歴代iPhoneのCPUとベンチマーク比較

計器盤

iPhoneのCPU性能を比較

スマートフォンを購入する際に最も重視されるポイントのひとつにCPUの性能があります。

CPUはスマートフォンの頭脳にあたる部分で、端末の処理性能にダイレクトに影響をあたえる部品です。

またOS(スマホを動かすための基本ソフト)のサポート期間にも深く関連し、次の買い替え時期にも大きく影響する要素になります。

特にiPhoneは搭載されているCPUの性能などを知っておくと、機種選びなどがスムーズにすすめることができます。

※2021/06/03 ベンチマーク(性能検査)スコアを最新のものに差し替え

関連記事

Apple Oneを利用した場合と各サービスを個別で利用した場合の料金比較。各サービスの内容と月額料金。Apple MusicからApple Oneへ移行した場合の違い。

現行のiPhone

iPhone SE外観

Apple公式サイト(日本)より

現在アップル公式サイトで販売されている新品のiPhoneはiPhone XR以降のシリーズで、各通信会社などではiPhone 8なども取り扱われています。

2020年秋にリリースされたiOS14ではiPhone 6s以降の機種がサポート対象になっており、電池の消耗は問題になってきますが利用可能です。

関連記事

ahamo(アハモ)・UQモバイル・ワイモバイルのiPhone 11販売価格。新規・MNP(乗り換え)・機種変更時の割引額。基本プランのサービス概要。

各機種の搭載CPU

iPhone 5s以降に販売されたiPhoneに搭載されているCPUは以下の通りです。

iPhoneシリーズの搭載CPU

シリーズ 搭載CPU
iPhone 12 Pro Max
A14 Bionic※5G対応

iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 Mini
iPhone 11 Pro Max
A13 Bionic

iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone SE(第2世代)
iPhone XS max A12 Bionic
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X A11 Bionic
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus A10 Fusion
iPhone 7
iPhone SE A9
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus A8
iPhone 6
iPhone 5s A7

ちなみに2018年にリリースされたiOS12でサポートされなかったiPhone 5のCPUはA6です。

電池の問題はありますが2019年のiOS13のリリースまでiPhone 5sが使えると考えると、2013年の発売から約6年になります。

※2019年秋リリース予定のiOS13ではA9以降の機種がサポート対象。A8以前の機種はサポート対象外になりました。

※追記 2020年秋リリース予定のiOS14では引き続き、iPhone 6s以降の機種がサポート対象になっています。

各機種のベンチマーク結果

各CPUのベンチマーク(性能検査)結果の一覧です。下のベンチマーク結果はPassMarkのWebサイトから引用しています。

※PassMarkはオーストラリアのソフトウェア開発を手掛ける会社で、PCやスマホなど様々なベンチマーク結果をウェブサイトで公開しています。

ベンチマーク結果は日々更新されています。ベンチマークのスコアはあくまで目安です。

ベンチマーク結果一覧(1)

ベンチマーク結果一覧

ベンチマーク結果一覧(2)

ベンチマーク結果一覧

ベンチマーク結果一覧(3)

ベンチマーク結果一覧

PassMark公式サイトより

ベンチマークスコア抜粋

シリーズ 搭載CPU ベンチマークスコア
iPhone 12 Pro Max A14 7,904
iPhone 12 Pro A14 7,603
iPhone 12 A14 7,795
iPhone 12 Mimi A14 7,068
iPhone 11 Pro Max A13 5,095
iPhone 11 Pro A13 5,098
iPhone 11 A13 4,739
iPhone SE 2nd Gen A13 4,674
iPhone XS max A12 4,394
iPhone XS A12 4,569
iPhone XR A12 4,356
iPhone X A11 3,958
iPhone 8 Plus A11 3,846
iPhone 8 A11 3,876
iPhone 7 Plus A10 2,174
iPhone 7 A10 2,500
iPhone SE A9 1,877
iPhone 6s Plus A9 1,828
iPhone 6s A9 1,820

PassMark公式WebサイトのiOS CPU Mark Rating Updated 2nd of June 2021より抜粋

PassMarkのWebサイトでは機種毎の結果が表示されており、多少の差はありますがCPUが同じ場合はほぼ同等のスコアになっています。

長く使えるiPhoneのCPU

ベンチマーク結果はCPU性能を見る上で有効な指標ではありますが、実際の処理や動作には、メモリー(RAM)など他の要素も複合してくるのであくまで目安です。

ただiOSのサポート期間などを考える場合に、CPUは大きな区切りのひとつとなります。

値段とのバランスにもなりますがiPhone 8で大きくベンチマークスコアが跳ね上がっていることは、機種変更する際に覚えておいて損はありません。

スマホ買い替えなどの際にCPUをチェックしておくと、買い替え次期の目安も見え長く使える端末が選べるのでチェックしてみてください。

関連記事

大手キャリアのiPhone SEの販売価格と各種割引・ポイント還元の比較。各通信会社の特典の適用条件。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329