Androidでデータ使用量(ギガ)の上限を設定して料金を節約する

スマートフォン

Androidでデータ使用量(ギガ)の上限を設定して料金を節約する

Androidではモバイル通信のデータ使用量について、1か月あたりの上限を設定する機能があります。

上限値を0.01GB単位まで細かく設定が可能で、いわゆる「ギガ」の使い過ぎを端末側で防ぐことがます。

大手キャリア(MVO)でデータ通信量に応じて段階式に料金が変化するプランを利用されている方には便利な機能です。

関連記事

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が開始するオンライン20GBプランの比較。月額料金、サービス内容、オプション料金。

大手キャリア(MVO)の段階式プラン

大手キャリア(MVO)の段階式プランは、高速データ通信量に応じて料金が変化する仕組みになっています。

高速データ通信量ごとの月額料金(税込)

ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
サービス開始 提供中 2021年3月17日 2021年4月1日
プラン名 ギガライト ピタットプラン ミニフィットプラン+ UN-LIMIT Ⅵ
1GBまで 3,278円 3,278円 3,278円 0円
2GBまで 4,378円
3GBまで 4,378円 5,478円 1,078円
4GBまで 4,928円
5GBまで 5,478円
6GBまで
7GBまで 6,578円 6,578円
20GBまで 2,178円
20GB以上 3,278円

※家族割、光回線割、学割、キャンペーン割などは含んでいません

各社では料金が上がる前にメールで通知するサービスなども提供しています。

ただしデータ通信量を増やさない(消費しない)ためには、自分でスマートフォンのモバイル通信機能をオフにする必要があります。

風船

ドコモが1GBまでの自動制限サービスを開始

ドコモはギガライトプランで、高速データ通信量が1GBを超える前に自動で速度制限をかけるサービスを2021年3月1日より開始しました。

事前の利用手続きが必要ですが料金などは無料で、確実に料金をステップ1(1GBまでの最小料金)に抑えてくれます。

ただし上限に設定できる値は1GBのみです。

データ使用量の上限の設定手順

スマートフォン本体でのデータ使用量(モバイル通信)の上限の設定は、設定メニューから行えます。

端末で上限値を設定しておくことで、うっかり料金が上がってしまうミスが防げます。

※下記手順はシャープAQUOS sense plus(SH-M07)Android 10で確認

[設定]->[ネットワークとインターネット]->[モバイル ネットワーク]->[アプリのデータ使用量]

モバイルデータ使用量の詳細画面で「歯車アイコン」をタップし、データ上限値を設定して機能を有効にします。

警告表示も同様に設定可能です。

モバイルデータ通信量の上限設定画面

ただしスマートフォン本体で計測するデータ通信量と通信会社で計測するデータ通信量に多少ズレが生じる場合があるので、上限値はすこし余裕を持たせて設定してください。

対面サポートの要否に合わせて

今春から開始された3大キャリアのオンライン専用20GBプランは基本料金は割安ですが、ショップでの対面サポートが受けられないデメリットがあります。

受付はオンラインのみで初期設定なども自分で行う必要があり、そこまで複雑な作業ではないのですがスマートフォンの操作が苦手な方などには積極的におすすめできません。

大手キャリアの段階式プランは若干料金が割高ですが、家族割引き・光回線セット割が適用できればある程度料金を抑えることも可能です。

携帯電話料金の見直しを考える際は、対面サポートの要否も考慮して検討してみてください。

関連記事

現時点で各通信会社が提供している小容量プランの料金比較。大手キャリア、サブブランド、格安SIMサービス(MVNO)の月額料金と高速データ通信容量。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329