Androidのキーボードの切り替え方、背景などのカスタマイズ方法

Androidのキーボード

Android標準キーボードをカスタマイズ

スマホ使う際にキーボードの文字入力の快適さは、すべてのアプリに共通するので重要になってきます。

Android端末の標準キーボードは結構細かいところまで設定できるようになっており、少し設定を変更するだけで使い勝手が変わり、ユーザーの操作性が上がることも。

キーボードの設定変更はそんなに難しいものではないので、機会があればぜひ触ってみてください。

今回はAndroid標準キーボードの基本的な設定方法をまとめてみます。

※下記の内容はAndroid5.1、Android8.0で動作確認をしています。

※メニューアイコンからのテーマ設定呼び出しを追記。

関連記事

ホーム画面を機能的に スマートフォンの画面の大画面化、高性能化(詳細化)に伴い、以前よりホーム画面に多くのアプリのアイコンが置けるよう...

キーボードをGboardに変更

Android端末では初期設定のキーボードはだいたいAndroid標準のGbordが多くなっています。

ただメーカーによっては、初期設定されているキーボードがGbord以外の場合があり、その場合は変更が必要になります。

キーボードをGboardへ変更するには、任意のアプリなどで文字入力画面を出し、右下のキーボードボタンで変更します。

キーボードの切り替え方法

キーボード設定を呼び出す

Android標準のキーボード設定変更は「Google日本語入力設定」(※Android 8.0では「Gbord」の設定画面)という項目から行います。

Androidの設定メニュー、もしくはアプリなどでキーボード表示画面から設定画面を呼び出すことができます。

Androidの設定メニューから

設定」 -> ユーザー設定の「言語と入力」 -> キーボードと入力方法の「Google日本語入力

日本語入力設定画面

Android 8.0の場合

「設定」->(システム)->「言語と入力」->(キーボードと入力)「ソフトウェアキーボード」->「Gbord」->(Gbord設定画面)で設定を行います。

アプリなどの文字入力画面から

Google日本語入力設定は、文字入力画面から直接呼び出すこともできます。

何のアプリでもいいので文字入力キーボードを表示させ、左下の文字切り替えボタンを長押し

しばらく押したままにした後に指を離すと、メニューのポップアップが表示されるので「Google日本語入力設定」をタップ。

キーボードから設定メニュー表示

※Android 8.0の場合は指を離した時点でGbord設定画面に移動します。

アイコンからも各種設定が可能

キーボード上部に表示されているアイコンからも、各種設定の呼び出しが可能です。

アイコンからのキーボード設定よびだし

キーボードの種類を切り替える

キーボードの切り替えは「Google日本語入力設定」にある「キーボードレイアウト」の項目から行います。

※Android 8.0の場合はGbord設定画面の「言語」->(キーボードの言語とレイアウト)「日本語」

キーボードレイアウト

「Google日本語入力設定」 -> 「キーボードレイアウト」

キーボードレイアウト設定画面

Androidに標準でインストールされているキーボードは3種類あります。

ケータイ配列

ケータイ配列キーボード

QWERTY

QWERTYキーボード

Godanキーボード

Godanキーボード

スマホなので片手操作をメインに考えた場合、日本語入力で最初に設定されているケータイ配列から変更することはあまりないと思います。

ただ、英文やローマ字などで長文の入力をする場合は、QWERTYキーボードやGodanキーボードが重宝します。

キーボードの背景を変更する

Androidではアプリなどをインストールせずにキーボードの背景を変更することができます。

キーボードの背景を変えるには「Google日本語入力設定」にある「テーマ」の項目から行います。

※Android 8.0の場合はGbord設定画面の「テーマ」

テーマ機能を使えばスマホで撮った写真なども背景に設定できます。

テーマ

「Google日本語入力設定」 -> 「テーマ」 -> 「マイテーマ

背景設定画面

画像選択画面が表示されるので、キーボードの背景にしたい画像を選択し、画像の切り取り位置や明るさを指定して「完了」をタップ。

キーボードの背景設定詳細画面

最後に「キーの外枠」を表示させるかどうかを選択して「適用」をタップ。

キーボードの背景設定詳細画面

キーボードの背景にスマホなどで撮った写真を設定すると、こんな感じで表示されます。

キーボードの背景設定例

また標準で用意されている「カラー」「風景」といったテーマを壁紙にする場合も同じ手順になります。

キーボードのテーマ設定画面

メニューアイコンから

キーボード上部にメニューボタンを表示させている場合、「パレット」のアイコンをタップしてテーマ設定が呼び出せます。

アイコンからテーマ設定の起動

キーボードの表示位置を左右にずらす

最近のスマホの大画面化に伴い片手で操作をしやすいよう、キーボードの表示位置を左右に寄せて表示させる設定があります。

自分の利き手などに合わせてキーボードの表示位置を左右にずらすことができます。

片手モード

「Google日本語入力設定」->「キーボードレイアウト」->「片手モード」※Android 8.0の場合はGbord設定画面の「設定」->(レイアウト)「片手モード」

「オフ」「右手モード」「左手モード」の3項目のなかから任意のものを選択。

キーボードの片手モード

片手モードを選択すると、通常キーボードの横に設定メニューが表示されます。

キーボードの表示位置を調整する場合は設定メニューの一番下「ななめ矢印アイコン」をタップ。

片手モードキーボードのアイコン説明

キーボードの位置のガイドが表示されるので、タップしたままスライドして表示位置を調整し右の「チェックマーク」をタップ。

キーボード表示位置調整画面

文字入力の際に親指が届きにくい場合など、手の位置に合わせてキーボードの表示位置を移動させることができます。

キーボードの初期位置変更

自分の使いやすいようにカスタマイズ

上記以外にも「スライド入力の感度」や「キーの長押し時間」の調整項目があったり、結構細かいところまで設定できるようになっています。

キーボードの文字入力はスマホを使う上で利用頻度も一番高いので、できるだけ自分が使いやすいようにカスタマイズしてみてください。

関連記事

Androidで使える無料の便利ツールやアプリ Androidスマホを使い始めるとき、まず最初にインストールしておくと便利なお...
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329