新型Fire TV StickとFire TV Stick 4Kのスペックと機能の比較

音声リモコン

Amazon公式サイトより

新型Fire TV StickとFire TV Stick 4Kのスペックと機能の比較

Amazonはテレビ等に接続して動画配信サービスなどが視聴できるストリーミング機器Fire TV Stickの新型モデルを発表しました。

2020年9月30日より発売が開始され価格は4,980円(税込)になっており、Amazon公式サイトで予約の受付も開始されています。

ノーマルのFire TV Stickとしては2016年9月にリリースされたFire TV Stick(第2世代)から4年振りの新モデルです。

関連記事

Paravi(パラビ)を実際に会員登録して2週間使った時点での感想。配信コンテンツの特徴。アプリの使い勝手。

スペックの比較

今回発表された新型Fire TV Stickと、2018年に発売された上位モデルFire TV Stick 4Kの主なスペックは以下のとおりです。

  新型Fire TV Stick Fire TV Stick 4K
CPU (不明)

※クアッドコア 1.7 GHz

MTK8695 + MT7668

※クアッドコア1.7GHz

GPU IMG GE8300 IMG GE8300
RAM (不明) 1.5GB DDR4
保存容量 8GB 8GB
映像 1080p(HD)、HDR、HDR10、HDR10+、HLG 4K Ultra HD、HDR、HDR10、HDR10+、HLG、Dolby Vision
出力 1080p、720p
最大60fps
2160p、1080p、720p
最大60fps
解像度 1920 x 1080 3840 x 2160
本体サイズ 86mm x 30mm x 13mm 108mm x 30mm x 14mm
重さ 32g 53.6g
出力端子 HDMI
対応している主な動画配信サービス Prime Video、YouTube、Netflix、TVer、GYAO!、U-NEXT、DAZN、Disney+、FOD、Apple TV+
価格(税込) 4,980円 6,980円

4K対応かどうか

新型Fire TV Stickに搭載されているCPUの詳細は現時点で不明ですが、どちらともクアッドコア1.7GHzとコア数、周波数ともに同じです。

GPU(画像処理チップ)もFire TV Stick 4Kと同じIMG GE8300が採用されています。

RAM容量がハッキリしていないのですが、ハードウェア的な処理性能はFire TV Stick 4Kとほぼ同じになっています。

Fire TV stick付属品

ただし新型Fire TV Stickは4Kでの出力には対応しておらず、その分2,000円の価格差になっているといった感じです。

単純に4K対応コンテンツを利用するかどうか、またFire TV Stickを接続するテレビ(機器)が4Kに対応しているかどうかが、選ぶ基準になります。

手軽にテレビ画面に出力

光回線の普及などもあってネット回線を利用した動画配信サービスを利用される方が増えており、家庭用テレビにも動画配信サービスの視聴機能を内蔵したテレビも増えてきました。

そういったテレビはリモコンなどがひとつで済み便利なのですが、その代わりテレビの利用年数を考えると何年かして性能が不足してくるリスクもあります。

別途テレビに機器を付けると電源が必要だったり、リモコンが増え操作がすこし煩雑にはなりますが、一方で機能が不足した場合や故障したときに対応しやすい利点があります。

fireTVstick

最近はテレビに接続するストリーミング機器も以前よりかなり安くなっており、なかでもFire TV Stickは手軽さとコストパフォーマンスでおすすめです。

2020年は10月にAmazonプライムデーの開催が予想されており、当然新型Fire TV Stickのセールも考えられるので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

課金時にはパスワード必須に このあいだのAmazonプライムセールで、新型のfireTVstickを購入しました。 動画配信サー...
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329