コンビニでのキャッシュレス決済時に即時2%還元

キャッシュレス・消費者還元事業公式サイト

キャッシュレス・消費者還元事業公式サイトより

キャッシュレス決済で実質2%引き

大手コンビニ3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)では、経済産業省が進めるキャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元2%分に関して、決済時に即時還元する方針が判明しました。

2019年10月1日以降コンビニでの買い物は、キャッシュレス決済を利用することで支払い時に実質2%分の割引が受けられる形になります。

キャッシュレス決済後にあとからポイントとして還元されるのではなく、決済時にその場でポイントを使用する形をとることで、ユーザーの利便性が高くなっています。

関連記事

QRコード決済を不正利用に対してユーザーができる防御策。チャージ方法を限定した場合のメリット、デメリット。クレジットカードと銀行口座で運用する場合の比較。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

キャッシュレス・消費者還元事業は、キャッシュレス決済の普及、推進の目的があり、ポイント還元を受けるためにはキャッシュレス決済を利用する必要があります。

ポイント還元の対象となるキャッシュレス決済は、電子マネー、クレジットカード、デビットカード、スマホ決済など幅広く設定されています。

消費者へのポイント還元期間は2019年10月から2020年6月までの9か月間になっており、消費税率引き上げに伴う景気対策としての意味も持つ事業です。

自分の好きなサービスを選ぶ

ペットボトルの水

今回ポイントを即時還元する方針を決めた大手コンビニ3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)では、すでに複数のキャッシュレス決済システムが導入されています。

それらの主なキャッシュレス決済は、ほぼこのキャッシュレス・消費者還元事業に登録を済ませており、ポイント還元の対象事業です。

ユーザーはその中から、どれでもひとつ自分が使いたいキャッシュレス決済を準備しておけば、ポイント還元を受けられます。

自分が利用する店のキャッシュレス決済を

10月からポイント還元が終わる2020年6月までの9か月間、コンビニでの買い物はできるだけキャッシュレス決済を利用するのがお勧めです。

キャッシュレス決済会社が行うポイント還元なども考えると現金払いとの差は大きく、普段よくコンビニを利用される方はぜひ検討を。

またコンビニに関しては2%ですが、中小・小規模事業者で登録しているところでは最大5%のポイント還元を受けられます。

もし自分が普段利用している店舗がキャッシュレス・消費者還元事業に登録しているなら、その店舗が対応しているキャッシュレス決済を確認して、ぜひ活用してください。

関連記事

2019年10月から予定されているキャッシュレス・消費者還元事業用にデビットカードを作成した流れ。デビットカードを選んだ理由。他の決済方法との違いやリスク。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329