ニコンの50mm単焦点レンズと標準キットレンズのボケ方の比較

単焦点レンズ

単焦点レンズAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

初心者が一眼レフカメラを購入してカメラにはまってくると、もれなくセットで新しいレンズが欲しくなってくるといった特典(罠)がついてきます。

財布にあまり優しくない特典ですが、「このレンズを使えば、こんなに美しい写真が撮れる。」という悪魔のささやきに、多くの人が沼へと足を運ぶ結果に。わたしもそのパターンで単焦点レンズを買いました。

私が購入したのはAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G という単焦点レンズ。f1.8という夜にも強い明るいレンズが欲しかったとか、単焦点レンズの利点であるコストパフォーマンスなど色々な理由があったのですが、やはり最大の購入動機は美しいボケ。

カメラを趣味にされてる方で、単焦点レンズって実際どうなんだろうと購入を悩まれている方もいるかと思います。そんな方に、一緒にレンズ沼に引きずり込むために、購入を検討されるときの判断材料のひとつとして撮影サンプルを上げてみます。ニコンの標準でセット販売されているキットレンズと単焦点レンズのボケ方の違いを比較してみました。

撮影機材

  • ニコン D5500
  • AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 2 (ダブルズームキット同梱レンズ)
  • AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition ※外観が違うだけです) (単焦点レンズ)
 元の撮影データはファイルサイズが大きくなるので、このブログのflickerページで公開しています。大きいサイズの画像を確認されたい場合はこちらでどうぞ。

開放値で単焦点レンズとキットレンズを比較

キットレンズの設定値は、望遠側の55mm、F値は開放値(f5.6)になっています。単焦点レンズは50mm、開放値(f1.8)で撮影しています。実際にどの程度ボケ方が違うのかを比べてみました。

ちなみに私の持っているD5500はAPS-C機なので、AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの実際の画角はフルサイズ換算(35mm換算)すると、50mmの1.5倍、75mmになります。いわゆる中望遠になるので購入を検討する場合は注意してください。標準より少し狭い画角になります。FXフォーマットレンズなのでフルサイズ機の場合は50mmの画角になります。

狭いピントと美しいグラデーション

まずはピント位置からの距離によるボケ具合がわかりやすい被写体で撮影してみました。ボケ方に加えてF値が小さいときのピントが合う距離の範囲の狭さもわかりやすいと思います。

ノートパソコン

ノートパソコンのキーボードを約30センチくらいの距離で撮影しました。ピントは手前から2列目の”A”のキーに合わせています。キットレンズのほうは手前からゆるやかにボケが始まり、”F”のキーのあたりから判別しづらくなっています。一方単焦点レンズののほうは、いきなり次の”S”キーのあたりからボケが始めています。

キットレンズ

ノートパソコン

単焦点レンズ

ノートパソコン

色鉛筆

色鉛筆もだいたい30センチくらいの最短撮影距離に近いところで撮影しています。少しピントが甘くなってしまいましたが、ピントは両方とも一番手前の赤い色鉛筆に合わせています。色味が加わると、さらにボケによるグラデーションの美しさが引き立ちます。

キットレンズ

色鉛筆

単焦点レンズ

色鉛筆

単焦点レンズ特有のボケで被写体を際立たせる

あと単焦点レンズの強いボケは、背景を溶かして余計な情報を消すという使い方があります。構図などはバッチリなのに被写体の後ろに余計なものがあるときなど、思いっきりぼかしてわからないようにしてしまうこともできます。

紫陽花

ピントは中央の一番手前にある白い花に合わせています。ボケ方を比べるために開放で撮影してますが、単焦点レンズのほうは少しボケすぎですね。

あじさいのようにある程度大きさがあり、奥行がある被写体で全体にピントを合わせたい場合は、少しF値を絞る必要があります。

(関連記事) 神戸市立森林植物園でひたすら紫陽花の写真を撮る

キットレンズ

あじさい

単焦点レンズ

あじさい

太閤像

有馬温泉にある太閤像を撮影してきました。後ろにある信号機や看板の文字を見比べるとボケ方の違いが解かりやすいです。

単焦点レンズの場合、ある程度背景との距離があると綺麗にボケて(文字なども読めなくなって)くれるので、写真にあまり必要のない背景の余計な情報を減らしてくれます。そのおかげで、メインの被写体がより目立つ(浮かび上がる)効果が期待できます。

キットレンズ

太閤像

単焦点レンズ

太閤像

銘玉とよばれるAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

単焦点レンズとキットレンズではそもそも使えるF値が違うので当然といえば当然の結果なのですが、単焦点レンズをつかうとやっぱりガンガンに気持ちよくボケてくれます。

ただ元々キットレンズは、初心者が一番やってしまいがちなピンボケの失敗を減らす意味もあり、そんなにボケないような設計になっているので、一概に良い、悪いという話ではないので、あしからず。

私がボケが好きというだけで、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 2もユーザーの評価が高いですし、画角も使いやすく良いレンズですよ。

あくまで写真のボケ好きの意見として割り引いては聴いて欲しいんですが、単焦点レンズかなりおすすめですよ(悪魔のささやき)。大丈夫、大丈夫、飛行機とか野鳥撮りの望遠レンズとか20万とかざらだし、それに比べたら全然、全然。まだまだ沼は浅いです、・・・たぶん。

Amazonリンク

関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク