ZenFone Max (M1)のスペックや特徴、ZenFone 4 Maxとの違い

ZenFone Max (M1)紹介ページ

ASUS公式サイトより

大容量バッテリーAndroid端末

ASUS社より、AndroidスマートフォンZenFone Max (M1)の発売が発表されました。

発売日は2018年9月21日で価格は2万2800円(税別)になっており、公式ショップでは予約受付も開始されています。

ZenFone Max (M1)は、手頃な価格と大容量バッテリーが売りのASUS社Maxシリーズの最新機種にあたり、今後格安SIMなどでもセット販売などが期待されます。

今回はZenFone Max (M1)の主要なスペック、前機種にあたるZenFone 4 Maxとの違いなどをまとめます。

関連記事

ASUS公式サイトより Android端末の人気シリーズ 2018年5月15日、ASUSから新型Android端末「Zenfone ...

ZenFone Max (M1)の主なスペック

ZenFone Max (M1)の主要なスペックをZenFone 4 Maxと比較して表でまとめます。

 

ZenFone Max (M1)

(ZB555KL)

ZenFone 4 Max

(ZC520KL)

初期OSAndroid 8.0Android 7.1.1
CPUSnapdragon430Snapdragon430
メモリ(RAM)3GB3GB
保存容量(ROM)32GB32GB
外部保存

microSD

microSDHC

microSDXC

最大2TB

microSD

microSDHC

microSDXC

(最大256GB)

ディスプレイ5.5型(液晶)5.2型(液晶)
解像度

1,440×720ドット

(HD+)

1,280×720ドット

(HD)

バッテリー容量4,000mAh4,100mAh
カメラ
アウトカメラ

 1,300万画素 (メインカメラ)

 800万画素 (2ndカメラ)

インカメラ

 800万画素

アウトカメラ

 1,300万画素 (メインカメラ)

 500万画素 (2ndカメラ)

インカメラ

 800万画素

本体サイズ約147.3mm×約70.9mm×約8.7mm約150.5mm×約73.3mm×約8.7mm
重さ約150g約156g

ZenFone Max (M1)での変更点

CPU、メモリ(RAM)といった基本スペックは4 Maxと同じ。ただ初期OSはAndroid 8.0とひとつ新しいバージョンに変更になってます。

またバッテリー容量自体は若干下がっていますが、カタログで確認するとWi-Fi接続・連続待受けなどの本体稼働時間はZenFone 4 Maxよりも長く改善

SDカードの最大容量も2TBに増加、2ndカメラの画素数もアップと、ZenFone 4 Maxと基本スペックは同じですが、OSや本体サイズ、バッテリー持ちなど順当に進化をしています。

また外観的にはディスプレイが5.5インチと少し大きくなったにも関わらず、若干ですが本体サイズがすこしだけ小さく

カラーはバリエーションは3種類で、ディープシーブラック、サンライトゴールド、ルビーレッドの3色が用意されています。

ZenFone Max (M1)のカラーバリエーション

ASUS ZenFone Shopサイトより

普段使いに充分な機能と手頃な価格

ZenFone Max (M1)は、この価格帯の端末として充分なコストパフォーマンスがあり、格安SIMなどのエントリーモデルとしても、おすすめのスマートフォンです。

最新の3Dゲームなどの利用が目的でなければ、通話やSNS、Webや動画の閲覧などには充分のスペックで、大容量バッテリーの恩恵は使い勝手のよさに直結します。

ただCPUなど基本性能は昨年末発売のZenFone 4 Maxと同じなので、わざわざ買い替える必要はなさそうです。

この2機種で迷った場合は、Android8.0の搭載や、本体サイズ、バッテリー持ちなどの改善点を価格差と天秤にかけて選ぶ感じになります。

関連記事

Androidの便利な基本機能 格安SIMのシェア拡大につれ、価格の安さで相性のよいAndroid端末を利用する利用者が増えてきていま...
Amazon.co.jp商品ページより 人気G6のエントリーモデル モトローラ社よりAndroidスマートフォンMoto G6 ...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク