神戸空港駅でも買える、地元民おすすめ電車1日乗り放題チケット

異人館

神戸観光に役立つ電車乗り放題チケット

神戸に観光で訪れる方におすすめの電車一日乗り放題チケットがあります。関西の鉄道・バス会社などが加盟するスルッとKANSAI協議会から販売されている「神戸街めぐり1dayクーポン」という商品です。

このチケットは地元民も利用する非常にお得なチケットです。実際にどういった点がお得なのか、チケットの内容や利用するとき注意点など含め、紹介してみたいと思います。

価格と電車乗り放題エリア

「神戸街めぐり1dayクーポン」の価格は950円で、購入当日に利用可能。以下の神戸市街地エリアの電車が乗り放題になります。

神戸エリア

スルッとKANSAIホームページより

観光クーポン700円分付き

「神戸街めぐり1dayクーポン」は一日電車乗り放題の乗車券ですが、お得な理由は観光クーポン(神戸街遊券)が700円分ついてくる点です。

観光クーポン(神戸街遊券)は異人館やポートタワーなどの観光名所やシティループバスの運賃にも使用できるクーポン券です。なので観光などの予定が決まっている場合は、この1dayクーポンが非常にお得になります。

神戸空港から三宮に出るには通常切符よりこちら

「神戸街めぐり1dayクーポン」の価格は950円。クーポンと一緒に神戸街遊券が700円分ついてくるので、実質250円で神戸市街地エリアの私鉄・市営地下鉄・ポートライナーが1日乗り放題になります。

とくに神戸空港を利用される場合、観光の予定がきまっているなら通常切符でなくこちらの購入をおすすめします。空港から中心地の三宮に出るにはポートライナーで330円かかるので、「神戸街めぐり1dayクーポン」を買った方がお得になります。

1dayクーポン

私鉄各沿線も乗り放題の拡大版

直接神戸ではなく大阪、京都などから神戸へ観光に訪れる場合には、各私鉄全線も一日乗り放題になる拡大版も販売されています。

京都、大阪方面から神戸観光に訪れる場合、値段は少し上がりますが神戸市街地エリアに加えて阪急全線が一日乗り放題になる阪急拡大版(1,750円)があります。

また梅田からの利用なら阪神全線が利用できる阪神拡大版(1,580円)などもおすすめです。

注意しておく点など

まず乗り放題になるのは神戸高速線(阪神、阪急、神鉄)・市営地下鉄・ポートライナーです。JRは対象外なので注意してください。神戸市街地エリアはJRと神戸高速線の駅が近いところも多いのでそんなに困ることはないですが。

また販売されているのは主要駅に限られているので注意してください。特に拡大版については、私鉄各社によって場所が異なるので事前に確認の必要があります。神戸エリア版は三宮駅(クーポン対象各社)、新神戸駅(市営地下鉄)、神戸空港駅(ポートライナー)などで購入できます。

また神戸空港やハーバーランドより西に観光の予定がない場合は、観光用のシティーループバスのほうが使い勝手がいいかもしれません。

バスなので多少時間は読めないところはありますが、観光地を重点的に周っていて各バス停で約15分間隔で運行。18時台でバスは終わってしまいますが、バスの1日乗車券は660円です。

神戸交通振興株式会社ホームページ シティーループバス紹介ページ

ループバス

「神戸に来うへん?」(神戸に来ませんか?)

神戸の市街観光で電車を利用する場合、非常にお得でおすすめの乗り放題チケットです。市街地めぐりなどされる際は「神戸街めぐり1dayクーポン」をぜひ利用してみてください。

ちなみに関西圏以外の地域の方にはわかりにくいですが、関西弁と一口にいっても、大阪弁、京都弁、神戸弁は微妙にちがいます。神戸に来られた際は、その言葉使いの違いを探してみても面白いかもしれません。

だだ関西において方言の話題は、非常にセンシティブな要素を含む問題なので注意してください。関西ではたとえ四半世紀にわたる親しい友人だったとしても、次の日からお互いに親の仇のような勢いで、昼ドラ顔負けの泥沼の戦いに発展する可能性があります。

神戸弁という呼び方もすでに「”兵庫弁”と呼ばず”神戸弁”という名称は神戸人の驕りだ」と県内からも糾弾される可能性を孕んでいます。くれぐれも気を付けましょう。

※あくまで個人の感想であり、関西圏の県民性を保証するものではありません。

関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク