fire HD 10で最初に変更した設定の備忘録

fireHD10の付属品

初期設定から変更したもの

fire HD 10(Newモデル)を購入して、初期設定から変更した項目を備忘録としてまとめます。

前提として、タブレットの使用場所があまり速い通信速度の出る環境ではないので、Amazonを利用する際の利便性よりもそちらを考慮して設定を変更しています。

なので下記の設定を変更することによって、ユーザーの使い方によっては多少使い勝手が悪くなるものもありますので、利用状況によってカスタマイズしてください。

関連記事

fire HD 10(NEWモデル)を購入してみてわかったこと(レビュー)
はじめてのfireタブレット 先日(2017/10/11)発売になったfire HD 10(NEWモデル)を購入しました。 今までタ...

セキュリティ対策

セキュリティ対策としても変更しておいたほうがいいもの、子供が使用する場合などに誤課金を防ぐもの。

端末に表示される本名を消す

「設定」->「端末オプション」->「端末名を変更」

任意の名前を入力して「保存」をタップ。

コンテンツ、商品購入の際にパスワードの入力を必須にする

「設定」->「機能制限」

機能制限の項目をタップして、画面に従ってパスワードを設定する。

※設定内容によっては、端末操作をロックするので、必ずパスワードはメモなどを取っておいてください

※機能制限をONにすると、初期設定ではWeb、メールの閲覧、カメラ、SNSも制限されるので、以下の各項目を個別に制限解除してやる必要があります。

FireHD10機能制限設定画面

Web、メールの閲覧、カメラ機能の使用を許可する

「設定」->「機能制限」->パスワード入力->「Amazonコンテンツとアプリ」

「ウェブブラウザ」、「Eメール」、「カメラ」の項目を必要に応じて「制限なし」に変更する。

SNSの制限を解除する

「設定」->「機能制限」->パスワード入力

「ソーシャルネットワーク」の項目を「制限なし」にする。

Amazonストアへのアクセスを制限する

「設定」->「機能制限」->パスワード入力

「Amazonストア(ビデオ以外)」の項目をタップして「制限中」に変更。

時間を設定して、その時間は端末をパスワードでロックする

「設定」->「機能制限」->パスワード入力

「使用制限時間を設定」の項目をONにして、「使用制限時間のスケージュール」の項目で時間を設定する。

fireHD10の初期設定画面

任意以外の通信を減らす

動画の自動ダウンロード保存など、自分が意図しない通信を減らす項目。

ロック画面に表示されるキャンペーン情報を消す

「設定」->「アプリとゲーム」->「Amazonアプリケーションの設定」->「キャンペーン情報」

「ロック画面のキャンペーン情報」の項目をオフ。

アプリの使用状況データの収集を不許可に

「設定」->「アプリとゲーム」

「アプリの使用状況データを収集」の項目をオフ。

fireHD10の外観

Amazonアプリに関する設定

Amazonアプリで、初期設定から変更した項目。

標準ブラウザSilkの検索エンジンを変更する

「設定」->「アプリとゲーム」->「Amazonアプリケーションの設定」->「Silk ブラウザ」->「詳細設定」->「検索エンジン」

「Bing」、「google」、「Yahoo! JAPAN」から選択する。

AmazonビデオのOn Deck機能(おすすめビデオを自動ダウンロード)をオフ

「設定」->「アプリとゲーム」->「Amazonアプリケーションの設定」->「ビデオ」->「ストリーミングおよびダウンロード」

「On Deck」の項目をオフにする。

kindle本で他人が本につけたハイライトを表示させない

Fireタブレットでは初期設定でポピュラー・ハイライト機能がONになっています。

多くのユーザーが本のなかでハイライトした項目を自動的に表示させる機能なのですが、推理小説などの場合、ネタバレの可能性があるためオフ推奨。

「設定」->「アプリとゲーム」->「Amazonアプリケーションの設定」->「本」

「ポピュラー・ハイライト」の項目をオフにする。

日本語入力をフリック入力に変更する

キーボードを表示させて左下の「文字」を長押し(押しっぱなし)。すると「Fireキーボード メニュー」が表示されるので「キーボードタイプの切替」->「テンキーボード」を選択。

キーボード設定メニュー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク