Go To トラベルで配布される地域共通クーポンの概要

紅葉と山門

Go To トラベルで配布される地域共通クーポンの概要

10月1日以降に開始する旅行から東京も対象となり、本格運用が開始されるGo To トラベル事業では、国内旅行を対象に代金の50%相当額を国が支援します。

ただし50%の支援額のうち15%は地域共通クーポンとして配布され、旅行先の土産物店、飲食店、観光施設、アクティビティ、交通機関などで使用する必要があります。

クーポンの額面は千円単位でお釣りは支払われず、旅行期間中を過ぎると使えなくなるので注意してください。

関連記事

観光庁が先行で実施するGo To トラベル事業の内容。事業全体の概要と先行して実施される部分。支援額の具体例と利用方法。

旅行代金の15%をクーポン券で配布

Go To トラベル事業は国内の旅行代金の35%が割引(給付)され、15%がクーポン券で配布される制度です。

※クーポン券の配布は10月1日以降に開始する旅行から

1泊2万円の旅行商品を購入した場合だと支払額が13,000円(35%割引)になり、3,000円分の地域共通クーポン券を受け取れます。

もしクーポン券の額を計算する時に1,000円未満の端数が生じた場合は、四捨五入(端数が500円以上の場合は1,000円のクーポン券を付与)されます。

Go To トラベル事業での給付額

地域共通クーポンでの支援額

地域共通クーポン

地域共通クーポンの見本

国土交通省公式サイトより

使えるのは旅行中だけ

地域共通クーポン券が利用できるのは感染症拡大防止策を行っている登録事業者で、土産物店、飲食店、観光施設、アクティビティ、交通機関等多岐にわたります。

店頭など見やすい場所にステッカーやポスターが掲示されているので確認してください。

対象店舗に掲示されるステッカー

地域共通クーポン対象店舗のステッカー

国土交通省公式サイトより

ただし地域共通クーポン券には使用エリア(宿泊地(目的地)と隣接都道府県)と有効期限が設定されており、旅行期間中以外は使用できないので注意してください。

直接宿泊予約した場合も

旅行代理店などではGo To トラベル対象の旅行商品の販売が開始されており、基本的に利用者は購入するだけで手続きなども不要です。

また旅行商品でなくても、ホテルや旅館などに予約した場合の宿泊料金も支援の対象になります。※宿泊施設がGo To トラベル事業に参加している場合

まだ新型コロナウイルスの影響が残る状況ですが、日本旅行業協会が公表している「新しい旅のエチケット(観光庁協力)」なども併せてチェックしてみてください。

「新しい旅のエチケット」Ver2リーフレット

新しい旅のエチケット

一般社団法人日本旅行業協会公式サイトより

関連記事

厚生労働省がリリースした接触確認アプリのインストール手順。初期設定と基本的な使い方。アプリの特徴。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329