国内旅行代金の50%を補助するGo To トラベル事業が前倒しで一部実施

電車のおもちゃ

国内旅行代金の50%を補助するGo To トラベル事業が前倒しで一部実施

観光庁は国内旅行代金の50%を補助するGo To トラベル事業のうち、一部を7月22日から前倒しで実施することを発表しました。

先行して実施されるのは旅行代金割引支援額の35%分の補助で、クーポン券による支援の15%分は不正利用対策などが必要なこともあり9月以降に実施される予定です。

令和2年7月22日以降の旅行が対象で、既に予約などが完了している場合は事後申請による還付も実施されます。

関連記事

厚生労働省、経済産業省、消費者庁は合同で公表しているウイルスの消毒・除菌方法に関する情報のまとめ。新型コロナウイルス対策としての消毒剤等の選び方や使用時の注意点。

Go To トラベル事業の概要

Go To トラベル事業は新型コロナウイルス感染症で大きな影響を受けている観光関連事業の支援策のひとつで、国内旅行を対象に旅行代金の半額が支援されます。

Go To トラベル事業のポイントは以下のとおりです。

  • 国内旅行代金の50%相当額を支援
  • 上限は一人一泊あたり2万円日帰り旅行については1万円
  • 支援のうち7割(35%)は旅行代金割引、3割(15%)は旅行先で使える地域共通クーポン
  • 連泊制限、利用回数の制限なし
  • 期間は約半年間を予定

Go To トラベル事業の支援額の内訳

Go To トラベルの支援金内訳

今回、7月22日から先行して実施されるのは旅行代金の割引(35%)の支援です。

支援額の例

観光庁では以下のような支援額の具体例を発表しています。

具体的な利用イメージ

具体的なキャンペーンの利用例

国土交通省公式サイト(観光庁ページ)より

2万円の一泊旅行商品だと、旅行代理店で1万3千円で購入して旅行先で使用できる3千円の地域共通クーポンを受け取るかたちになります。

5万円の一泊旅行商品の場合、支援を受けられるのは上限の2万円で、3万6千円で購入し6千円分のクーポンがもらえる計算です。

※ただし7月22日から先行実施されるのは旅行代金割引の分だけで、地域共通クーポンについては9月以降の実施なので注意してください。

キャンペーンの利用方法

Go To トラベル事業は旅行代理店や予約サイト、宿泊施設の予約システムなどを通じて旅行や宿泊の申込を行うことで、旅行代金の半額補助が受けられる仕組みです。

※一泊あたり最大2万円分の補助

各旅行代理店などがキャンペーンでの割引を適用した価格で販売(受付)をしてクーポンを配布します。

青空と風船

今後のスケジュールとしてまずは旅行代金の割引(クーポン分を除く35%)が先行して実施され、7月27日以降準備が整った事業者から割引価格での旅行商品の販売行われます。

利用者は既に割引された商品を購入する形になるので、別途手続きなどの必要はありません。

ただし今回の発表前に既に予約が済んでしまった分(7月22日以降の旅行)については、旅行後の申請が必要になります。

詳細についてはまだ未定で、観光庁は事務局の立上げ後に改めて手続きの方法などを公表する予定です。

国内観光業の支援事業

今回、先行して実施されるのは旅行代金の割引分(35%)ですが、旅行者にとっては通常時より大幅な割引が受けられます。

つい数日前にはJR東日本から新幹線の半額キャンペーンなども発表されており、国内旅行が普段よりかなり安く利用できる状況です。

ただ半年間はGo To トラベル事業が実施される予定で、地域共通クーポンを含めた事業の本格実施は9月以降でもあり、それから利用を検討しても充分に間に合います。

新型コロナウイルスの影響がまだ残る状況ですが、一般社団法人日本旅行業協会のホームページでは「新しい旅のエチケット(観光庁協力)」なども公表しているので、併せてチェックしてみてください。

新しい旅のエチケット

新しい旅のエチケット

一般社団法人日本旅行業協会公式サイトより

リンク

一般社団法人日本旅行業協会公式サイト 新型コロナウイルス感染症関連情報

http://www.jata-net.or.jp/virus/

関連記事

厚生労働省が開発を進めている接触確認アプリの概要。アプリの基本的な仕組み。実際の運用イメージ。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329