Xperia Ace III・AQUOS wish・arrows Weのスペック比較

Xperia Ace III 外観

Xperia(エクスペリア)公式サイトより

Xperia Ace III・AQUOS wish・arrows Weのスペック比較

ソニーはAndroidスマートフォン「Xperia Ace III(エクスペリア エース マークスリー)」をドコモ・au・ワイモバイルの3社から発売することを発表しました。

※2022年6月中旬に発売予定。

Xperiaのエントリーモデルの位置付けされる端末でCPUにSnapdragon 480を採用し、軽量でコンパクトながら大容量バッテリーを搭載した使い勝手の良い端末です。

Snapdragon 480を搭載した端末では先行してFCNTが「arrows We」・シャープが「AQUOS wish」を発売しており、基本性能はほぼ同じくらいになっています。

関連記事

auのAndroidスマートフォン「AQUOS wish(SHG06)」(シャープ)と「arrows We(FCG01)」(FCNT)のスペック比較。主な端末の性能と違い。独自機能や特徴。

主なスペック

FCNT「arrows We」・シャープ「AQUOS wish」・ソニー「Xperia Ace III」の基本性能は次のとおりです。

主なスペックの比較

arrows We AQUOS wish Xperia Ace III
発売 発売中 2022年6月中旬
取扱キャリア ドコモ au・UQ ドコモ
  au・UQ ワイモバイル au・UQ
ソフトバンク 楽天モバイル ワイモバイル
※ドコモはwish2発売
初期OS Android 11 Android 12
CPU Snapdragon 480
メモリ(RAM) 4GB
保存容量(ROM) 64GB
SIM nanoSIM nanoSIM・eSIM DSDV対応※
microSD 最大1TBまで対応
ディスプレイ 5.7インチ(液晶) 5.5インチ(液晶)
解像度 HD+(1520×720) HD+(1496×720)
バッテリー容量 4,000mAh 3,730mAh 4,500mAh
本体サイズ 147mm 147mm 140mm
  71mm 71mm 69mm
  9.4mm 8.9mm 8.9mm
重さ 170g 162g 162g
アウトカメラ 1310万画素(広角) 1300万画素(広角)
  190万画素(マクロ)
インカメラ 500万画素 800万画素 500万画素
5G sub6対応
防水・防塵 IPX5/8・IP6X IPX5/7・IP6X IPX5/8・IP6X
おサイフケータイ 対応
生体認証 背面に指紋認証 側面ボタンに指紋認証
FMラジオ機能 あり なし あり
イヤホンジャック 3.5mmイヤホンジャック搭載
本体価格※ 26,180円 26,180円 未定

※ドコモ版Xperia Ace IIIはnanoSIMのみ。

※本体価格は2022年5月11日時点のauオンラインショップ価格。

AQUOS wish外観

aquos wish外観

シャープ公式サイトより

3機種ともSnapdragon 480・RAM4GB・ROM64GBと差はなく、基本的な性能はほぼ同じです。

ただし対応する周波数帯(バンド)は同じ端末でも販売するキャリアによって異なることがあるので、利用する通信会社(キャリア)から購入するのが基本になります。

※AQUOS wishはSIMフリーモデルの販売あり。

関連記事

スマートフォンの対応周波数帯(バンド)の見方。通信会社が利用している周波数帯の一覧。iPhoneやPixelの対応周波数帯。

デュアルSIMやカメラ機能に差

機能面で一番異なる点はnanoSIM・eSIMの対応で、SIMカードの2枚挿しやeSIMの利用を検討されている場合はXperia Ace IIIかAQUOS wishの選択になります。

ただarrows Weは唯一2眼レンズ構成で近接(マクロ)撮影ができたり、本体丸洗い可能や聞きやすいマスク通話モードなど、らくらくスマートフォンを手掛けるFCNTらしい機能が特色です。

arrows We外観

arrows

FCNT株式会社公式サイトより

あと細かい点ですがXperia Ace IIIは3機種のなかで他の2機種より若干コンパクトなサイズになっておりバッテリー容量が一番多いですが、画面サイズが若干小さいなどの差もみられます。

使い勝手の良いエントリーモデル

Snapdragon 480は一世代前のミドルレンジ並みの処理性能があり、5G対応も含め各機種とも一通りの機能が揃った使い勝手の良い端末になっています。

Xperia Ace IIIの価格は現時点で未定ですが他の2機種と同じくらいの価格帯が予想されており、通信会社のキャンペーン割引などを適用すればかなり安価に購入可能です。

ハイエンドモデルのような目立った機能はありませんが、コストパフォーマンスが高く普段使いには十分な性能があるので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

ドコモのAQUOS wish2(SH-51C)とauのAQUOS sense6s(SHG07)の比較。基本性能と特徴。国内の対応周波数帯(バンド)。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)