【2018年】有馬温泉の桜の開花状況

有馬温泉街の桜

今現在の桜の開花状況

有馬温泉は太閤秀吉が愛したことで有名な秋の紅葉のスポットですが、春は有馬川沿いの桜が満開になり花見のスポットとしても知られています。

現在(2018年3月28日)の有馬温泉周辺の桜の写真を撮ってきましたので、これから有馬で花見など予定されている方へ参考までに。

関連記事

温泉街から歩いて行ける桜スポット このところ急に暖かさが増し全国的に一気に桜の開花を迎えました。今週末から来週末にかけて花見の予定を組...

有馬川沿い遊歩道

有馬川沿いの遊歩道に植えられている桜は、やっと開花が始まったところ。満開までにはもう少し時間がかかりそうです。

有馬川遊歩道

2018年3月28日撮影

太閤橋脇の枝垂桜

神鉄の有馬温泉駅前にあるお土産物屋「吉高屋」さん裏手、太閤橋脇にある枝垂桜はほぼ満開。今日も多くの方が写真を撮られていました。

閤橋脇にある枝垂桜

2018年3月28日撮影

善福寺の糸桜

樹齢270年を超える善福寺の糸桜はすでに開花が始まっていて、現在3分咲きくらい。有馬川沿いよりは少し早く見頃を迎えそうです。

善福寺はやや奥まったところにあり初めてだと気づきにくい場所ですが、観光協会の並びにある阪急のバス乗り場から、歩いてすぐのところにあります。

善福寺の糸桜

2018年3月28日撮影

温泉寺境内

温泉寺の境内にある桜も有名ですが、こちらもまだ開花が始まったばかり。有馬川沿いと同じくらいのタイミングで満開を迎えそうです。

温泉寺境内

2018年3月28日撮影

愛宕山公園の梅は満開

現時点では桜はまだ咲き始めでお花見には少し早いですが、愛宕山公園にある梅林はちょうど満開を迎えています。

すこし階段を登る必要がありますが、湯泉神社の境内にある手水舎の裏手から、歩いてすぐの場所にあります。

愛宕山公園にある梅林

2018年3月28日撮影

8日に親水広場でさくら祭り

有馬温泉は山間に位置するため桜の開花がやや遅く、神戸の平野部より少し遅れた時期に満開の時期を迎えます。

2018年4月1日から4月15日の間、善福寺と有馬川沿いで日没から桜のライトアップ。

2018年4月8日は有馬さくら祭りが行われ、昼頃から有馬川の親水広場では屋台やステージでの催し物が行われますので、近くにお立ち寄りの際はぜひ。

追記 3月30日現在の開花状況

有馬川沿いの桜

ここ数日の暖かさで、有馬温泉周辺の桜の開花も進んできました。

川沿いの桜は木によってばらつきがありますが全体的には5分咲き程度。太閤橋脇の枝垂桜は引き続いて満開。

善福寺の糸桜は一気に開花がすすみ、満開の一歩手前。温泉寺境内は川沿いと同じく5分咲き程度。愛宕山公園の梅については満開を過ぎ、花びらが散り始めまていました。

追記2 4月1日現在の開花状況メモ

有馬川沿いの桜

有馬も暖かい日が続き、例年よりも早いペースで開花がすすんでいます。

有馬川沿いの遊歩道の桜もほぼ満開に。桜のトンネルが楽しめます。太閤橋脇の枝垂桜は引き続いて満開ですが、そろそろ散り始めの様子も。

善福寺の糸桜も一気に満開に。境内の桜のなかには一部散り始めたものも。温泉寺境内の桜もほぼ満開。

愛宕山公園の梅の花は、すでに半分ほど散っていました。

追記3 4月3日現在の開花状況

有馬川沿いの桜

有馬川沿いの桜は満開になり、見頃を迎えています。

太閤橋脇の枝垂桜はすでに半分ほど散ってしまい、葉っぱもやや目立つようになりました。善福寺の糸桜はやや満開を過ぎ、風が吹くと花吹雪が舞うようになっていました。

温泉寺境内の桜も満開を迎えて見頃です。

追記4 4月6日現在の開花状況

有馬川沿いの桜

有馬川沿いの桜は満開を過ぎ、葉っぱが目立つ状態に。

善福寺の糸桜はほぼ散ってしまい、見頃は過ぎてしまいました。温泉寺境内の桜も大分散ってきており、葉っぱが目立つ状態に。

関連記事

2019年の有馬温泉の桜の開花状況。今年の満開時期、見頃の予測。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329