au「povo2.0(ポヴォ2.0)」と日本通信「合理的かけほプラン」の比較

スマートフォン

au「povo2.0(ポヴォ2.0)」と日本通信「合理的かけほプラン」の比較

auはオンライン専用プランpovo(ポヴォ)のサービス内容の改定を行い、2021年9月下旬より新プラン「povo2.0(ポヴォ2.0)」の提供を開始します。

povo2.0は今までの月額方式プランではなく、ユーザーが必要に応じてサービス内容(トッピング)を追加購入してプランを組み立てる方式に変更されました。

そのため基本料金が0円に設定されており、音声通話かけ放題オプションが格安SIM(MVNO)並の料金で利用可能です。

関連記事

KDDIのオンライン専用プランpovo2.0(ポヴォ2.0)のサービス内容。旧povo(ポヴォ)との比較・変更点。

プラン内容の比較

格安SIM(MVNO)で音声通話かけ放題プランとして人気がある日本通信「合理的かけほプラン」とauの新プラン「povo2.0(ポヴォ2.0)」のサービス内容を比較してみます。

主なサービス内容の比較

合理的かけほプラン povo2.0
サービス開始 提供中 2021年9月下旬
受付 一部家電量販店で販売 オンライン専用
各種手続き オンライン
エリア ドコモエリア auエリア
基本料金(月額) 2,728円 0円
かけ放題オプション ※基本料金に含む 1,650円
高速通信のデータ容量 3GB 0GB
3GB追加 990円(有効期限30日)
超過後の通信速度 不明 最大128kbps
データ容量くりこし なし 有効期限方式
かけ放題対象外の通話料金 22円/30秒
データ容量追加料金 1GBあたり 250円 1GB 390円(有効期限7日)
上限を3GBから30GBの間で設定し3GB超過分を請求 チケット購入式(トッピング)
その他 別プラン 6GB(無料通話70分)月額1,390円・20GB(無料通話70分)月額2,178円 データ使い放題(24時間)330円・DAZN(7日間)760円・smash.(24時間)220円

3GB利用で同じくらいの料金

povo2.0は基本料金が0円で音声通話かけ放題のみの利用であれば、オプション料金の月額1,650円だけで支払いが済みます。

高速データ通信量3GB追加した場合だと月額2,640円で、合理的かけほプランとほぼ同程度の料金です。

ただし日本通信は格安SIM(MVNO)の仕組み上、混雑時間帯などにデータ通信速度が落ちる可能性がある点は抑えておく必要があります。

Androidスマートフォン

かけ放題を割安に

どちらも受付や手続きは基本的にオンラインがメインになるので、ある程度スマートフォンの基本操作や設定ができる方の利用が前提になります。

またpovo2.0はチケット方式(アプリからトッピングを購入)なので、その都度(3GBなら30日ごと)にデータ通信量を購入する作業は煩(わずら)わしさを感じるかもしれません。

だだ料金プラン変更手続き・機種変更・初期設定などの作業はそれほど頻繁に行うものでもなく、周りに一人サポートしてくれる方がいれば済む問題もほとんどです。

日常生活でスマートフォンを使う場面ではほとんど影響ない項目でもあるので、かけ放題を割安に利用したい方などチェックしてみてください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GB)とpovo2.0(ポヴォ2.0)で3GB利用した場合の比較。サービス内容・料金・オプションサービス。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329