シャープ「AQUOS zero6」の各キャリアの販売価格と対応周波数帯

AQUOS zero6紹介ページ画像

シャープ公式サイトより

シャープ「AQUOS zero6」の各キャリアの販売価格と対応周波数帯

楽天モバイルよりシャープ「AQUOS zero6」を2021年10月14日に発売することが発表されました。

軽さと快適さをコンセプトにしたAndroid端末で、約146gと軽量ながら5G対応・6.4インチディスプレイ・大容量バッテリーと一通りの機能が揃ったスマートフォンです。

既に先行してauとソフトバンクが販売を開始しており、大手キャリアではドコモ以外すべてで取り扱いが行われます。

※価格は2021年10月12日時点のものです。

関連記事

ソニー「Xperia 10 III」と「Xperia 10 III Lite」の基本性能の比較。各機種の対応周波数帯(バンド)一覧。

AQUOS zero6の主なスペック

AQUOS zero6の主なスペックは次のとおりです。

主なスペックの比較

AQUOS zero6
発売 2021年10月
初期OS Android 11
CPU Snapdragon 750 5G
メモリ(RAM) 8GB
保存容量(ROM) 128GB
ディスプレイ 6.4インチ(有機EL)
解像度 2,340×1,080(フルHD+)
バッテリー容量 4,010mAh
本体サイズ 約158×73×7.9mm
重さ 約146g
5G sub6・ミリ波対応
アウトカメラ
標準 4800万画素(f/1.8)
  広角 800万画素(f/2.4)
  望遠 800万画素(f/2.4)
インカメラ 1260万画素(f/2.3)
FeliCa おサイフケータイ対応
指紋認証 あり
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X

AQUOS zero6外観

搭載されているSnapdragon 750 5Gは最新のハイエンドモデルには及びませんが、ミドルスペックのなかでも上位に位置する性能です。

メモリ(RAM)8GB・保存容量(ROM)128GBと余裕のある構成で、普段使いには十二分の性能があります。

特徴はその軽さと性能のバランスで、約146gの軽量ながら5G対応・6.4インチディスプレイ・大容量バッテリーと主要な機能をしっかり抑えた使い勝手のいいスマートフォンです。

価格と対応周波数帯

各キャリアのAQUOS zero6販売価格と対応周波数帯は次のとおりです。

  • AQUOS zero6 SHG04(au)71,585円
  • AQUOS zero6(ソフトバンク)74,880円
  • AQUOS zero6(楽天モバイル)69,800円

AQUOS zero6の対応周波数帯

4G(LTE) 5G
au版 1・3・8・18・41・42 n28・n77・n78
ソフトバンク版 1・3・8・18・41・42 n3・n28・n77・n78・n257
楽天モバイル版 1・2・3・4・5・7・8・12・17・18・38・41・42 n3・n28・n77・n78・n257

※n3・n28は4G周波数帯の5G転用

4G(LTE)周波数帯の主要バンドには共通して対応しており、ソフトバンクと楽天モバイルのモデルは5Gのミリ波(n257)にも対応しています。

ただし3機種すべてドコモのバンド19・バンド21・n79(5G)の周波数帯には対応しておらず、ドコモやドコモ系の格安SIM(MVNO)を利用する場合は少し注意が必要です。

※端末を使用する地域によっては繋がりにくかったり、ドコモの「瞬速5G」(4.5GHz部分)に非対応等。

大手キャリアが使用する周波数帯

大手キャリアが利用する主要周波数帯は次のとおりです。

4G(LTE)

キャリアの4G周波数帯一覧

5G

キャリアの5G周波数帯一覧

総務省公式サイトより

n77・n78・n79がsub6、n257がミリ波と呼ばれる周波数帯です。

上記表にはありませんが、楽天モバイルの5G通信はn77を利用します。

※5G(ミリ波)に関しては4キャリアともにn257が利用されます。

対応バンドの確認

2021年10月以降に発売される端末は原則SIMロックが禁止され、どこのキャリア(通信会社)で購入した端末でも他のキャリアのSIMカードを挿して利用できるようになりました。

ただしキャリアで販売されているスマートフォンの中には同じ機種でも、対応している周波数帯が異なっている場合があります。

キャリア共通で利用している周波数帯があるので端末がまったく使えないわけではないのですが、場所によっては繋がりやすさや通信速度の面で違いが出るのですこし注意が必要です。

auのSIMカード

ただ一方でキャリアで購入する場合、独自の補償サービスや端末購入サポートプログラムが利用できたりポイント特典などのキャンペーンも多く、ショップなら初期設定なども全てやってもらえます。

SIMフリー端末をメーカーや家電量販店で購入するか通信会社で購入するかを迷った場合は、そのあたりのメリットなども含めて検討してみてください。

関連記事

シャープのAndroidスマートフォンAQUOS sense6と前モデルAQUOS sense5Gのスペック比較。AQUOS sense6で強化されている点。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329