LINE Payのマイカラーポイントが「LINEポイント」に変更されるとどう違うのか

LINE pay公式ブログ

LINE Pay公式ブログより

ユーザーへの影響

2019年11月1日からLINE Payのマイカラー制度で還元されるポイントが「LINE Payボーナス」から「LINEポイント」に変更されることがLINE公式サイトで発表されました。

マイカラー制度は利用額に応じてポイント還元を行うプログラムで、8月に還元ポイントがLINE Payボーナスに変更されたばかりですが、再び元のかたちに戻ることになります。

LINEポイントは、LINE Payボーナスと有効期限や利用範囲などが異なり、使い勝手も違ってくるので注意してください。

また現在行われているLINEポイントを他社サービスなどのポイントへ交換するサービスも2019年12月下旬に終了することが発表されています。

今回の変更でいままでとどう違ってくるのか、ユーザーへの影響などをまとめます。

※以下の内容は2019年10月8日時点のものです。

関連記事

LINE Pay残高、LINE Payボーナス、LINEポイントの違い。特徴や有効期限、基本的な使い方。

LINE PayボーナスとLINEポイントの違い

まずはLINE PayボーナスとLINEポイントの違いを表にしてみます。

LINE payポイント比較表

LINEポイントは有効期限が180日とLINE Payボーナスに比べて短くなっていますが、現在はLINE Pay残高に交換することで5年に伸ばすことができます。

LINE Pay残高はLINE Payボーナスより制限が少なく出金も可能なので、還元されるのがLINEポイントに変更されるのはユーザーにとってお得です。

関連記事

LINEポイントをLINE Pay残高にチャージして使える期限を延ばす方法。LINEポイントの特徴、LINE Pay残高にチャージする利点、チャージ手順。

LINE Pay残高交換は12月まで

ただ注意しておかなければならないのは、現在提供されているLINEポイントをLINE Pay残高へ交換するサービスは、2019年12月31日で終了します。

LINE Pay残高に交換できなくなっても、LINE ポイントをそのまま支払いに充当して使うことはできます。

ですが支払いのうち「LINEポイント」を使用した分は、マイカラー制度のポイント対象外です

ちなみにLINE Payボーナスの場合はマイカラーのポイントが付くので、この点は注意が必要です。

※LINEポイントをdポイント、nanacoポイントなどへ交換するサービスも2019年12月27日15:00に終了することが発表されています。

※Amazonギフト券やPontaポイントなどへの交換は、在庫状況によって上記より早期終了の可能性があります。

スマートフォン

ルール改定中

8月にマイカラーの還元ポイントがLINEポイントからLINE Payボーナスに変更されたばかりだったのですが、11月からはまた元の形に戻ります。

今後LINEポイントをLINE PayカードやQUICPay+で利用できるようにすることを予定されており、随時ルール変更も行われそうなのでユーザーは注意してください。

何にせよLINE Pay残高はLINEポイントに比べ有用性が高く有効期限も長いので、持っているLINEポイントはLINE Pay残高に交換するのがおすすめです。

関連記事

LINEアプリのセキュリティを強化するため、初期設定から変更した項目の備忘録。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329