【Apple公式】整備済製品のiPad Wi-Fi 32GB(第6世代)が26,180円で販売中

Apple認定整備済製品の紹介ページ

Apple公式サイト(日本)より

【Apple公式】整備済製品のiPad Wi-Fi 32GB(第6世代)が26,180円で販売中

Apple公式サイトで販売されているApple認定整備済製品に、現在iPad(第6世代)が追加されています。

認定整備済製品というのはAppleによる再整備が行われた新古品で、Apple純正パーツの交換や徹底的なクリーニングと点検が行われた新品同様の端末です。

取り扱われるのは少し前の製品が中心ですが、価格が割安で1年間の製品保証も付いておりAppleCareなど保証サービスも利用できます。

※下記で紹介している価格は2021年6月16日時点のものです

関連記事

現行iPhoneのCPUベンチマーク結果一覧。CPU性能とOSサポート期間の関係。

最新モデルとの比較

iPad(第6世代)と最新のiPad(第8世代)主な性能を比較してみます。

iPad第6世代と第8世代の比較

  iPad(第6世代) iPad(第8世代)
CPU A10 Fusion A12 Bionic
保存容量 最大128GB 最大128GB
ディスプレイ 9.7インチ 10.2インチ
解像度 2,048×1,536(264ppi) 2,160×1,620(264ppi)
カメラ 8MP広角(f2.4)
Apple Pencil 第1世代に対応
本体サイズ 240×169.5×7.5mm 250.6×174.1×7.5mm
重さ 469g 490g
重さ(セルラーモデル) 478g 495g
SIMカード nano-SIM nano-SIM・eSIM
その他 Touch ID・Lightningケーブル
価格(税別) ※取り扱い終了 38,200円(Wi-Fiモデル・32GB)

iPad(第8世代)※2020年9月発売

ipad(第8世代)紹介ページ

Apple公式サイト(日本)より

iPad(第6世代)に搭載されているCPUはA10 Fusionで、最新モデルのiPad(第8世代)と比べると2世代前のCPUです。

タブレットなので全く同じではありませんが、iPhoneだとA10 Fusionがiphone 7、A12 BionicがiPhone XR・XSに搭載されており同じくらいのベンチマークスコアが出ています。

CPU性能とeSIM対応の点以外はだいたい同じような構成になっており、購入を検討する際は性能差と価格差を考慮する感じです。

整備済製品の価格

Apple公式サイトで販売されている整備済iPad(第6世代)とiPad(第8世代)の新品価格は次の通りです。

iPad(第6世代)Apple認定整備済製品の価格

iPad(第6世代) 32GB 128GB
Wi-Fi モデル 26,180円 34,980円
Wi-Fi + Cellular モデル 40,480円 49,280円

iPad(第8世代)の新品価格

iPad(第8世代) 32GB 128GB
Wi-Fi モデル 38,280円 49,280円
Wi-Fi + Cellular モデル 54,780円 65,780円

※2021年6月16日時点のApple公式サイトでの販売価格です

各モデル約1万2千円から1万6千円の価格差になっています。

SIMカード

新品同様の割安製品

いわゆる新古品で中古で販売されているiPadよりも少し高くなりますが、新品で購入する場合よりも10%以上割引して販売されています。

特に中古製品のバッテリーはある程度使ってみないと状態がわからないことも多いので、1年間の保証がついているのも大きなメリットです。

CPUの性能的にはiPad(第6世代)は少し前のものになりますが、普段使いには十分の性能があるので興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

ahamo(アハモ)・UQモバイル・ワイモバイルのiPhone 11販売価格。新規・MNP(乗り換え)・機種変更時の割引額。基本プランのサービス概要。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329