LINEMO(ラインモ)で利用できる端末の条件・SIMフリー端末を買うときのチェック点

AQUOSsense4

LINEMO(ラインモ)で利用できる端末の条件・SIMフリー端末を買うときのチェック点

LINEMO(ラインモ)では現在スマートフォンの販売が行われていないので、利用する端末を自分で用意する必要があります。

利用できる端末はSIMフリー(通信会社のロックがかかっていない)端末で、ソフトバンクの周波数帯(バンド)に対応していることが条件です。

公式サイトにはスマホのメーカー名と購入したブランド(通信会社)で検索できる動作確認端末の一覧が公表されているので、契約前に必ずチェックしてください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GB)とpovo2.0(ポヴォ2.0)で3GB利用した場合の比較。サービス内容・料金・オプションサービス。

LINEMO(ラインモ)で利用できる端末

LINEMO(ラインモ)を利用する場合、端末(スマートフォン)が以下の条件を満たす必要があります。

  • SIMフリー端末またはSIMロック解除済の端末
  • ソフトバンクの周波数帯(バンド)に対応

Android標準の時計ウィジェット

SIMロック端末は解除が必須

LINEMO(ラインモ)で利用できるのはSIMフリー(通信会社のロックがかかっていない)端末のみです。

ドコモ・auに限らずソフトバンクのSIMロックがかかっている場合も利用できません。

大手キャリアで購入した端末をLINEMO(ラインモ)で利用する場合は必ずSIMロックの有無の確認と、ロックがかかっている場合は解除手続きを済ませてください。

※ロック解除手続きはどの通信会社もネットから無料で行えます。(ショップでやってもらうと手数料が約3,300円かかります)

対応周波数帯

LINEMO(ラインモ)はソフトバンク回線を利用するサービスなので、端末がソフトバンクの周波数帯(バンド)に対応している必要があります。

大手キャリアの主要周波数帯(4G)

対応周波数帯の一覧

総務省公式サイトより

LINEMOが(ソフトバンク)が使用している4G(LTE)周波数帯は、バンド1・バンド3・バンド8・バンド11・バンド28・バンド42。

他キャリア(ドコモ・au・楽天モバイル)で購入した端末の場合、ソフトバンクのバンド8に対応していないケースがあります。

共通の周波数帯があるので全く利用できないというわけでは無いのですが、使用場所によって繋がりにくいといったことが発生する可能性があるので注意してください。

対応周波数帯(バンド)はキャリア(通信会社)やメーカー公式サイト等にある端末のスペック表に記載されています。

関連記事

SIMフリースマホの周波数帯(バンド)とキャリア回線の基本的な知識のまとめ。国内版と海外版の周波数帯の違い。3大キャリアの周波数帯。動作確認の方法。

動作確認端末の一覧

公式サイトではLINEMO(ラインモ)で動作確認済の端末の一覧が公表されているので、そちらを利用することもできます。

動作確認端末の確認方法

動作確認端末の確認方法

端末(スマートフォン)のメーカーとブランド(購入した通信会社)を選ぶと一覧が表示され、どの機能に対応している(利用できる)かを確認できます。

ただしLINEMO(ラインモ)で動作確認がされていない端末に関しては、一覧に表示されません。

他社から乗り換えの場合は注意

基本的にはLINEMO(ラインモ)公式サイトで発表されている動作確認済の端末を利用するのが安心です。

iPhoneやソフトバンクで購入した端末であれば、ほぼ問題なく利用できます。※要SIMロックの解除

ただしAndroid端末の場合はソフトバンクのバンド8に対応しているかが要チェックになります。

他社からの乗り換え(MNP)でLINEMO(ラインモ)の利用を検討されている場合は、その点に注意してください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)で実施されている新規契約・他社から乗り換え(MNP)ユーザー向けキャンペーンの内容。主なサービス内容。キャンペーンの適用条件。PayPayボーナスの付与額・かけ放題オプションの割引額。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329