【スマホ初心者向け】ギガ(高速データ通信量)の節約でWi-Fi(ワイファイ)を利用するとは

鉄塔

【スマホ初心者向け】ギガ(高速データ通信量)の節約でWi-Fi(ワイファイ)を利用するとは

携帯電話のプランを選ぶ場合、一か月の高速データ通信量によって月額料金が大きく変わります。

高速データ通信量のことをデータの単位だけを抜き出して簡易に「ギガを節約する」と言ったりしますが、この場合は「契約している高速データ通信量の消費を減らす」という意味です。

ギガ(高速データ通信量)を節約する方法としてまず浮かぶのはWi-Fi(ワイファイ)の利用があり、積極的に家や店舗のWi-Fi(ワイファイ)を活用することでギガ(高速データ通信量)の消費を抑えることができます。

関連記事

スマートフォン関連の話題で「ギガが足りない」って言うときの言葉の意味。高速データ通信量とデータ保存容量の意味で使われる2種類の例。

Wi-Fi(ワイファイ)を利用するとは

Wi-Fi(ワイファイ)を利用することでギガ(高速データ通信量)を消費しないのは、Wi-Fiはは単純に機器と機器を繋いだローカル通信だからです。

やや語弊がありますがスマートフォン本体とメモリーカード間でデータを移動するのと同じで、無線(Wi-Fi)で通信機器とスマホを繋いでデータをやり取りするイメージを浮かべると分かりやすくなります。

携帯電話回線とWi-Fiの違いと通信料金のイメージ

高速データ通信量(ギガ)とWi-Fiの違い

携帯電話回線の通信

携帯電話回線を利用した通常の通信(Wi-Fiを利用しない通信)は、契約している携帯電話会社の基地局との通信になります。

月々の携帯電話料金は、この基地局との高速データ通信量(ギガ)に応じて代金を支払っています。

携帯電話の基地局は全国の広い範囲をカバーしており、どこでも使える使い勝手の良さが利点です。

Wi-Fiは料金がかからない(ギガを消費しない)ですが、あくまでWi-Fi環境がある場所での通信に制限されます。

※実際はWi-Fi(ワイファイ)での通信も、インターネットと通信機器を繋ぐ部分に料金がかかっています。

動画をWi-Fiで視聴してデータ消費を節約

携帯電話回線を利用した通信は高速でエリアも広く使い勝手がいいですが、その分料金は高く設定されています。

Wi-Fi(ワイファイ)も突き詰めると料金がかかるのは同じですが、データ通信量を気にしなくていい点や、店舗や施設など無料で利用できるところもあります。

スマートフォン

月々のデータ通信量が足りなくなる理由で、一番大きい原因になるのが動画コンテンツです。

携帯電話料金の節約を考えた場合、とりあえず外(Wi-Fi環境のないところ)では動画の視聴を減らすだけでも大きくギガ(高速データ通信量)の消費を減らせます。

もし家での利用がほとんどであれば、固定回線を契約してWi-Fi環境を整えたほうが、使い勝手もよくコストパフォーマンスの面でもおすすめです。

毎月ギガ(高速データ通信量)が足りなくなってしまう方などは、一度検討してみてください。

関連記事

スマートフォンで使用するデータ通信量の目安。GB(ギガバイト)とMB(メガバイト)の換算。アプリごとの通信量の目安。

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329