英語で道案内、とりあえず抑えておきたい英文10選

銅像

中学英語で道案内はできる

まず最初にある観光地で中国人の女性二人組に英語で道を尋ねられ、惨敗した話をすこし。その時のことを思い出しながら記事を書いているため、英語の言い回しなど細かいところは記憶が曖昧な点もあるのでご了承ください。

※回想の英文には間違っているところがあります

写真を撮影していると英語で

冬のある晴れた日、わたしがブログの記事に画像を載せるため、ミカン片手にああでもないこうでもないと写真撮影をしていると、40代から50代くらいのアジア系の女性二人組に声をかけられました。

「Excuse me.I want to go ○○(温泉施設).Do you know?」

道に迷った様子の二人

どうも二人は道に迷ったようで、わたしにメモを見せながら英語で話かけてきました。ただそんなに英語が得意ではない様子で、彼女たち二人は中国語で会話をしていました。

1月の寒空の下、ぶつぶつ言いながらミカンを撮影している怪しい男に道を尋ねるとは、なかなかチャレンジャーやなと心のなかで思いながら、メモに書かれていた地図を確認。

彼女たちに尋ねられた○○(温泉施設)は利用こそしたことはなかったのですが、おおよその場所とここから歩くと15分ほどかかる距離だとは知っていました。

みかん

手助けしたいのは山々だが

挙動不審ともとれる男に勇気を出して道を尋ねてきたのですから、できれば少しでも二人を手助けしてあげたい。ですが中国語は全くチンプンカンプン。英語も義務教育と英文のレポートが必要なときに、Webで検索しながら苦労して作文したことがある程度。

一応ミカンを撮影したあとの予定もあったので、どうしたものだろうと思案したところ一つの考えが浮かびました。「5分ほど歩いた観光案内所に、中国語を話せる人がいるんじゃないか。とりあえずそこに連れていって、あとはそこの職員に任せてしまおう。」

しかしそれを彼女たちに英語でどう伝えたらいいのか、単語が浮かばないし文章が上手く作れない。なんとか必死に絞り出して言ったフレーズが

「I’ll take you a travel information.Please follow me.」

苦し紛れの英語でしたが、なんとなくわたしが二人を案内しようとしていることは伝わったみたいで、「Oh thank you.」と彼女たちはわたしの後についてきました。

自分のなかの英語力を総動員

観光案内所につくまでの5分間、黙って歩くのもなんなので世間話でもしようと「How long do you stay?」とか自分の中の中学英語の知識を総動員して会話にチャレンジ。

彼女たちは上海からの旅行で2週間ほど日本に滞在しているそうで、あさってには飛行機で帰る様子。「どこが一番印象に残りましたか?」と聞きたかったのですが、頭に文章が浮かばない。仕方がないのでとりあえず「Do you like a mikan(みかん)?」と適当な質問をしてお茶を濁しました。

ポスト

その後、観光案内所に到着するまでに、途中の郵便局に入って絵葉書を買うのを待ったり、銅像の前でなぜか3人で写真撮影をすることになったり、気が付くと彼女たちと出会ってから20分くらい経過。結果として直接目的地の温泉施設へ案内するよりも時間を使ってしまいました。

まあ時間がかかったのは仕方ないとして、自分の英語力の無さを再認識させられる結果に。とりあえず「Have a nice trip.」(よいご旅行を)だけは自信があったので、敗北感を振り払う意味も込め、最後に目一杯の”R”の巻き舌発音とドヤ笑顔をかまして、彼女たちと別れました。

これだけでも知っていれば

前置きが大分長くなってしまいましたが、ここから本題。近年、観光などで来日される外国人が増えているせいか、観光地などを訪れたときに英語で道を聞かれた経験がある方も多いとおもいます。

そんなとき「Sorry, I can’t speak English.」と言ってしまうのも少し罪悪感があるし、相手が心のなかで「おまえ英語で答えてんじゃん」とツッコミを入れてるかもしれないと考えると夜も眠れない。

そんな思いをしないためにも、思い切って自分の英語を試してみませんか。最悪、単語の羅列だけでもコミュニケーションがとれるもんです。とりあえず交番の場所を教えてあげるだけでも、相手に喜ばれます。

道案内によく使う単語や定番の言い回しさえ抑えておけば、だいたいは対処できます。ということで、わたしが前述の道案内での惨敗のあと、家に帰って調べた単語、フレーズを10個の例文にまとめました。何かの参考になれば幸いです。

辞書

抑えておきたい例文10個

1.この地図でいまここにいます。

We are right here on this map.

2.この道を真っ直ぐ行って、二つ目の信号を右にまがってください。

Go straight this street and turn right at the second traffic light.

3.歩いて5分です。

It takes five minutes by walking.

4.気を付けてね。

Take care.

5.観光案内所に連れて行きます。

I’ll take you a tourist information office.

6.ついてきてください。

Please follow me.

7.ごめんなさい、このへんに詳しくないんです、でも交番ならわかりますよ。

Sorry, I’m a stranger here, but I can show you the way to a police box.

8.もう一度言ってもらえますか

Would you say it again?

9.どのくらい日本に滞在される予定ですか?

How long will you stay in Japan?

10.日本はどうでしたか?

How did you like Japan?

11.みかんは好きですか?

Do you like (satsuma) oranges?

観光地で異文化コミュニケーション

円安の影響もあり、全国各地の観光地は多くの外国人の方が訪れています。せっかくの異文化の人々とコミュニケーションをとれるチャンスです。ぜひ少しだけ勇気をもって、英会話にチャレンジしてみてください。

もし惨敗したとしても、ブログのネタ位にはなります。

関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 英語で道案内、とりあえず抑えておきたい英文10選 – ありまやま … 英語で道案内をするときに役に立つ、基本的な英文10選。観光地で英語での道案内に失敗した経験から、知っておけばよかったと感じた例文を紹介。(続きを読む) […]