iPhone XS、XS Max、XRのスペック比較、違いと選び方

iPhone XR紹介ページ

Apple公式ページより

iPhone Xの後継機が出揃う

NTTドコモよりiPhone XRの販売価格が発表され、3大キャリアでのXRの販売価格が出揃いました。

3社とも税込みで10万前後の価格となっており、iPhone XS、XS Maxよりも少し安い価格に設定されています。

2018年10月26日に発売されるiPhone XRの登場で、アップル公式ストアで販売が終了しているiPhone Xの後継機3機種が出揃うことになります。

今回はiPhone XS、XS Max、XRの主なスペックや違い、選ぶポイントをまとめます。

関連記事

docomo公式ページより ドコモの格安iphoneプラン NTTドコモは、月額利用料金を1500円割引く料金プラン「docomo ...

iPhone XS、XS Max、XRの主なスペック

iPhone XS、XS Max、XRの主な性能を表で比較します。

 XSXS MaxXR

初期OS

iOS 12

CPU

A12

保存容量

(ROM)

64GB/256GB/512GB64GB/128GB/256GB
ディスプレイ

5.8インチ

(有機EL)

6.5インチ

(有機EL)

6.1インチ

(液晶)

解像度

2436×1125

458ppi

2688×1242

458ppi

1792×828

326ppi

バッテリー

連続通話

:最大20時間

インターネット

利用

:最大12時間

連続通話

最大25時間

インターネット

利用

:最大13時間

連続通話

最大25時間

インターネット

利用

最大15時間

カメラ

アウトカメラ

12MP×2(デュアル)

広角(F1.8)/望遠(F2.4)

インカメラ

7MP×1

(F2.2)

アウトカメラ

12MP×1

(F1.8)

インカメラ

7MP×1

(F2.2)

本体サイズ

143.6mm

×70.9mm

×7.7mm

157.5mm

×77.4mm

×7.7mm

150.9mm

×75.7mm

×8.3mm

重さ177g

208g

194g
その他

Face ID

ワイヤレス充電

FeriCa

価格

Appleストア

112.800円

(税別)

(64GB)

124.800円

(税別)

(64GB)

84,800円

(税別)

(64GB)

有機ELか液晶か

XS、XS MaxとXRの一番の違いは、有機ELディスプレイと液晶ディスプレイの違い。

特にXSは有機ELディスプレイの利点を活かし、3機種のなかでXSが最も薄型、軽量になっています。

また有機ELディスプレイはコントラスト表示能力が高く黒の発色が美しいことが利点です。

XRでも充分高詳細

またXS、XS Maxは458ppi(インチあたりのピクセル数)とXRよりも詳細な表示が可能に。

ただこれに関しては、XRも一般的に高詳細とされる300ppiを超えており、iPhone8と同等なので、充分ハイクオリティの美しいディスプレイです。

iPhone XS紹介ページ

ドコモ公式ページより

シングルレンズとデュエルレンズ

あとアウトカメラのレンズがXS、XS Maxが2つ(デュエル)、XRが1つ(シングル)と差があります。

XS、XS Maxは広角と望遠の2つのレンズがあることで画角の切り替え(風景を広く写す、被写体に寄って大きく写す)が可能です。

あとはズーム能力が、XS、XS Maxが2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズームに対し、XRは最大5倍のデジタルズームのみ。

特に画質の劣化が少ない光学ズームの有り無しは、カメラ機能にこだわる方にはポイントです。

ただ従来デュエルレンズ端末のみ装備されていた背景をぼかすポートレートモードは、XRでも使えるようになっています。

関連記事

Apple公式サイトより 2018年12月末で終了 昨年問題になったバッテリー状態によるパフォーマンス低下問題に伴い、Apple...

基本性能は同等

CPUはXS、XS Max、XRと共通で最新のA12。メモリ(RAM)容量などは公表されていませんが、基本的な性能はほぼ同等と考えられます。

意外だったのがバッテリー持ちで、消費電力で不利な液晶ディスプレイながらXRのバッテリー持ちが優秀な点です。

あと細かいところでは、防水性能がXS、XS Maxが2m防水に対し、XRが1m防水と若干差がつけられています。

iPhoneXRサンプル画像

au公式ページより

コストパフォーマンスの高いXR

基本性能に関してはほぼ差がないので、有機ELディスプレイにこだわりが無ければ、コストパフォーマンスの高いXRがおすすめ。

バッテリー持ちもXS、XS Maxと遜色なく、充分高性能で長くつかえる端末です。

ただカメラ性能にこだわりがあったり、ゲームなどで画面の反応速度を重視して有機ELが必要ならXS、XS Maxが対象に。

特にXSは3機種のなかで一番軽量・コンパクトになっている点はポイントです。

持ち運びよりも使いやすさを重視するなら、快適さに直結する画面サイズの大きいXS Maxになります。

いずれにせよ3機種とも最新のA12チップを搭載しており、今後のiPhoneの主力となっていく端末です。

関連記事

Apple(日本)公式ページより Apple公式アウトレット品 Appleは初期不良で返品された製品、展示品などとして使われたものを...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク