります。この機能だけで買い替えの価値が出てくるくらいの進化を、今後、注目、期待してます。

関連記事

Androidの便利な基本機能 格安SIMのシェア拡大につれ、価格の安さで相性のよいAndroid端末を利用する利用者が増えてきていま...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク