Huluのメリットとデメリット、5年契約を続けているユーザーの本音

Hulu公式ページ

Huluの契約を続けている理由

VOD型(ユーザーが好きな時間に視聴できる)動画配信サービスがかなり定着してきて、最近ではAmazonプライムビデオ、dTVなど多種多様なサービスが展開されています。

動画配信サービスは各社様々な特色、おすすめのポイントがあり、私もいくつか無料期間も含めて試してきました。

私の場合はたまたまHuluに観たい作品が配信されていて、惰性も含めて利用していたら5年くらい続けていた感じです。

どういった点が理由でHuluの契約を続けているか、あくまで1ユーザーの本音としてまとめてみます。新規でHuluの利用を検討されている方の参考になれば幸いです。

関連記事

hulu公式ページより 今、視聴できるおすすめの海外ドラマ 最近、Amazonがプレミアム会員向けにサービスを始めたことなどもあり、...

HBO作品がコストパフォーマンスよく見れる

私は最初、海外ドラマがきっかけでHuluを契約し始めました。それまではCSや地上波の深夜などがメインの視聴方法でしたがやはり見逃したり録画の失敗があったり。

海外ドラマは1シーズン24話とか長いものも多く、視聴には結構な手間がかかるものでした。

hulu作品紹介ページ

Hulu作品紹介ページより

その点VOD形式なら配信期限などはありますが、録画などの必要が無くいつでも好きな時間に見れる。この使い勝手のよさにハマりました。

中でもHuluはアメリカのケーブルテレビ放送局HBOのドラマ作品の配信に強く、衛星放送よりも比較的安い料金で新しい作品が視聴できます。

近年ではゲーム・オブ・スローンズもいち早く配信され大ハマリしました。※ちなみにゲーム・オブ・スローンズは現在Amazonプライムビデオでも配信されています。

プロ野球巨人戦中継の開始

Huluは元々アメリカのサービスでしたが、2014年に日本での事業を日本テレビが買取って子会社化しサービスを引き継ぎました。

当時ユーザーのなかでは賛否両論あったのですが、日本テレビに経営が移って以降、Huluのコンテンツ数が増えていきます。

そのひとつとして、パソコン限定ではありましたがプロ野球巨人戦のリアルタイム中継が開始されます。

野球場

当時はVODには古い作品しか配信されないイメージがあったので、スポーツの生中継は嬉しい驚きでした。

ちなみに今年に入ってからHuluのリアルタイム配信のバージョンアップが実施され、BBCニュースやスポーツ中継をスマホやテレビでの視聴ができるようになっています。

孫からお爺ちゃんまで幅広いコンテンツ

日テレに運営が変わって以降、先ほど述べたプロ野球中継を初めとして幅広い年齢を対象とした多種多様なコンテンツが配信されるようになりました。

最近では邦画「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」シリーズといったやや高い年齢層に向けた作品や「アンパンマン」「きかんしゃトーマス」などの幼児向け作品が充実。

また自社コンテンツを活かし地上波で放送中の日テレドラマやアニメ、バラエティ番組の見逃し配信など。

以前のややコアなユーザー向けのサービスといった雰囲気はなくなっています。

動物園の象

VODの便利さに慣れて

現状、Huluで配信されているコンテンツは多種多様で、良くも悪くもごった煮のような感じになっています。

なので自分が今視聴している作品が無くても、家族の誰かが何かしら他の作品を観ている。子供がアニメを観ている。おじいちゃんが寅さんを観ている。

その間に自分も新たに観たい作品が新規に配信されるといったループに。

そうやっていくうちにVODの便利さ使い勝手のよさに慣れてしまい、地上波で気になった番組も視聴可能ならHuluで観るといった習慣が。

私の場合は5年も利用を続けるといった結果になりました。

リモコンひとつでテレビ視聴

あと長く続けている大きな要因として、テレビでの視聴が快適ということがあります。

私の場合はFire TV stickをテレビに挿してHuluを視聴していますが、リモコンのボタンひとつですぐに起動して動画の視聴が開始できる快適さは、他の機器にはない利点です。

FireTVstick付属品

これに関してはHuluというよりやVODサービスを利用するうえで全般的な話ですが、ぜひFire TV stickやAppleTV、chromecastといった機器を利用してみてください。

ダウンロード再生へ対応

現状、Huluでいちばん改善してほしい点は、ダウンロード機能、オフライン再生への対応です。

Huluには現在、動画のダウンロード機能はありません。なので動画を再生する間は常時ネットに繋がっている必要があります。

このため、電車などの移動時にネット接続環境が不安定な場合だと動画が途切れたり、自宅のwifi環境でダウンロードしておいて通信量を節約するといった使い方ができません。

NetflixやAmazonのようにダウンロードの回数制限や動画保存数の制限などをつけて、この点は対応してほしいところです。

※追記 2018/8からHuluもダウンロード機能が実装されました。

ごった煮のコンテンツが魅力

とりあえず現在、私はHuluの契約を続けています。今は観たい作品が溜まっており当面解約は考えてません。やや惰性な感じもかなりあるのは事実ですが。

VODサービスを選ぶ決め手は何より、自分が見たい作品があるかにつきるのですが、Huluの強みは良くも悪くも幅広いラインナップです。

このあたりは個人の好みが別れるところなので、無料期間を使って試してみてください。他のVODサービスも無料期間があるので、実際使ってみるのがわかりやすいです。

まあ個人的に今後も契約続けるかどうかは、とりあえずゲーム・オブ・スローンズの第7章を全部観終わったときにまた考えてみようかとおもいます。

そうやってズルズル5年くらい続いているのですが。

関連記事

課金時にはパスワード必須に このあいだのAmazonプライムセールで、新型のfireTVstickを購入しました。 動画配信サービス...
hulu公式ページより 配信中のおすすめアニメ 最近、hulu(フールー)のアニメの充実ぶりが目を見張ります。hulu全体でコンテン...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク