LINEMO(ラインモ)で利用できる端末の条件・SIMフリー端末を買うときのチェック点

AQUOSsense4

LINEMO(ラインモ)で利用できる端末の条件・SIMフリー端末を買うときのチェック点

LINEMO(ラインモ)では現在端末(スマートフォン)の販売が行われていないので、利用する端末を自分で用意することが必要です。

LINEMO(ラインモ)の公式サイトでは動作確認端末の一覧が公表されているので、契約前に手持ちのスマートフォンが対応しているかを確認します。

利用できる端末はSIMフリー(通信会社のロックがかかっていない)端末で、ソフトバンクの周波数帯(バンド)に対応していることが必要になります。

関連記事

オンライン専用20GBプランと段階式プランに家族割引きを適用したときの料金比較。各キャリアごとの主なサービス内容。

LINEMO(ラインモ)で利用できる端末

LINEMO(ラインモ)を利用する端末(スマートフォン)は、以下の条件が必要になります。

  • SIMフリー端末またはSIMロック解除済の端末
  • ソフトバンクの独自周波数帯(バンド)に対応

Android標準の時計ウィジェット

SIMロック端末は解除が必須

LINEMO(ラインモ)で利用できるのはSIMフリー(通信会社のロックがかかっていない)端末のみです。

ドコモ・auに限らずソフトバンクのSIMロックがかかっている場合も利用できません。

大手キャリアで購入した端末をLINEMO(ラインモ)で利用する場合は必ずSIMロックの有無の確認と、ロックがかかっている場合は解除手続きを済ませてください。

対応周波数帯

LINEMO(ラインモ)はソフトバンク回線を利用するサービスなので、端末がソフトバンクの周波数帯(バンド)に対応している必要があります。

大手キャリアの主要周波数帯(4G)

対応周波数帯の一覧

総務省公式サイトより

他キャリア(ドコモ・au)で購入した端末の場合、一部の機種ですがソフトバンクの独自周波数帯(バンド8など)に対応していないケースがあります。

共通の周波数帯があるので全く利用できないというわけでは無いのですが、場所によって繋がりにくいといったことが発生する可能性があるので注意してください。

対応周波数帯(バンド)はキャリア(通信会社)やメーカー公式サイトにある端末スペック表などで確認できます。

関連記事

SIMフリースマホの周波数帯(バンド)とキャリア回線の基本的な知識のまとめ。国内版と海外版の周波数帯の違い。3大キャリアの周波数帯。動作確認の方法。

動作確認端末の一覧

LINEMO(ラインモ)公式サイトでは動作確認端末の一覧が公表されています。

動作確認端末の確認方法

動作確認端末の確認方法

端末(スマートフォン)のメーカーとブランド(購入した通信会社)を選ぶと一覧が表示され、どの機能に対応している(利用できる)かを確認できます。

LINEMO(ラインモ)で動作確認ができていない端末に関しては一覧に表示されません。

SIMフリー端末を購入してLINEMO(ラインモ)での利用を考えている場合は、必ず購入前に一覧をチェックしてください。

他社から乗り換えの場合は注意

基本的にはLINEMO(ラインモ)公式サイトで発表されている動作確認済の端末を利用するのが安心です。

ただLINEMO(ラインモ)では現在端末の販売を行っていないので、SIMフリーなどの基礎知識がすこし必要になります。

特にSIMロックがかかっている端末に関してはSIMロック解除の手続きが必須になるので、忘れないようにしてください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GBプラン)とワイモバイルのシンプルプランS(3GBプラン)のサービス内容の比較。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329